« パチンコ店の社員が良く当たる機械を教えると、どのような罪になるのか? | トップページ | Winny無罪判決・要旨 »

2009.10.08

Winny 著作権法違反幇助・二審は無罪判決

毎日新聞より「ウィニー:2審は逆転無罪 著作権法違反ほう助

ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を開発・公開し、インターネット上で映画などの違法コピーを助長したとして、著作権法違反のほう助罪に問われた元東京大助手(39)に対し、大阪高裁(小倉正三裁判長)は8日、罰金150万円(求刑・懲役1年)とした1審・京都地裁判決(06年12月)を破棄し、無罪を言い渡した。

1審に続き控訴審でも、違法コピーの拡散による著作権侵害を、被告が図していたのかが最大の争点となった。

1審判決は「不特定多数が入手できるようウィニーを公開した。悪用される認識はあったが、意図したわけではない」としてほう助罪を認定したが、確定的意図は否定した。

これに対し、検察側は「著作権侵害を助長した確信犯で、罰金刑は軽すぎて不当」と主張。
弁護側は「純粋な技術検証が目的。面識のない不特定多数に対するほう助は成立しない」と無罪を主張し、双方が控訴していた。

また、ウィニーの技術特性や利用実態についても争われた。1審判決は「応用可能で有意義な技術」として、技術自体の中立性を認めたが、検察側は「匿名性が高いなど、著作権侵害が目的の技術」と指摘。
弁護側は「さまざまな分野に応用可能な技術で、著作権者にとっても利益がある」と反論していた。

1審判決によると、被告は02年5月から自身のホームページでウィニーを公開。群馬県の男性ら2人=ともに有罪確定=がゲームソフトなどを無断でネット上に公開した著作権法違反行為を手助けした。【日野行介】

【ことば】ウィニー

利用者が各自のパソコンに所有する映像や音楽などのファイルデータをインターネットを通じて共有、交換するソフト。送信者を特定しにくい「匿名性」と、不特定多数へのデータ拡散を可能にする「効率性」が大きな特徴で、著作物の違法流通を容易にし、暴露ウイルスの出現で警察や原発などの機密情報流出につながった。

今日から、湯沢で「ネットワーク・セキュリティ・ワークショップin越後湯沢」が始まっていますが、これは話題になっているでしょうね。
判決文がすぐに上がってくると思います。

10月 8, 2009 at 10:35 午前 セキュリティと法学 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/46428020

この記事へのトラックバック一覧です: Winny 著作権法違反幇助・二審は無罪判決:

コメント

コメントを書く