« 朝日新聞は裁判員裁判に反対なのだろな | トップページ | 少年院リンチ事件・とうとう首席教官逮捕 »

2009.08.09

第3回高校生模擬裁判選手権

第3回高校生模擬裁判選手権を見に行ってきました。
去年、見に行ってあまりの面白さにすっかりはまってしまい、何ヶ月も前から楽しみに待っていました。

高校生模擬裁判選手権と言われても、具体的に何をどんな規模でやるのか分からないと思います。

主催日本弁護士連合会(日弁連)
共催最高裁判所・法務省・検察庁・東京地方裁判所・大阪地方裁判所・福岡地方裁判所・東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会・横浜弁護士会・埼玉弁護士会・山梨県弁護士会・大阪弁護士会・京都弁護士会・兵庫県弁護士会・滋賀弁護士会・香川県弁護士会・福井弁護士会・福岡県弁護士会・佐賀県弁護士会・九州弁護士会連合会
関東大会・東京公文国際学園高等部(神奈川)湘南白百合学園高等学校(神奈川)東京都立西高等学校(東京)桐朋高等学校(東京)・日本学園高等学校(東京)・山梨学院大学附属高等学校(山梨)早稲田大学高等学院(東京)・早稲田大学本庄高等学院(埼玉)
関西大会・大阪京都教育大学附属高等学校(京都)・高松第一高等学校(香川)・西宮市立西宮東高等学校(兵庫)・福井県立藤島高等学校(福井)・立命館宇治高等学校(京都)・立命館守山高等学校(滋賀)
九州大会・福岡久留米大学附設高等学校(福岡)・佐賀県立佐賀西高等学校(佐賀)・福岡県立小倉高等学校(福岡)・福岡県立福岡高等学校(福岡)

青で示した学校が、3回連続出場校で、緑で示した学校は2回出場の学校です。
九州大会は今回が初開催ですので、全参加校が1回目の参加ですが、東京は8校が参加して初出場が2校なのですから激戦となりました。

昨年は、8月9日に行われた関東大会に優勝した湘南白百合と関西大会で優勝した京都教育大学付属が、2008年11月8日に決勝戦を行い京都教育大学付属が日本一となりました。

今回は全国大会は開かれないとのことです。

今回の結果は、湘南白百合の3連覇となりました。(大拍手)

模擬裁判選手権と言っても、具体的にどのように闘うのかが分からないと思います。

二校が、検察役と弁護役として法廷で争います。一回の法廷は1時間50分。
これを一日で検察役と弁護役を入れ替えて、別の高校と対決します。一日に2回の対決をすることになります。

刑事事件は、警察が送検すると、検察庁の捜査部が捜査して起訴します、裁判が始まると検察の公判部の検事が弁護側と争います。
つまり、検察官は捜査する検察官と公判に出る検察官は別です。
このために公判部にとっては「なんでこんな起訴をしたのだ?」ということもあるようです。

今回の課題の事件はまさに公判部の検事にとってはかなり大変な起訴になっています。

平成17年1月3日午後8時50分ごろ、被告人は、郡山市の自宅で、
知人の小山実さんらと飲酒だんらん中、
小山さんの自慢話に反論したことから口論となり、
小山さんが鉄砲など怖くないなどと言ったうえ、
被告人が持ち出した散弾銃を見て、「撃てるものなら撃ってみろ」
と開き直ったことに激こうし、殺意をもって約2.6メートルの至近距離から散弾銃を発射し、
小山さんの右肩甲骨部分に命中させたが、
直ちに病院で治療を受けたため、右上腕、胸部などに
全治4か月の障害を負わせたにとどまりその目的を遂げなかった。

罪名及び罰条 殺人未遂 刑法第199条、第203条

これが起訴状に書かれている公訴事実です。

銃を発射して怪我をさせたことに争いはないのですが、起訴が「殺人未遂」ですから、殺意があったのかなかったのかが争点になります。

高校生が検察官役と弁護士役を演じると説明しましたが、他に被告役、被害者役が必要ですが、これも高校生が演じます。

法廷の再現ですから、試合の進行は以下のようになっています

進行時間担当手続時間
0:00裁判官開廷、冒頭手続5分間
0:05検察官検察官冒頭陳述5分間
0:10弁護人弁護人冒頭陳述5分間
0:15検察官検察官証人尋問15分間
0:30弁護人反対尋問15分間
0:45弁護人被告人質問15分間
1:00検察官反対尋問15分間
1:15論告・弁論検討時間10分間
1:25検察官論告10分間
1:35弁護人弁論10分間
1:45被告人最終陳述若干
裁判官結審若干

今回の模擬裁判では、犯意を引き出すことが検察の仕事ですから、被告人質問などが非常に大きな要素で、被告人役をどう形作るかが全体の進行(評価)に大きく影響します。
このために、被告人役・被害者役の生徒の演技力にも注目が集まり、講評では「実にふてぶてしい被告」とか「(銃撃で)怪我しているから右手を動かせない被害者」といった細かい演技も高く評価されていました。

