« 事故調査委員会が関わる事件は、免責するべきだ | トップページ | 前原国交省・日航は大丈夫と・・・・・ »

2009.09.30

LiveLeak の影響でトヨタがリコールなのか?

日経新聞より「米トヨタ、380万台リコールへ 「プリウス」など過去最大

【デトロイト=小高航】
トヨタ自動車の米国法人は29日、フロアマットを正しく固定していない場合、アクセルペダルがマットに引っかかり事故につながる恐れがあるとして、「カムリ」など380万台の保有者に対し、マットを取り外すよう求めた。

正式なリコール(回収・無償修理)手続きに入る可能性が高いとしている。
トヨタの米国でのリコール台数としては過去最大となる。

対象は「プリウス」やレクサス「IS」など最新モデルも含めた7車種。

運転席でフロアマットを重ねて敷くような場合、アクセスペダルがマットに引っかかり、加速する恐れがあるとしている。 (08:02)

9月28日に LiveLeak に投稿された、911 Tape of Fatal Crash as it Happen's に911がドライバーから受けた電話がアップされています。LiveLeak の説明

This happened near San Diego.
A CHP Officer was driving with 3 of his in laws in his Lexus and the accelerator was stuck from the floor mat.
The car was going 120 when it crashed at an intersection where the freeway comes to an end.
Unsure why he didn't just turn the car off or throw it in neutral

これでトヨタがリコールに動いた可能性は大きいかと思いますが、LiveLeak の解説にもあるように、スイッチ(エンジンキー)をオフにするか、シフトをニュートラルしなかったのか?という話になるわけで、これはリコールと言っても説明書に注意書き追加するか、ステッカーでも配付することになるのでしょうか?

国民皆保険を拒否するアメリカ国民なのですから、フロアマットを重ねることを禁じることに反対、とか出てきても不思議じゃないような気もします。

9月 30, 2009 at 09:43 午前 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/46351237

この記事へのトラックバック一覧です: LiveLeak の影響でトヨタがリコールなのか?:

コメント

 幸か不幸か高級車を乗り回す身ではないので当該車の運転席下周りがどうなってるのか分かりませんが、基本的には助手席側はさておいて(ウォークスルーでフロアがつながってる車は関係あり)、運転席足下は何も無い状態がベストです。もし泥除けマット等を床に完全固定でなく敷いたままのフリーで置いた場合、ペダル操作を繰り返す度に次第に前にずれて行き、そのうちアクセルペダル、ブレーキペダル、マニュアル車ならクラッチペダル類に挟み込み、フルストロークの操作が出来なくなりとても危険なことになります。更に細かいこと言うと、床に何も無い状態でも靴に挟み込んでたまに小石などを持ち込んでしまい、これが靴のかかとと床の間に位置した時に、踏ん張ろうとするとツルっと滑った経験も小生は有ります。瞬時対応が必要なブレーキ操作でタイミングが外されたりしてこれも要注意です。他に頻度として高いのは、車内で飲んだ空き缶も何かの拍子に運転席側に転がり込んだりします。最悪はブレーキペダルの下側に入り込んで挟んでしまいこれも怖いことになります。これらのことは乗車前にドライバーが自分でよくチェックすれば未然に防げることで、自宅の居間の延長で機械装置に乗り込んで行くことの危険予知の無さが事故につながる要因の一つとも言えます。自分の使う道具は日ごろの整備が多かれ少なかれ必要です。

投稿: テスラ | 2009/10/01 9:13:10

コメントを書く