« 暗黒社会を作るつもりか? | トップページ | 蟹江町の一家死傷事件の捜査は?・その5 »

2009.05.14

NECがスパコンから降りる?

読売新聞より「NEC、次世代スパコン撤退…巨額の開発費負担を削減

NECは13日、政府主導の次世代スーパーコンピューター(スパコン)開発計画から、事実上、撤退する方針を明らかにした。

巨額の開発費負担を削減するためで、週内にも発表する。

ただ、最先端の開発から手を引くことで、スパコン事業全体の展開に大きな影響を及ぼすのは必至とみられ、将来的には事業の大幅縮小や完全撤退につながる可能性がある。

政府は約1150億円を投じ、毎秒1京(1兆の1万倍)回という世界最速の計算速度を持つ次世代機を開発する計画だ。
独立行政法人・理化学研究所とNEC、富士通、日立製作所が官民共同で開発、2010年度末の稼働を目指している。

計画は現在、設計・開発にめどがつき、製造段階に移りつつある。製造段階では、NECの費用負担が100億円を超える見込みとなっていた。
NECは、景気の悪化で業績が落ち込む中、短期の利益に結びつきにくい事業を縮小する必要に迫られていた。

スパコンは各国政府が威信をかけて開発競争にしのぎを削っている。日本政府は「技術立国・日本」を世界に示す象徴的な事業と位置づけており、NECの離脱後も計画を進める方針だ。

NECのスパコンは、1990年代後半に日米通商摩擦の象徴的な存在となるほどの国際競争力を持っていた。

海洋研究開発機構が保有する同社製スパコン「地球シミュレータ」は02~04年の間、世界最速の座を保ち、地球温暖化の予測などに威力を発揮した。
(2009年5月14日03時06分 読売新聞)

短期の利益に結びつきにくい事業を縮小する必要に迫られていた。

この姿勢こそが、体質が虚弱化した最大の原因だと思う。
体質が弱くなったために、開発コスト(効率)が相対的に悪化した、だから新しいことは出来ない、ということでしょう。

スパコンから降りて、何に投資するのだろう?
これは経営とは言えないのではないのか?

このニュースのためかは判然としないが、株価は下がってスタートしてます。

5月 14, 2009 at 09:35 午前 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/45008027

この記事へのトラックバック一覧です: NECがスパコンから降りる?:

コメント

一時期お仕事として関わっていただけに、なんだかなぁ……

投稿: ジャッキー | 2009/05/15 13:56:38

>政府は約1150億円を投じ・・・・開発する計画
>官民共同で開発、2010年度末の稼働を目指し
>設計・開発にめどがつき、製造段階に移りつつ
>製造段階では、NECの費用負担が100億円を超える見込み

まさか、民間に自腹で開発・協力させ使い物になったら国が買い取るプロジェクト???。そう読めちゃうなー。

投稿: 昭ちゃん | 2009/05/15 14:03:00

 スパコン開発に将来性があるなら、国がプロジェクトぶち上げなくても、民間が勝手に開発します。
 自腹を切って投資をする当事者こそ、もっとも知識に長けているのであり、官僚が仕切って、投資対象をコントロールして、うまくいくわけない。

投稿: Inoue | 2009/05/15 22:54:09

必要はあるけれども民間だけでは採算が取れないものはまだ結構あります。
・宇宙開発
・大型の加速器
・最新のスパコン
等はそうですね。
だから、単純に民間に任せて良いってことにはなりません。実際、こういったものはどの国でも国家プロジェクトのような形で進めています。

投稿: masa | 2009/05/17 21:02:44

・宇宙開発
・大型の加速器

 この二つは、もともと収益とか産業化とは無関係な科学研究のためのものですし、必要な資金は数兆円ですから、国が予算出す必要もあろうかと思いますが、

・最新のスパコン
 こんなもの、高くても1000億円です。トヨタの広告費より少ない額です。民間でも十分開発できます。
 また、「計算が速いコンピュータ」は、何か別の目的を達成するための手段であって、目的ではないのです。
 「計算が速いだけのコンピュータ」で、何をしようっていうのでしょうか?

投稿: Inoue | 2009/05/18 14:22:38

例えば、天気予報は、

・実際の時刻経過よりも速く、結果を出さなければならない
・地表を適当な大きさのメッシュで構成する気象モデルは、ある程度はメッシュの大きさが小さくなるほど精度が上がる
・メッシュを細かくすると、計算に要する時間が増える

ということです。昨夏話題になったような、ゲリラ降雨はこのメッシュのサイズよりも範囲が狭く、また短時間で変化するので、予報ができなかったわけです。
このような用途には速い計算機は必要です。

また、完成した計算機そのものも重要ですが、それに用いた、もしくは検討、試作したが用いなかった技術というのも、適当に扱えば研究開発として有意義です。

投稿: TuH | 2009/05/19 2:59:20

 あ、いや、だから、
「官公庁の発注も含めて、ニーズがあるなら民間が勝手に開発するでしょう」
です。
 開発段階で政府が関与する必要はないのです。

>もしくは検討、試作したが用いなかった技術というのも、適当に扱えば研究開発として有意義です。

 有意義かどうかは誰が判断します?結局、市場的価値で結果を評価するしかないのでは?

投稿: Inoue | 2009/05/20 6:35:55

先のコメントは「「計算が速いだけのコンピュータ」で、何をしようっていうのでしょうか?」についての一例を挙げただけです。

有意義である、ニーズがあるからといって、必ずしも経済的に成り立つ(=民間だけでできる)というわけではないことは、特に証明を要さないと思いますが、いかがでしょう。
また、何でも市場的価値で判断するのは間違いであると、最近の世界の経済情報が教えてくれているのではありませんか?

投稿: TuH | 2009/05/20 21:12:02

 公共財としての科学研究ならば、政府が主導する意味もあろうかと思いますが、計算機開発の成果は、特許によって保護されますので、公共財ではありません。

>また、何でも市場的価値で判断するのは間違いであると、最近の世界の経済情報が教えてくれているのではありませんか?

 何をおっしゃっているのかよくわかりません。

投稿: Inoue | 2009/05/22 17:11:00

クラウドとの相対比較ではないですか?

投稿: らき | 2009/06/03 18:11:17

計算機開発は「公共財」でないから、政府が関与するべきでないというのは間違い。


「公共財」という言葉を経済学的な意味で使っているようですが、経済学で言われているのは、
公共財の供給を市場原理に完全に委ねると過少供給に陥るということに過ぎず、
逆の「公共財でなければ政府が関与しない方が良い」は成り立たない。

投稿: MH | 2009/06/07 19:10:25

しかし、「公共財でない以上、必ずしも、政府が供給する必要はない」とは言えます。
財政事情の厳しい折、ものごとには優先順位があるわけで、日本が開発しなくても、他国の開発したスパコンを購入したって、何ら問題はない。

投稿: Inoue | 2009/06/11 19:34:24

スパコンを中止する=緊急経済対策ではない。
スパコンは、10年後20年後を見据えた長期の経済対策で必要。

無駄というのなら、電力買い取り制度や太陽光パネルの普及を削ればOK

投稿: まな | 2009/11/18 11:03:17

コメントを書く