« 月が近くなったのかもしれない | トップページ | ホームオブハート対日本テレビ裁判 »

2009.11.14

学校の統廃合の問題

東京新聞より「公立学校の廃校5千超える 92年度以降、少子化が直撃

廃校となった公立の小・中・高校が、文部科学省が調査を始めた1992年度から昨年度までに5259校に達したことが14日分かった。

最近は年400校を超え、少子化が直撃した形。同省は廃校の転用を進めるが、自治体の財政負担も重く使い道が決まらないケースも多い。
コミュニティーの中心だった学校の再活用は大きな課題だ。

文科省によると2000年度以降、廃校の増加ペースが速まり、04年度は579校と最高を記録。

08年度は449校が廃校になり、1992年度からの累計で5千校を突破。
全国で小学校3485、中学校1048、高校726が廃校となった。

都道府県別では、北海道の584校が最多で、次いで東京336校、新潟260校の順となっている。

過疎地域だけでなく、高齢化が進むベッドタウンなどを抱える大都市でも増加が目立っている。市町村合併に伴う統廃合も進んでいる。

廃校を他の用途に利用する動きは一部で進みつつある。

美術館(栃木県那珂川町)や自然学校(三重県大台町)のように文化施設へ再利用しているほか、地ビール工場(北海道ニセコ町)やドジョウ養殖(鳥取県日南町)など、生産拠点に衣替えするケースもある。

なんかこの記事は、文科省が学校を統廃合することについては全く問題が無く、その後の跡地利用だけが問題だ、と文科省がリリースした内容をなぞっているような印象です。

先日、沼津市の小学校でもの作り教室を実施して来ました。

これが、来年度から統合予定の3小学校の合同授業の一環として実施されました。
この事自体は事前に聞いていたのですが、3つの小学校と一つの中学校を統合(?)して、現在の中学校の場所にまとめるのだそうです。

つまり4つの学校を一つにする。

おそらく、通学範囲の端と端の距離は直線で4キロを超えます。しかも沼津市内ですが伊豆半島よりなので、道路が海岸沿いの国道だけなのですね。小学生が歩いて通うのは無理だし、自転車だって危険です。

そうなると、スクールバスの運行が一番現実的となるわけですが、日本ではまだスクールパスは一般的ではない。

現在でも、地域によっては小学生が徒歩一時間を掛けて通学しているところありますが、交通路が危険であるというのでは、それも出来ないでしょう。
今後このような問題が続出してくるだろうと思っています。

結局は、「疎」になるとは、このような事が先に起きるのですね。

11月 14, 2009 at 10:49 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/46757930

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の統廃合の問題:

コメント

交通手段の現実的な解としては混合乗車型のスクールバスってことになるのでしょうか?
実施母体によっていろいろな形式があるようですが、
要するに学校行きの路線バスみたいな物です。
(普通に時刻表に載ってるものもありますし)
過疎で学校の統廃合があったところではかなり以前から採用されているようです。

投稿: masa | 2009/11/15 21:21:04

コメントを書く