« 日航OB怒る | トップページ | 高速道路上で軽微な追突? »

2009.11.06

日本をバカにしている文科省

読売新聞より「中退率など大学公表を…文科省が義務化狙う

文部科学省は5日、国公私立大学に公表を義務づける教育情報の項目を盛り込んだリスト案を中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)大学分科会の部会に示した。

5分野、計17項目からなり、大学側が積極公表してこなかった「中途退学(中退)率」や「在学者数」などが含まれる。

受験生らの指標にしたい考えで、さらに項目を精査し、年度内の大学設置基準の改正を目指す。

リストで示されたのは、教育の質を向上させるため、大学が積極的に公表すべき情報で、「教育」「学生」「組織」「経済的枠組み」「学習環境」の5分野。

例えば、「学生」の分野で示された「中退率」は、入学後の進級の厳しさを示す一方、不本意入学の多さなどにもつながるデータで、経営に直結するため大学が出したがらないのが実情だ。

このほか、収容定員との差し引きで定員割れの実態が分かる「在学者数」、推薦入試やAO入試での入学者数が分かる「入試方法別の入学者数」など、リストには大学側が公表に消極的だった情報が含まれた。

教育情報の公表は大学設置基準などで規定されているが、具体的な公表項目は各大学の判断に委ねられているのが実態。

大学運営の基礎となる学則を公表している大学は41%(文科省調べ)に過ぎず、「説明責任を果たしていない」との批判もあった。

なんというか、文科省のバカさ加減が透けて見えるという印象です。

文科省の何が悪いと言って、教育全体を「授業を受ければ資格が取れる」というところに集約してしまったことだろう、と思っています。

一見すると「(卒業)資格が取れればOKだろう」と感じますが、人生は学校教育だけで終わるわけではないから、資格を取っても全然OKじゃないのが社会です。

また、社会としても卒業資格だけを新社会人に要求しているわけではない。

そうなると、文科省が管轄する教育とは社会に対するサービスの一つであって、そのために国民が教育をどう利用するのか?という視点が必要だとなります。
その中には、中退・再入学といったことも当然必要でしょう。

大学が、全員入学で卒業するのが1/10になるとか、入学試験が極端に難しいが、卒業生は確実に社会的な資格(医師・弁護士・パイロット)などになる、といった学校もあって良いでしょう。

要するに、社会とのインターフェースを文科省が決めること自体が不適切です。

文科省がやるべき事は、むしろ学校の財務信用状況の公開などではないでしょうかね? 大学がどうあるべきかを決めている「大学設置基準」なんてものは、ドンドン最低限必要事項だけに減らして行くべきでしょう。

11月 6, 2009 at 09:55 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/46687340

この記事へのトラックバック一覧です: 日本をバカにしている文科省:

コメント

 大学設置基準を減らすとしても、常勤職員と学生の比率には制限をかけるべきでしょう。非常勤の割合を極端に増やしてコストダウンを図るといった方向で競争が激化したら、教育環境も研究環境もまとめて崩壊します。というか、カルチャーセンターとどう違うのかという話になりそう。
 途中でのふるい落としを認める方向でいくなら、出てきた人のレベルは確保できるから問題ないのですが、逆に一切ふるい落とし無しとか、非常に甘い条件で学士の学位を出す大学が出てきた場合には、ディプロマ・ミルとどう違うのだという問題が出てきます。この場合は、最低基準の方をしっかり決めれば回避できるでしょうけど。

 つまり、学位商法の横行を大学設置基準で防いでいた面があるので、そこが抜けてもらっては困るだろうと……。

投稿: apj | 2009/11/06 13:21:28

実はすごく深刻な問題だと思っています。
日本は堺屋太一が指摘した、生産に特化した国で「良いモノを上流で作れば下流に問題は無い」というところからなかなか抜け出せないのですが、文科省は特にそれが強いと感じています。

じゃあ文科省だけが現在の状況に責任があるのか?と考えると、例えば「新卒者募集」なんてことをやっているところに問題があるし、役所が学歴ごとに採用枠を決めているなんてのも問題です。

そもそも、大学の入学資格が高校卒であることはどうよ?とも言えます。

これらが、すべて「上流が良ければ下流には問題無い」でやっているからで、社会的には毎回全部上流から下流まで調べることはコスト面で出来ないから、結果として変わらないままです。

しかし、大学や教育そのものが疑わしくなってきているから、ワンポイントで押さえることが無理になってきています。
例えば東大卒なら万能か?なんてことですね。

こうして、大学や教育の信用低下スパイラルに陥っているのですが、文科省は「上流を押さえる」ために、管理強化に頼るのでしょう。

まあ、信用低下に歯止めが掛かるとは思えません。
だからと言って、apj さんがご指摘のところも含めて、なんの管理もしなくて良いのかではない。

結局、管理の目的というか方向性が間違っている、ということでしょうね。

投稿: 酔うぞ | 2009/11/06 13:49:32

コメントを書く