« 重大事件で無罪の主張 | トップページ | 消火器爆発 »

2009.09.15

亀井氏の郵政問題担当大臣とは何をするの?

朝日新聞より「西川社長に自発的辞任求める 郵政問題相内定の亀井氏

鳩山新政権で郵政問題担当相に内定した国民新党の亀井静香代表は15日、日本郵政の西川善文社長に対し、自発的な辞任を求める考えを明らかにした。党本部での記者会見で答えた。

亀井代表は会見で、「(郵政)見直しが既定事実になっているので、そのなかで続けるのは不可能だ」と述べた。西川社長の去就をめぐっては、鳩山代表も解任方針を示している。

また、亀井代表は、不況で業績が悪化している中小企業に対して3年程度、借金の元本返済を免除する「支払猶予制度」(モラトリアム)を導入する考えを示した。

まあ、亀井氏は持論を展開しているのですから、不思議なところはないのですが、わたしが気になったのは「郵政問題担当相」とはなんだ?です。

そもそも亀井氏が言う「郵政問題」が「小泉改革」による郵政民営化の全面取り消しだと言うのなら、それは今となっては無理でしょう。
やるにしても莫大な費用が掛かると思います。

今では「日本郵政株式会社」であって、民間会社なのです。
つまり亀井氏がいかに問題にしても、全株式を日本政府が保有するとは言え、一民間会社であることに代わりはなく、特定の民間会社担当大臣とはいかにも変でしょう。

まあ、西川社長のやったことが、結果的に郵政会社にとって利益になったのか、損失になったのか、上がるはずの利益を失ったのか、は問題のあるところだろうとは誰でもが思うところでしょうが、それにしても政府に大臣を置いて専門に任せるようなことなのでしょうか?

9月 15, 2009 at 07:40 午後 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/46220231

この記事へのトラックバック一覧です: 亀井氏の郵政問題担当大臣とは何をするの?:

コメント

むしろ私は「金融」の方が気になります。さすがにヤバイでしょう、これは。
郵政はある程度仕方ないにしても、まだ金融債券道半ばの状況で、ほとんど金融シロウトとも言える人材を登用するというのは・・・・。

私は明日から円売りに邁進しようと思っています。

投稿: わくたま | 2009/09/16 1:46:21

>円売りに邁進しようと思っています。

ドルはどうなっていくのでしょうか?
金が1100ドルで問題になっていますね。

構造的にはドルは値下がりするべきなのですが・・・・・。

投稿: 酔うぞ | 2009/09/16 8:53:46

> 構造的にはドルは値下がりするべきなのですが・・・・・。

その通りと思います。ドルを円以外の通貨に対して売るというのは現在最も手堅い選択肢です。

ただ、そういう思惑が市場に広がっていて上値を追わざるを得ないような状況ですので、無難なのは円をドル以外の通貨に対して売ることかなぁと思います。ただ、対ドルでもドル円は89.50円あたりで底打ちのような気がします。

投稿: わくたま | 2009/09/17 2:18:13

>政府に大臣を置いて

大臣のイスが欲しくて仕方がない亀さんを黙らせるための窓際職じゃないですか。

投稿: 昭ちゃん | 2009/09/17 10:54:14

郵政民営化が小泉政権の下で断行された本当の理由を知らないですよね。噂によると、以前の政権関係者やマスコミ関係の一部の権力者の私利私欲によって郵政民営化が実施された裏事情があったようですよ。当然国民は知りませんよね。そこで、現在の郵便局利用者として一言。都会に住んでいる方にとっては理解されている方は少ないと思いますが、地方の地域住民にとって生活に絶対必要な金融を取り扱っている郵便局は便利な存在です。全国津々浦々小さな町村にもそれぞれ郵便局が存在していますよね。ところが一部の権力者の私利私欲によって民営化された郵便局を利用している地域住民にとっては、以前には無かった面倒な手続きが増え、更には委託契約で郵便局の窓口取扱いを行っていた「簡易郵便局」は閉鎖になり不便になってしまいました。理由を聞きましたら民営化によって委託契約でも利益重視になり経営が成り立たなくなったからだそうです。地域住民にとっては深刻な問題です。ですから郵政問題担当大臣を設置し郵政問題に精通している亀井大臣へ民営化見直しを託すのは当たり前のことで元の国営化にもどしていただくことが願いだと思いますよ。それはどうしてか。民営化のままでは金融庁の指示による取扱いが必要になり地方のお年寄りにとっては手続きが複雑で簡易な取扱いが行えず不便をきたしているからです。現在、郵便局を利用しているお年寄りの口癖は「昔は簡単に年金がもらえたのに今は面倒になってしまって」です。家族へお願いするにも委任状が必要で、お年寄りにとっては委任状を書くことのほうがより困難な状況で。でも年金を受け取るには郵便局が家から一番近いから仕方ない。と言った状況です。みなさんにも故郷の実家又は両親の実家におじいちゃんおばあちゃんが居ませんか。この状況をどのように思いますか。私は亀井大臣を応援していきます。住み良い地域にしていただくために。

投稿: いちしみん | 2009/09/18 0:47:46

いちしみん さん

>民営化によって委託契約でも利益重視になり経営が成り立たなくなったからだそうです。

国営でも、これは変わらないですよ。
民営よりも、鈍感だから大赤字が累積するまで我慢出来る、という程度問題です。

ご指摘の通り、人口が減少した地区では生活が成り立たなくなることを郵便事業が引き金引く、と言えるでしょう。

しかし、先に書いたように、どうやって延ばすのかという議論にしかならないわけで、現状の少子高齢化は、先延ばしの議論を許さないところに追い込んで行っています。

つまりは、限界集落問題に直結しているわけで、それをどうするのか?どう評価するのか、どの程度急ぐのか、といったことを考え無しに「延ばす」というのは無理がありますよ。

投稿: 酔うぞ | 2009/09/18 9:27:22

コメントを書く