« 高速道路上で軽微な追突? | トップページ | 日航再建問題・特別立法 »

2009.11.06

日航再生案はいよいよ無くなりつつある

朝日新聞より「日航、つなぎ融資に政府保証つけず 年金債務なお問題

経営再建中の日本航空は、当初想定していた政府保証付きのつなぎ融資ではなく、政府保証のつかない形で日本政策投資銀行に融資を申請する検討に入った。

金融危機で一時的に経営不振に陥った企業が対象の「危機対応融資」は、日航に適さないとの見方が政府内で広がっているためだ。

国土交通省は、日航の企業年金を強制的に引き下げる法整備を進めることを表明し、政投銀の融資を促す方針だ。

前原誠司国交相が選任した専門家チーム「JAL再生タスクフォース」が10月29日にまとめた報告書によると、日航は11月末までに最大1800億円のつなぎ融資が必要。

国交省や日航は、政投銀などの融資に一部政府保証がつく危機対応融資の活用を検討していた。

ただ、政投銀の危機対応融資の実施には慎重論が強いうえ、企業再生支援機構は2カ月程度で支援の可否を決めるとみられ、それまでの事業継続に必要な額は500億~1千億円ですむ見通し。
国交省や日航は、機構が支援すれば経営破綻(はたん)の可能性も低くなるとみて、あえて政府保証を求めなくても、つなぎ融資は可能との判断に傾いている。

しかし、その場合でも、年金債務が融資の足かせとなることは変わらない。そこで、前原国交相が日航の年金給付を強制的に減額できる法整備を進めることも表明することになりそうだ。

そもそも、前原国交相が突如として「日航を法廷処理をしない」と宣言してから、JAL再生タスクフォースを立ち上げたが、危機対応融資のためには査定が必要だとして、結論を出さずにJAL再生タスクフォースは解散してしまった。

この段階で「JAL再生タスクフォース」とはなんだったんだ?という声があったのだが、今度は政府保証付きの危機対応融資の対象じゃあないだろう、という意見が出てきたから、日本政策投資銀行が融資するという案に後退したわけです。

しかし、日本政策投資銀行がすんなりと融資できるのであれば、民間銀行の融資団が実行していますよ。
それができないから危機なのであって、ストレートに見れば日航の危機はいよいよ差し迫ってきた、と見るべきでしょう。

国交省や日航は、機構が支援すれば経営破綻(はたん)の可能性も低くなるとみて、あえて政府保証を求めなくても、つなぎ融資は可能との判断に傾いている。

こりゃなんなんでしょうか?
経営破たんの危機は当面回避できても、再生できるとは言いがたいわけで、それこそレガシーコストの処理の方を優先しないと、当面の危機回避は出来てもいずれは経営破たんすると見るのが常識でしょう。

結局のところ、前原国交相が主導した「日航再生案」は単なる先延ばしである、ということになりそうです。

11月 6, 2009 at 04:16 午後 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/46689508

この記事へのトラックバック一覧です: 日航再生案はいよいよ無くなりつつある:

コメント

コメントを書く