« エレベーターメンテナンスの諸問題 | トップページ | 開城工業団地交渉進展せず悪化 »

2009.07.11

トヨタがNUMMI清算についてコメント

読売新聞より「トヨタ、GM合弁工場清算へ…単独継続断念

トヨタ自動車は10日、米ゼネラル・モーターズ(GM)との折半出資の合弁工場「NUMMI(ヌーミー)」(米カリフォルニア州)を清算する方向で検討に入ったと表明した。

日米自動車産業の「協力の象徴」とされる両社の合弁工場は1984年の設立から四半世紀で幕を閉じる公算が大きくなった。

NUMMIは、経営破綻(はたん)したGMが6月29日に合弁から撤退すると発表、トヨタはGM保有株を引き取って単独で継続するか、事業を打ち切って清算するか、両面から検討を進めていた。

しかし、北米市場の冷え込みが続く中、トヨタは単独での事業継続は困難との判断に傾き、「現在のビジネス環境下では、清算について本格的に検討せざるをえない」とのコメントを10日発表した。今後は約4500人いる従業員の処遇など、全米自動車労働組合(UAW)との交渉が焦点となる。

NUMMIは84年、日米貿易摩擦を避けたいトヨタと、トヨタ生産方式を学びたいGMの思惑が一致し、折半出資で設立された。08年はトヨタの小型車「カローラ」とGMの小型車「バイブ」など3車種を計34万台生産した。
(2009年7月11日01時21分 読売新聞)

朝日新聞より「トヨタ、GMとの合弁工場の清算検討

トヨタ自動車は10日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)との合弁工場「NUMMI(ヌーミー)」(米カリフォルニア州)の清算を検討する方針を明らかにした。

GMのNUMMIからの撤退が正式に決まったのを受けたもので、NUMMIは清算の可能性が強まった。

トヨタは「現在のビジネス環境下では、NUMMIの清算についても本格的に検討していかざるをえない」との談話を発表した。清算検討の公式な表明は初めて。

トヨタはGMが合弁解消の方針を表明する前後から、清算も含めて可能性を探ってきた。

この時期の清算検討表明は、「トヨタがGM保有株を買い取り、単独で操業を継続する」との楽観論が、日米で広がっているため。
楽観論を放置したまま清算を決定すれば、予想を上回る衝撃が米国内で広がる恐れがある。

NUMMIの従業員数は約4600人。清算となれば、日本での戦後の労働争議以来の大量解雇が予想され、重大な経営決断となる。

ただ、NUMMIの設備はトヨタの北米工場で最も古いうえ、全米自動車労組傘下のため人件費も高い。
余剰生産能力の削減のためにも、社内では他工場への生産車種の移管が合理的との声が強まっている。(丸石伸一=ニューヨーク、中川仁樹)

サンケイ新聞より「トヨタ、NUMMIの清算検討 GMとの合弁工場

トヨタ自動車は10日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)と折半出資する合弁工場の「ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング」(NUMMI、米カリフォルニア州)について、清算する方向で検討すると表明した。

米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)適用を受けて経営再建中の米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が先月29日に、撤退を発表。

トヨタは、GMの保有株を引き取り、単独で事業を継続するか、清算するか検討していた。GMの車種を生産できなくなるため、採算が合わず、清算もやむを得ないとの判断したもようだ。

NUMMIは1983年に設立で合意。日本車輸出拡大による貿易摩擦が高まる中、生産ノウハウを習得したいGMと、日米経済協力のモデルにしたいトヨタの思惑が一致した。

一つの新聞記事だけを読んでいると、結論は同じでも経緯の説明が違うから読者とはしてちょっとだけ誤解することがある、という例かもしれません。

事実関係しては、GMが旧GMと新GMに分かれることが決まって、NUMMIは旧GMとなり、トヨタとの合弁会社であるから、継続するのであればトヨタして、あるいは別資本で、さらには清算という選択肢になりました

しかし、旧GMになったということは、今後はGM車を作ることができないので、トヨタの資本として純トヨタ工場してやっていくのか?ということになります。

トヨタ自身はアメリカに複数の工場を持っているのわけですから、純トヨタ工場にするためには合弁であるGM部門の整理をする必要があるわけで、新規に工場をつくるよりも手間が掛かる、と言うこともあり得るでしょう。
さらに、100%トヨタにするためにはGMの資本金を買い取らなくてはならない。

こうなると、清算も充分に視野に入ってくるわけですが、トヨタとしては

「トヨタがGM保有株を買い取り、単独で操業を継続する」との楽観論が、日米で広がっているため。

が一番の問題で、今後の交渉のためにも厳しく見ていることをアピールするべきだ、ということで今回の発表になったのでしょう。

トヨタがGM資本を買い取る、とみると操業継続となるわけですが、旧GMにトヨタが資本を譲渡する(売ることはほぼ無理なので)という選択も出てきますね。
けっこう微妙な交渉になっていくように感じます。

7月 11, 2009 at 08:41 午前 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/45596919

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタがNUMMI清算についてコメント:

コメント

コメントを書く