先に挙げた、審査員の講評で「法科大学院の学生の模擬裁判と同レベル」とか「法律知識とは別の才能なのかもしれない」といった評価もありました。

湘南白百合高校は、三連勝であったわけですが、当の生徒たちにとっては大変なプレッシャーの元での勝利ですから、大いに褒めるべきでしょう。

湘南白百合中学・高等学校の学園の概要です。

本学園は、キリスト教(カトリック)の精神に基づいて中高一貫の女子教育を行っている学校です。その設立母体はシャルトル聖パウロ修道女会で、全国に7つの姉妹校があります。

本校で学ぶ生徒には、聖書に示される価値観を指針とした三つの校訓

「従順・勤勉・愛徳」

を日常生活の中で実践すること、そして将来は人類社会に貢献できる愛ある人に成長することを目指して勉学に励み、人格を磨くようすすめられます。

校訓は、私たちにいのちを与え生かされる神とのつながりを示す宗教性に基づくもので、それらの実践による体験は、心に自由と喜びの実りをもたらします。

  • 従順-真理の声に従うよろこび
  • 勤勉-能力を磨き役立てるよろこび
  • 愛徳-互いに大切にし合うよろこび

本校のすべての教育活動は、21世紀の国際社会の中で、周囲の人びとと共に苦しみや喜びを分かち合いながら、地の塩、世の光として生きる、世界に開かれた女性の育成を目指して行われます。

湘南白百合学園中学高等学校長 水原 洋子

校長が、写真のままの姿で応援に来ていらっしゃいましたので、ちょっとお話ししましたが

「三連勝おめでとうございます」
「今回で終わりかとも思っていたのですが、まだ続くということですねぇ」

と校長先生もプレッシャーを感じていた様子でした。

湘南白百合は過去の2連勝したOGが応援に来ていて、私立の良い意味でノウハウの伝承があることを確認しました。
昨年、初めて高校生裁判選手権を見たときに、湘南白百合は非常に高級なあまり世間には知られていない法廷テクニックを披露して「これは指導役の弁護士がかなりトレーニングしたな」と思いました。
ところが、一年後の今回はほとんどの学校が昨年の湘南白百合のレベルに極めて近づいていて、いわば上位校と下位校の差が非常に縮んでいました。
その分、評価の差は細かいところになってしまって、その中でも非常にバランスに優れている湘南白百合が優勝したのは納得できます。

準優勝は、公文国際でしたが表彰を受けた代表の生徒が「去年もこの舞台に1年生で立ちました。先輩には「湘南白百合から優勝をもぎ取ってやる」と言って出場しましたが、果たせませんでした。」とスピーチしていました。
出場選手は2年生・1年生なのです。

高校生模擬裁判選手権を観客として見る大きなメリットは、同じ事件の裁判を複数回見ることができることです。
これは現実の事件ではあり得ないことです。

昨年は、関東大会・全国大会を見たので多分、6回は見たと思うのですが、同じ事件なのに検察・弁護が変わると取り上げる証拠が変わってきます。
その結果「あれ?別の裁判ではこの証拠は議論にならなかったぞ」とか「同じ証拠をこういう評価をすると、先々まずいぞ」といった見方になってしまいました。

この事でわたしは「あ、神の視点とはこのことか」と理解したのです。
現実の裁判では、裁判官・検察官・弁護士・傍聴人の誰一人として神の視点に立つことはありません。

理屈としては当然のことなのですが、それでも実感することはありませんでした。
それを実感できる、まれに見る良い機会です。
来年もおそらくは各地で開催されるでしょうから、お時間のある方はぜひご覧になることを強くお勧めします。

8月 9, 2009 at 09:38 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/45875195

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回高校生模擬裁判選手権:

» 模擬裁判選手権 結果等 トラックバック 天狗の庭 -法教育-
高校生も「法廷」論争 模擬裁判選手権、8日開幕  高校生が刑事裁判の検事役と弁護士役になり、立証の説得力や分かりやすさを競う「模擬裁判選手権」が8日開かれる。将来の裁判員候補たちに刑事裁判への理解を深めてもらう狙いだ。生徒らは事件現場を再現したり、弁護士の助言を求めたりしながら直前まで準備に汗を流した。  「なぜあなたは銃を持ち出したのか」「相手を脅すためです」――。初出場の日本学園高(東京・世田谷)。7日は朝から生徒たちが教室に集まり、弁護側と検察側に分かれて練習に臨んだ。(07:... 続きを読む

受信: 2009/08/09 12:46:59

コメント

酔うぞさんのブログを見て
興味を持っていたので、
寝坊しなければ
観戦(←この言い方はどうかと思う)
しようかと思います。

日弁連 - 第4回「高校生模擬裁判選手権」を開催します!!
http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/100807

投稿: 名前 | 2010/08/06 2:50:50

昨日、エントリーしようとしていて出来ませんでした。

わたしも行きます。

午前中から、夕方までなのですが、休日だから食事できないのです。
コンビニですら、一番近いのが日比谷公園の向こう側。

弁護士会館、地裁ともたしかレストランなどは休み。

一番良いのは、お弁当持参といったところですね。

投稿: 酔うぞ | 2010/08/06 9:53:57

コメントを書く