« 教育改革に関する社説から | トップページ | 一人で5大学共同事業を潰した男 »

2009.07.21

子供の携帯電話問題

神奈川新聞社説より「携帯電話

小中学生に携帯電話を持たせない「保護者の努力義務」を盛り込んだ条例が石川県議会で可決、来年1月に施行される。
所持の規制にまで踏み込んだ条例は全国で初めてだ。
罰則こそなないものの、「自治体がそこまで」との意見も多かろう。

子どもに携帯電話は必要か。

石川県での所有率は小学校高学年で10%、中学生でも22%だった。

これに比べ、いち早く小中学校への持ち込みを原則禁止した横浜市での所有率は、小学校高学年で41%、中学生では80%に及んでおり、もはや不必要と切り捨てることは難しい。

いずれ社会人となることを考えれば、むしろトラブルや犯罪の被害・加害、依存症の防止に取り組んだ方が現実的だ。

横浜市教育委員会によると、いじめや暴力行為の原因になる「学校裏サイト」は、同市立中学校の7割で存在した。書き込みが原因でいじめや不登校、暴力行為など深刻な問題に発展した学校は全市の1割に達する。
有料サイトの請求詐欺に遭って140万円をだまし取られた男子中学生の事例もあった。

出会い系サイトによる児童買春などの被害者は、県警の調べだけで昨年、中学生34人を含め116人。

出会い系サイトの届け出義務化以降、被害は出会い系サイト以外に移りつつある。

自己紹介を書き込む「プロフ」や一般の掲示板などで昨年、小学生3人、中学生25人を含む68人が被害に遭っている。

一方で利点もある。部活動や塾などで夜間帰宅の際の防犯対策、地震や大きな事故に巻き込まれた際の連絡手段だ。石川県の条例でも「防犯や防災」目的は例外化しており、横浜市でも防犯目的などでの持ち込みには許可が与えられている。

「みんなが持っているから」といった単純な理由ではなく、子どもに与えるときは利点と危険性について、よく話し合う必要がある。「必ずフィルタリング(閲覧規制)をつける」「個人情報は書き込まない」「チェーンメールは送らない」「利用は1日何分まで」などのルールを決め、その実行度もちゃんと確かめるようにしたい。

横浜市教委は、こうしたチェックシートを作成し、小中学生の保護者に配っている。

ほかの自治体にも同様の取り組みが広がることを期待したい。夏休みを機に、家庭や学校、地域で話し合いを重ねてほしいものだ。

横浜市教育委員会がチェックシートを発行しいるから問題が起こらなくなったということではないのだよね?

一方で、石川県では「携帯電話を持たせない保護者の努力義務」条例を可決したというのだけど、これは社説が指摘する通り「もはや不必要と切り捨てることは難しい」とは誰でも思う。

しかし、石川県の条例も、横浜市教育委員会の取り組みも、現実問題として「子供用の携帯電話の使用を義務づける」ことでほとんどの問題が解決してしまうのではないだろうか?

特に学校への持ち込みについては教育委員会の管理下なのだから、持ちこむ場合は子供用携帯電話に限定するで構わないと思う。
現状は文科省が小中学校には携帯電話を「原則として持ち込み禁止」としているから、結果として持ちこまれている。
持ちこむ場合には「子供用電話に限定」となぜ誰も言わないのか?

一部には「ネット広告収入の減収になるから」といった説まで出てきているのだが、普通に考えて例えば自動車を小学生に運転させることの是非は、といっているほどのことであって「なんで小中学生が、大人と同じ携帯電話を使うのか?」に他ならないと思う。

その一方で「子供が携帯電話を持つことは絶対に不要だ」などとは到底言えない。

実際問題として、電話の形をしてないスマートフォンとかネットブックなどPCと分類されるものに対しては、教育委員会などはどういう判断をするのだろうか?

明らかに、携帯電話というブツにこだわると判断を誤るし、子供にも通信手段は不可欠である、情報検索能力は高めなければならない、といったことも全て含んだ子供への教育像を整理してから、携帯電話対策を決めるべきだろう。

7月 21, 2009 at 08:14 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/45693973

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の携帯電話問題:

コメント

>部活動や塾などで夜間帰宅の際の防犯対策、地震や大きな事故に巻き込まれた際の連絡手段だ。
 なんすか?これ?
 電話で助けを求めて助かった、なんて経験をする人なんて、滅多にいないんじゃないですか?
 実際に助かるかどうかじゃなくて、持っていると安心ということでしょう。

投稿: Inoue | 2009/07/22 12:38:57

コメントを書く