« 2007年から飛べない飛行機 | トップページ | 法教育について »

2009.07.26

高校生模擬裁判選手権2009

日本弁護士連合会のHPより「第3回「高校生模擬裁判選手権」を開催します!!

日本弁護士連合会は、2009年8月8日(土)に、第3回高校生模擬裁判選手権を東京、大阪、福岡の3箇所で同日開催します。

この大会は、1つの事件を素材に、法律実務家の支援を受けながら、参加各校が検察チーム・弁護チームを組織し、高校生自身の発想で争点を見つけ出し、整理し、模擬法廷で証人尋問・被告人質問を行います。

刑事法廷で要求される最低限のルールに則り、参加各校の生徒が検察側と弁護側に分かれ模擬裁判を行う経験を通じて、物事のとらえ方やそれを表現する方法を学び、刑事手続の意味や刑事裁判の原則を理解することをねらいとしています。

今回は地方裁判所の法廷を会場とし、より本格的な模擬裁判を行います。

ご観戦をご希望の方は、添付のチラシ裏面の「観戦のご案内」をよくお読みの上、当日各会場受付に直接お越し下さい。

ご参加を心よりお待ちしております。

昨年こんな記事を書いています。「高校生模擬裁判選手権」

多くの方は、実際に裁判を傍聴されていないでしょうし、何度も見ないと検察・弁護のテクニックの違いに触れることもないですから、わたしはかなりマニアックに見ていたことになります。

事件としては、起訴は殺人事件で、弁護側の主張は無罪、という正面衝突の事件で実際の裁判でも紛糾するだろうと思われるものでした。
なお、予選会(関東大会では8校が参加)から決勝戦まで同じ事件を扱います。
刑事裁判ですから、弁護士・検察官・被告・証人の4者が登場するのも、全試合同じです。

  1. 被告は、被害者の妻の兄つまり義理の兄弟
  2. 被告が被害者の結婚式に欠席したことで、以前は不仲であった
  3. 事件当日は、翌朝に釣りに一緒に行く約束をして、二人で酒場でかなり深酒をした
  4. 事件現場である、被告の仕事場で独身寮がある運送会社の構内に戻ってきたところで、被害者が被告を十数回殴打した。
  5. 被告は、数日前に同僚に頼まれて購入した全長40センチ以上の包丁を事務所から取り出して、トラックの駐車場に出た。
  6. 被害者は、被告に向かってきたので、包丁を上下に振って抵抗、被害者の腕に骨に達する傷を負わせた
  7. なおも、被害者は被告に迫り、よろけてトラックにもたれかかった、被告に覆い被さった。
  8. 被告は、包丁を持っていた手を出していたので、被害者の左胸に刺さり、被害者は死亡した。
  9. 被害者は、刺されて倒れた後に「兄貴、俺はもうダメだ」と被告に言って死亡した

この事件には、第三者が2名関わっていて、一人が証人になります。その状況は

  1. 同僚Aは喧嘩の仲裁をするが果たせず「勝手にしろ」と言い残して、独身寮の部屋に帰ってしまった。
  2. 目撃者として証言する、同僚BはAよりも先に喧嘩に気づくが、独身寮の階段から見ていて、仲裁には入らず最後まで事件を見ていた。

まるでミステリーのようなことなのですが、物語ではないので読者に相当する観客は「神の視点」が与えられていません。
上記の説明は、ほとんど小説の骨子のように書きましたが、わたしは関東大会と決勝戦で数回に渡って同じ事件を説明を、検察役と弁護役の高校生のプレゼンテーションを聞いたから組み立てる事が出来たのであって、実際の高校生の論告などは、これら全てを述べてはいません。

また、わたしにはまだ謎なのですが、目撃者がどの位置に居たから何が見えて、何が見えないかは分かりません。
実際の裁判では重要な事ではない、という判断になるのかもしれません。

このような、複雑な事件を題材にして、検察と弁護の攻防が行われるのですが、判決は下しません。

関東大会の優勝校は、湘南白百合学園高等部でした。
不思議なことに、わたしは関東大会で会場が複数あったために見ていませんでしたが、他の学校のレベルもかなり高いと思っていたら、昨年度の優勝校であるといった説明があって、関東大会優勝というのはどんな学校なのか?と非常に関心がありました。

関西大会の優勝校は、京都教育大学附属高校でした。
HPに関西大会の様子が紹介されています。

わたしは多くの裁判を応援していますし、情報ネットワーク法の関係ではそこそこ勉強もしていますが、それでも傍聴人として事件を見るとき自分が神の視点で法廷に出た情報が全てのであるかのように思いこむところがある、と気づかされたのです。

理屈としては、特に民事事件だと法的な正義の追求よりも互いの勝ち負けの問題だ、と承知しているのですが、それでも情報が全部出ていると思いこむわけです。
もちろん「神ならぬ者に知る由もない」のは間違えなく、それを傍聴者としては忘れている、ということですね。

それに気づいたのが、昨年の高校生模擬裁判選手権を見て理解した一番大きな収穫でありました。
今年もとても楽しみにしています。

7月 26, 2009 at 10:27 午前 裁判員裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/45743244

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生模擬裁判選手権2009:

» 検察官の法教育 トラックバック 天狗の庭 -法教育-
落合先生のブログより。 検察官らが法律出前授業 法務省 今秋から小中高校へ 検察官らが法律出前授業 法務省 今秋から小中高校へ 同省は学校側の求めに応じて、検察官のほか拘置所や刑務所に勤務する刑務官、非行少年らを見守る保護観察官らを派遣する方針だ。一線で活躍する職員らが子どもたちに授業をするのは、初めての試みという。  昨年の学習指導要領の改定に伴い、裁判員制度を念頭に置いた法教育カリキュラムが二〇一一年度から小中高校で順次導入されることになった。こうした動きを背景に同省は四... 続きを読む

受信: 2009/07/26 14:45:13

コメント

コメントを書く