« シンドラーエレベーター起訴 | トップページ | 教育改革に関する社説から »

2009.07.18

日弁連主催消費者庁シンポジウム

昨日(2009年7月17日)は、日本弁護士連合会主催「シンポジウム動き出す消費者庁と消費者委員会 -消費者のための制度に育てよう-」に参加してきました。

2009年5月29日に消費者庁関連3法(「消費者庁及び消費者委員会設置法」、「消費者庁及び消費者委員会設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律」及び「消費者安全法」)が成立しました。

これまでの産業育成の行政から消費者・生活者のための行政に大きく転換するため、その司令塔としての消費者庁と監視機関としての消費者委員会が今秋にも発足する見込みです。

そこで、消費者庁と消費者委員会とはどういう組織で、どんな権限があるのか、消費者安全法によって何ができるようになるのかなど制度の概要、地方消費者行政の支援策の現状と課題などの論点について、パネルディスカッション等によりご紹介する予定です。

多くの方のご参加をお待ちしています。

開会挨拶日弁連会長宮崎誠 
パネルディスカッション司会鈴木裕美・瀬戸和宏
 パネリスト内閣府大臣官房消費者庁・消費者委員会
設立準備室参事官
川口康裕
 パネリスト日弁連消費者行政一元化推進本部
本部長代行
中村雅人
 パネリスト日弁連消費者行政一元化推進本部
事務局長
石戸谷豊
 パネリスト日弁連消費者行政一元化推進本部
副本部長
池本誠司
 パネリスト日弁連消費者行政一元化推進本部
事務局次長
山本雄大
 パネリスト日弁連消費者行政一元化推進本部
委員
二之宮義人
閉会挨拶日弁連副会長藤本明 

要するに、日弁連の消費者庁問題の担当者が総出でパネルディスカッションと称することをやったのですが、少なくとも「ディスカッション」は全くありませんでした。

司会者が、進行次第に書かれている問題点をパネリストを指名して、その人が「資料の何ページに説明があります」と読み上げるだけ、といったものでした。
同じ問題について、複数のパネリストが意見を言うこともないし、もちろん議論もない。
会場との質疑応答もない。

その一方で、消費市庁設置に関する問題点は色々あって、疑問も多々あるのですが、紀藤弁護士は次のように意見を述べています

今週金曜日に日弁連のシンポジウムがあります。

消費者庁の長官人事や消費者委員会の委員長人事を、前者を官僚人事、後者を消費者問題に詳しくない元検察官の住田裕子弁護士とするなど、最低の人事が政府から発表されています。

後者の人事も、消費者問題に精通していないという問題だけではなく、実質民間からの登用ではなく、元検察官からの登用という「天下り」類似のもので、二重に問題です。

これでは官僚の焼けぶとりという民主党や国民の批判に答えられません。、

消費者庁設置までの自民党の動きは、本当に感謝に堪えないものがありましたが、今回、このような人事が発表されること自体が、自民党政権(あるいは旧路線の議員)の限界かもしれません。あるいは、いつから変節したのでしょうか?

消費者庁設置にからみ、民主党は、一貫して官僚政治打破を叫んでしました。消費者庁も消費者委員会も、消費者問題に長年携わってきた民間人からの登用を一貫して主張してきたのは、民主党でした。当初は野田大臣も同意見でした。

正念場です。いろいろ言いたいこともあるので、紀藤も出席します。

参加無料です。皆さんもぜひご参加いだだき、どしどし意見を出していただければ幸いです。

配られた資料はなかなかのもので、これだけでも十分価値はあるのですが、その最後に人事の名簿があってその中に、住田裕子という名前を見つけて「はあ~?」と言ってしまいました。

参加者は200人は越えていたと思いますが、会場からの質問の時間はなく、パネリストの議論もなく、これでは「ディスカッションではないだろ」と思っていたら、壇上ではなくフロアーに居た(フロアーで参加していた)宇都宮健児弁護士が指名されて発言しましたが、けっこう厳しく現状を非難していて、結果として会場からは多くの拍手を受けていました。

どんな事情があるのか分かりませんが、日弁連主催のガス抜きといった印象で、何か非常にうさんくさい感じを受けました。

法律関係のシンポジウムはいつも興味深い説明があるのですが、今回はまったく面白くないもので、こんなのは初めてです。

7月 18, 2009 at 12:46 午前 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/45662480

この記事へのトラックバック一覧です: 日弁連主催消費者庁シンポジウム:

コメント

法律がやっと成立したばかりなのだから、とにかく、目の前の具体的問題にひとつひとつ取り組むことからすすめていくしかないでしょう。
具体的に何もしてないうちに、組織体制だとか人事の人間評価だとか、議論ではなく論評ばかりがお好きなようで。それも「客観的主観」ばかりの不毛な論評。
あきあきです。

投稿: 中村和裕 | 2009/07/18 15:14:15

シンポジウムが的外れなら上の中村さんのコメントも的外れ。
内も外も前途多難ですねえ。
消費者庁にはぜひ頑張ってほしいです。

投稿: オキナタケ | 2009/07/18 22:37:18

コメントを書く