« アスベストをめぐる話題 | トップページ | 裁判員裁判とパワーポイント »

2009.08.22

ウェブカメラ

夏休みもそろそろ終わりで、区立図書館の企画で小学生向けのもの作り教室をやっています。 使うキットは「はこアニメ」で、電子的パラパラマンガといったものです。

2~30人を集めての工作教室ですから、小さめの教室ぐらいの部屋を使います。
出来た作品は、パラパラマンガですから大勢で見たいのですが、なにしろこのスクリーンの大きさは名刺とほぼ同等です。
これでは、そばに近寄らないと見えない。

企画段階でも「並べて置いて、その周りを歩きながら見る」といった案も出たのですが、机の配置を動かすのが大変、といったこともあって一台に子どもたちが作ったシートを持ってきて投影しました。
当然、スクリーンを注視していないと何をやっているのか、分からない。

実は、説明用にノートPCを持ちこんでパワーポイントを投影しているので「ウェブカメラを使えば、拡大投影が出来るな」と思いついて、さっそく買ってきました。

ロジクール・Qcam Pro 9000

何を選べばよいのか、分からないのでとりあえず200万画素だということと、比較的人気商品だということで買ってきました。
ウェブカメラは何年も前に「どんなものだ?」とオモチャのようなものを買っていて、PCがテレビカメラを持つといことは分かっていましたが、オモチャはしょせんオモチャでした。

Qcam Pro 9000 はさすがに強力で、900×720といった巨大画面でもきれいに写ります。本物のテレビカメラと言っても良いくらいです。
「これなら、(教室で)拡大投影に使える。手元のサンプルなどを見せることが出来る」
と大喜びしたのですが・・・・・。そうは問屋が卸さない。(^_^;)

PCにかなりの能力を要求します。(考えれば当たり前)
Core2 のデスクトップ機では900×720の動画を表示しますが、Atom だと320になってしまう。 ノートの Core2 だと640「なるほどね」であります。

こんな問題はありますが、Qcam Pro 9000 はオートフォーカスもあるので、拡大鏡で見た切手の投影といったこともで来ますね。
なかなか楽しいオモチャであります。

来週は、上記の区立図書館でのもの作り教室がありますから、いよいよ本番で使えると期待しています。

8月 22, 2009 at 09:23 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/45994463

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブカメラ:

コメント

コメントを書く