« 蟹江町の一家死傷事件の捜査は?・その4 | トップページ | 暗黒社会を作るつもりか? »

2009.05.14

オーストラリア・ナショナル・ラグビー・リーグ選手が集団強姦?

CNN.co.jp より「ラグビー選手、集団で女性暴行の疑い 豪リーグが謝罪

(CNN) オーストラリアのナショナル・ラグビー・リーグ(NRL)は12日、同リーグに所属する選手が過去に集団で女性を暴行していた疑いがあるとの報道を受け、謝罪した。

豪ABCテレビが11日に報じた番組で、ニュージーランド人の女性が暴行を受けたと告白していた。

番組に登場した女性のほかにも2人が、NRLの選手に暴行を受けたと話している。

ニュージーランドの女性によると、19歳だった2002年に、ニュージーランドのクライストチャーチでウェイトレスとして、NRLのクロヌラに所属していたマシュー・ジョンズ選手とブレット・ファーマン選手と知り合った。その後、同選手のホテルにいったところ、部屋には別の選手とスタッフがいたという。

選手とスタッフは計6人で、このうち3人から暴行を受けたとしている。残る3人はその様子を見ていたという。

ABCの番組によれば、この女性はその後1週間たたないうちに警察に相談した。

警察はクロヌラの選手とスタッフ約40人から事情を聴取した。暴行に関わった選手らは「合意の上での行為」と主張し、立件されることはなかったという。

被害に遭った女性は、「もしも銃を持っていたら、今すぐ殺す。憎い」と、選手らを罵倒。また、数年たってから告白したことについて、関わった選手らの妻や恋人らに彼らが何をしていたのか知らしめたかったと話している。

番組を受け、NRLのデイビッド・ギャロップ氏は、「女性に対する暴力は憎むべきもの。もしもこのメッセージを無視するような選手がいたら、別の仕事を選ぶべきだ」と非難している。

2002年の事件で、警察に届け出たが立件されなかった、ということですね。

日本で立件された場合、

第178条の2(集団強姦等)

二人以上の者が現場において共同して第百七十七条又は前条第二項の罪を犯したときは、四年以上の有期懲役に処する。

「模範六法 2008」(C)2008(株)三省堂

有罪が確定すると、執行猶予無しの実刑です。
それを考えるとNRLの対処としても、謝罪じゃ済まない、と思いますね。

5月 14, 2009 at 08:42 午前 海外の話題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/45007730

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア・ナショナル・ラグビー・リーグ選手が集団強姦?:

コメント

コメントを書く