« 新型インフルエンザと厚労省 | トップページ | 政権交代に思う »

2009.08.29

半球形ディスプレーシステム・14万円

technobahn より「14万円台で180度パノラマ型ディスプレイ、米社が販売を開始

カリフォルニア州に本拠を置くTOOB社というベンチャー企業が180度パノラマ映像を描写可能なディスプレイの販売を開始した。

180センチx90センチのドーム型パネル込みで販売価格は1440ドル(約14万円)と従来型の業務用ドーム型パノラマディスプレイと比べると価格は10分の1以下ということもあり、ゲームマニアの間では早くも注目を集めている。

このパノラマ型ディスプレイは半円形のドームの後ろ側から市販のプロジェクター(別売)を使って映像を入力し、それをディスプレイの前面に設置したドーム型ミラーに反射させることでパノラマ映像をドーム型パネルに映写するというものとなる。

TOOB社では市販のプロジェクターを利用できるようにすることで販売価格の大幅な低下を可能としたと述べている。

プロジェクターには民生用製品を使っているということもあり、プロジェクターが対応する限り、どんな映像入力であっても360度パノラマに変換することができるという利点は、3Dシューティングゲームやフライトシミュレーターなど幅広いエンタテイメントの領域に活用ができそうだ。

下の動画の場合、映像が歪んでいるように見えるが、ドームの手前中央部から見る限り、映像は正しく見える。

コロンブスの卵とでも言うべきなのかもしれませんが、動画にある通り半球形のスクリーンと対になっている半球形の反射鏡を用意して、普通のプロジェクターで投影すると半球形の動画が映し出されるというものです。

スクリーンと反射鏡で1440ドルはかなり微妙な価格だと思いますが、用途次第では色々使えそうです。

筑波科学博あたりでやっていたことが家庭レベルで実現することができるようになった、ということでしょうね。

8月 29, 2009 at 09:25 午前 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/46058277

この記事へのトラックバック一覧です: 半球形ディスプレーシステム・14万円:

コメント

コメントを書く