« 東海運動のものすごい一面 | トップページ | 学校の統廃合の問題 »

2009.11.14

月が近くなったのかもしれない

サンケイ新聞より「NASA、月に水の存在を確認 宇宙基地建設の最有力候補に

【ワシントン=山本秀也】
月の表層内部を探査していた米航空宇宙局(NASA)は13日、水の存在が確認できたと発表した。

月探査機LCROSS(エルクロス)を使って先月行われた月の南極付近への衝突実験の結果、少なくとも約90リットル相当の水分が飛散したと判定した。

NASAでは引き続き詳しいデータ解析を続けるとしているが、水の埋蔵量は相当量に上るとされる。

LCROSSが突入したのは、南極付近のクレーター内部。 常に太陽光が当たらない部分があるため、地表付近に水分が氷の形で存在する可能性があるとされていた。

仮に氷の存在が判明すれば、飲み水として利用することができるほか、分解して水素を燃料用、酸素を呼吸用として使える可能性もあり、宇宙基地建設の最有力候補にもなる。

NASAは13日の声明で「今回の発見は、月(の形態)を理解する上で新たな1ページを開くものだ」と意義を強調した。

衝突が小規模であったために、実験自体が失敗ではないのか?という意見も多かったのですが、大当たりであったようです。

太陽光をエネルギーとして、水が資源として十分であれば、人が月に移住する可能性も大きく広がったと見るべきですね。

月を起点にして、火星に進出することもずっと楽に行えるようになるでしょう。

ジョン・W・キャンベル「月は地獄だ」(1951年)を思い出します。

11月 14, 2009 at 10:32 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/46757830

この記事へのトラックバック一覧です: 月が近くなったのかもしれない:

コメント

元記事
 仮に氷の存在が判明すれば、飲み水として利用することができるほか、分解して水素を燃料用、酸素を呼吸用として使える可能性もあり、

水を分解するときのエネルギー源は何なんだろう?
水素を燃料として使用するには、内燃機関でも燃料電池でも酸素が必要だし、生成物は水だし、永久機関ですね
それとも、前者は原子力で、後者は核融合なんでしょうか

投稿: ※ | 2009/11/14 23:59:23

太陽エネルギーの効率が地球上よりもだいぶ良いでしょうから、当面は太陽エネルギーの利用でしょうね。

投稿: 酔うぞ | 2009/11/15 11:44:49

コメントを書く