« アメリカの自動車販売データ | トップページ | 裁判員裁判が近づいてきた »

2009.05.17

新型インフルエンザで国内の対応が必要

サンケイ新聞より「神戸の高校生8人が確定 疑いは100人規模 厚労省

厚生労働省と神戸市は16日、神戸市内の同じ高校に通う生徒3人、別の高校に通う5人の計8人が新型インフルエンザに感染していることが確定したと発表した。

また、大阪府からも女子高校生1人が、感染の疑いがあると報告がある。厚労省によると感染が疑われる例は、兵庫と大阪を中心に100人規模に拡大する可能性もある。
国内で一気に感染拡大している可能性が出てきた。

検疫通過した後の、国内で感染が確認されるのは初めて。政府の対策本部専門家諮問委員会は同日、「地域での感染がすでに広がっている可能性を否定できない」との見解を示し、政府府は警戒態勢を「海外発生期」から「国内発生早期」に引き上げた。
個人や企業活動に影響がでる可能性がある。

最初に感染が確認された3人は、いずれも県立神戸高校に通う、3年の男子と、同校2年の男女。

5人の感染が確認された県立兵庫高校は、神戸高校と部活の交流試合をしていた。

厚労省によると、神戸高校の3人は、11日から15日かけて次々と発症。

2年生の男子生徒が39・7度の熱があるが、他の2人は落ち着いている。
8人はいずれも感染症法に基づいた入院をしている。

兵庫県や神戸市によると、神戸高校では最近、発熱での欠席者が続出。同校と部活で交流試合をした県内複数の高校生10数人も発熱を訴えている。
感染が大規模に広がっている可能性があり、県では全県立学校で生徒の健康調査をする。

県や市では8人の最近の行動の追跡調査を開始、厚労省も専門の担当者を現地に派遣した。濃厚接触者には7日間の外出自粛を要請。

また、神戸市内東部の学校施設99校の22日まで休校を決定。私立校や隣接市の学校にも休校要請する。

緊急会見を開いた舛添要一厚労相は、「正確な情報に基づいて行動することが最も重要。冷静な対応をお願いする」と呼びかけた。

サンケイ関西より「検体検査 後回し3日間 「渡航歴なし」が盲点

新型インフルエンザへの感染が確認された神戸市の高校3年の男子生徒の検体は、診察した医師が市に提出してから、市の環境保健研究所で詳細(PCR)検査をするまでに3日間かかっていた。
生徒に海外渡航歴がなかったことが盲点となり、海外帰国者の診察をした発熱外来からの検体が優先されたという。

神戸市などによると、男子生徒は12日に開業医の診察を受け、簡易検査でA型陽性となったため、医師は検体を市に提出した。

午後5時ごろ、同研究所に男子生徒の検体が到着したが、同日、発熱外来を通じて別の患者の緊急の検査依頼が入ったため、そちらが優先されたという。
男子生徒の検体は遺伝子の抽出が行われた段階で冷凍保存された。

生徒に渡航歴はなく、医師も新型インフルエンザではなく、「Aソ連型」と「A香港型」の識別を求めていた。

その後も他の発熱外来からの検体や、市内での食中毒の検査のためにPCR検査の機械が使われ、男子生徒の検体検査が行われたのは15日午後になってからだった。

市では「国内発症事例がまだなく、渡航歴がないことなどから考え、発熱外来の検査を優先した。残念な結果になった」としている。

バレーボールの試合が接点で他校に感染が拡大したのだとすると、感染力そのものはけっこう強いのかもしれません。

臨時休校など集団生活の一時的な停止は必要でしょうね

今のところ、どういうわけか成人の発病者は世界的にも少ないようですから、すぐに社会生活で問題が発生することはないでしょうが、発病しなくても感染していてキャリアーになる可能性は高いのだろうか?

「水際阻止」から「国内での封じ込め」に移行せざるを得ませんね。
そういう観点からは、検査機関で検査が遅れたのはちょっと問題であったでしょう。ここらの対応力が試されます。

大阪でも、高校生の集団感染があるようで、感染ルートや感染のメカニズムなどを早急に解明することが一番の対策だと言えます。

個人的には社会人講師で学校に頻繁に行っているし、今年は白浜シンポジウムにも行くし、イベントなどのスケジュールが変わるのが一番の問題だなあ。

5月 17, 2009 at 08:54 午前 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/45037743

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザで国内の対応が必要:

コメント

■新型インフル、国内初の発生確認 神戸の高校生、陽性-いよいよ国内発生早期に突入!!
こんにちは。新型インフルエンザ、とうとう国内発生早期に突入しました。いずれ、私たちの身の回りに危機が迫っていることは明らかです。しかし、一方で日本経済も期になります。新型インフルエンザによってせっかく上向いている景気に影響が出ないことを祈るばかりです。いずれにせよ、私たちは、出来ることは精一杯やって、新型インフルエンザなど跳ね除けて、体も経済的にも健全な状態を維持すべく努力すべきと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009/05/17 14:02:09

コメントを書く