« 日航だけ救済の法律案、日航残って人類が滅びる | トップページ | コイン式携帯充電器事業・特商法違反で事件化 »

2009.10.24

ネット利用の直接民主制の提案!

J-CASTニュース より「ネットがあれば政治家いらない 東浩紀 SNS直接民主制を提案

インターネットというテクノロジーは10万人規模の直接民主制を可能にする。基礎自治体(市町村)のいくつかはミクシィ(mixi)とかのSNSで運営すればいい――。

批評家の東浩紀さん(38)が深夜のテレビ番組で「政治の未来像」について大胆な提案をした。「そうなれば、政治家は今ほど必要ないのではないか」というのだ。

東さんが出演したのは、2009年10月24日未明にテレビ朝日が放送した討論番組「朝まで生テレビ!」。

この日は「若者に未来はあるか?」がテーマで、人事コンサルタントの城繁幸さん(36)やフリーライターの赤木智弘さん(34)といった世代間格差について発言している20代や30代がパネラーとして登場したが、「朝生」の独特の雰囲気に飲まれてしまったのか、いまいち歯切れが悪い。
そのなか、番組前半で若者側のパネラーとしては唯一、気を吐いていたのが東さんだった。

「いまさら『若者論』をやっても意味がない」

「高齢者がどんどん増えていく日本という国がこのままダメになるのは自明で、今後は高齢者が得するような国を作るしかないのだから、若者が差別されているとか損しているといった『若者論』をやっても意味がない。

むしろ高齢者が増えていくなかで、それをうまく回していく社会をどう作るのかという話をするべきだ」

と、番組のテーマをいきなり破壊。

司会の田原総一朗さん(75)が「どうすればいいの?」と問いかけると、東さんは「インターネットを使った直接民主制」の可能性について語った。

「今回、政権交代が起きて、『官から民へ』とか、『国民が政治をコントロールできるようになった』と言っているけれど、僕は、ネットワークや情報技術の革命はすごく本質的だと思う。

これまで政治家の仕事はいろんな人たちをつなぐことだったが、つなぐだけだったらインターネットでもできる。

そうなると、これからの社会はもしかしたら、こんなに政治家っていらないのかもしれない

と指摘。
従来の選挙システムに代わる、ネット時代の新しい政治システムがありうるのではないかという考えを示した。

「国民が政策にじかに介入できるようにちゃんとシステムを作って、政策審議過程を全部透明化し、パブリックコメントのシステムをもっと洗練された形にすることによって、全然違う政策の作り方ができるかもしれない。

たとえば基礎自治体(市町村)のいくつかなんて、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で運営すればいいと思う。ミクシイとかで」

「10万人ぐらいの規模なら直接民主制ができる

東さんはインターネットの技術を使った政策形成システムを提案したが、評論家の小沢遼子さん(72)や作家の猪瀬直樹さん(62)といった高齢世代のパネラーは理解に苦しんでいるようで、一様にポカンとした表情。

田原さんも「僕、わかんない」と正直な感想を口にした。

しかし、東さんは「これ、わかりましょうよ」とさらに言葉を続ける。

「(18世紀の社会思想家で、直接民主制を主張した)ルソーのころのジュネーブの人口は2万400人だったが、これぐらいだと直接民主制ができる。

しかも僕たちには今、SNSやツイッター(Twitter)というのがあって、たとえば勝間(和代)さんやホリエモン(堀江貴文さん)は、ツイッターでフォロワーが15万人もいる。

1人のサービスを15万人がフォローしていて、しかも勝間さんや堀江さんはそれに(レスポンスを)返している。

そういうことができるインターネットというテクノロジーは、10万人とか5万人という規模だったら、直接民主制を可能にするんですよ」

このような新しい政治システムの可能性があるのに、いまだに従来型の選挙で満足している現状にこそ問題があると、東さんは指摘した。

では、なぜ技術の進歩にもかかわらず、東さんが構想するような「ネットを使った直接民主制」が現実化しないのか。

それは「人の想像力がまだ追いついていないからだ」と東さんは言う。

「どの規模だったら直接民主制が可能かというのは、各時代のコミュニケーションの技術が決める。

いま僕たちがいる時代は、劇的にコミュニケーションコストが安くなっている時代だから、10万人でも直接民主制ができるようになった。

でも制度が追いついていないし、人の想像力が追いついていない。

10万人で直接民主制なんてやったら大混乱が起きるだろうと人は思ってしまう。けれども僕は、想像力が追いついていないだけだと思う

早口でまくしたてるように「ネット時代の政治像」を語る東さんに他のパネラーは圧倒されたようだったが、田原さんはジャーナリスト特有の直感が働いたのか、「これ、面白い!」と反応していた。

ちなみに、東さんは番組中、手元のアイフォーン(iPhone)らしきものを見せながら

「ツイッターをやろうと思っていたんですけど、ここ電波が通じなくてできなかった」

と発言。ツイッターユーザーの笑いを誘っていた。

この「ニュース」は小倉秀夫弁護士が取り上げていて、東浩紀さんは何を言ったんだ?と興味津々でありました。
la_causette より「東さん,強すぎ。

「朝まで生テレビ」を久しぶりに見ていますが,結局,高齢パネリスト+東浩紀+雨宮処凛+高橋亮平だけでよかったような感じです。

原総一朗さんは,城繁幸さんにずいぶんとパスを投げていたのに,期待には応えられなかったなあという感じがしました。
理論的な話では東さんに圧倒的に負ける以上,現場感覚が強くないと辛くなってしまうよなあとは思いました。

わたしは、東さんの「ネット利用直接民主制」というのはさすがに思いつきませんでしたが、ネットワーカが知名度を利用して選挙で当選する可能性はずいぶんと高いだろうと、以前から考えていました。

10万人程度に名前を知られているネットワーカはザラでしょう。
だから、ネットワーカーの中でちょっと名前知られている人は数百万人ぐらいには名前を知られているのです。「日本ネット党」でも作って公認候補で参議院選挙に出れば数十人を送り込むことは可能ですよ。

ではなぜ今まで、そういう行動にならなかったのか?が
東さんの意見ではっきりした、と思いました。

制度が追いついていないし、人の想像力が追いついていない。
そのものだったのでしょうね。
ネットワーカーとしては「選挙という仕組みとネットワークの相性は悪いから」でしょう。

ヨーロッパでは海賊党が急速に勢力を広げています。
批判も多くなってきているようですが「政治に出ていったぞ」ということ自体が新時代の直接民主制にかなり近い動きであったと言えるでしょう。

このような事を、整理して考えると「ネットワーク利用の直接民主制」というのは大いにありでしょう。
直線民主制の対象は本質的には地方自治体の行政をコントロールする議会の機能に一番代替が利くでしょうから、その気になれば政令都市レベルにはちょうど良いかもしれませんね。

こりゃ~面白い提案ですね。

10月 24, 2009 at 04:52 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/46570037

この記事へのトラックバック一覧です: ネット利用の直接民主制の提案!:

コメント

コメントを書く