« 麹町でクレーン転倒 | トップページ | 北朝鮮・IAEAを追放 »

2009.04.15

麹町でクレーン転倒・その2

朝日新聞より「クレーン横転、作業員「つり上げでバランス崩した」

東京都千代田区のマンション建設現場で14日、作業中の大型クレーンが横転し通行人ら6人が重軽傷を負った事故で、クレーンを操作していた作業員の男性(38)が警視庁の事情聴取に、「(ケーシングと呼ばれる枠を)つり上げようとしてバランスを崩した」などと説明していることが分かった。同庁幹部が明らかにした。

捜査1課は、業務上過失傷害の疑いで工事関係者から事情を聴くなどして原因を捜査。クレーンを操作していた場所が適正だったかについても調べている。

この建設工事は、東亜建設工業(千代田区)が施工。クレーンを所有する大洋基礎(中央区)や光北産業(埼玉県新座市)などが実際の作業に携わり、14日は、大洋基礎の現場責任者1人とクレーン操作の作業員ら光北産業の社員4人らが基礎工事のくい打ちを進めていたという。

ケーシングは、掘削した穴に地表の土が入らないようにするための円筒形の鉄製の枠で、直径約2.5メートル、長さ約7メートル、重さ10トン前後。事故直前にはワイヤ2本でつって穴から引き上げていたという。

東亜建設によると、ワイヤ2本なら最大13トンのつり上げが可能だが、アームを下げて遠くの物をつり上げる時は最大荷重は小さくなる。同課は、クレーンとケーシングの距離が本来より離れていた疑いもあるとみて調べている

大洋基礎によると、このクレーンは00年3月に購入し、直近の今年1月13日の点検で問題はなかったという。

この事故では、倒れた工事用フェンスの下敷きになった歩行者の女性(62)=東京都武蔵野市=が頭の骨を折って意識不明の重体、男性(33)も頭を打撲した。クレーンのアームは、走行中の物流業者のトラックを直撃し、運転手(29)ら男性3人が運転席に一時閉じ込められ、足の骨が折れるなどのけが。クレーン操作の作業員も運転席から投げ出され、背中を打撲した。

読売新聞より「最大荷重近く、支えきれずクレーン横転か

東京都千代田区麹町のビル建設工事現場で14日、大型クレーンが横転し、歩行者ら6人が負傷した事故で、事故当時、クレーンは最大荷重に近い重さの鉄管をつり上げる作業をしていたことがわかった。

この現場では、同じ鉄管をこれまでにも2回、問題なく引き上げていたが、つり上げることができる鉄管の重さはアームの角度によって大幅に減少することから、警視庁ではクレーンが適切に操作されていたかを詳しく調べるとともに、業務上過失傷害容疑で工事関係者から事情を聞いている。

クレーンを操縦していた男性オペレーター(38)は警視庁の調べに、「クレーンで鉄管をつり上げようとしたら、バランスを崩して倒れた」と説明。現場の作業員も「鉄管を引き出している途中、クレーンが突然ふわふわした状態になり、横倒しになった」と話しているという。

工事の元請けの「東亜建設工業」(千代田区)によると、事故は地上19階、地下2階建て複合ビルの基礎工事中に発生。下請けの「大洋基礎」(中央区)の作業員らが作業にあたり、クレーンは杭(くい)を打ち込む縦穴に挿入されていたケーシングと呼ばれる11トンの鉄管(長さ約7メートル、直径約2・5メートル)を、地中から地上約3メートルまで引き上げたところで横転した。この現場で鉄管を引き上げる作業は3回目で、これまでの作業で問題はなかったという。

クレーン製造元の日立住友重機械建機クレーン(台東区)によると、倒れたクレーンはもともと基礎工事で地面に縦穴を掘る掘削機。穴の内部に鉄管や鉄筋などを搬入するために備え付けられている補助的なクレーンは最大で13トンの荷物をつり上げられるが、アームの角度によって最大荷重は減少する。

アームが水平に近い角度になって重機と鉄管が離れるほど、重いものをつり上げられなくなるといい、東亜建設工業の説明によると、13トンをつり上げられる重機と鉄管の適正距離は6・7メートル~9・4メートルの間。10・9メートルでは9・2トン、13・1メートルでは5・5トンしかつり上げられなくなるという。

同社によると、現場はビルの解体後、埋め戻した土地で地盤が弱く、鉄板を敷いて作業をしていたという。

この事故では、横転のはずみで倒れた、工事現場を取り囲む鉄製の囲いの下敷きになった武蔵野市の女性(62)が頭の骨を折るなどして意識不明の重体となったほか、アームの下敷きになったトラックに乗車していた男性(39)ら3人が足の骨を折るなどの重傷。クレーンの男性オペレーターと歩行者の男性(33)が背中を打つなどの軽傷を負った。

クレーンが横転した国道20号は一時、上下計6車線のうち5車線で通行止めとなった。東京国道事務所によると、クレーンを解体して撤去するのに手間取り、発生から10時間40分後の午後9時50分に全面復旧した。
(2009年4月15日03時04分 読売新聞)

どうにも両方の記事とも、タイトルと記事の内容を端的にあらわしていると感じられないですね。

読売新聞の記事にある

クレーンを操縦していた男性オペレーター(38)は警視庁の調べに、「クレーンで鉄管をつり上げようとしたら、バランスを崩して倒れた」と説明。現場の作業員も「鉄管を引き出している途中、クレーンが突然ふわふわした状態になり、横倒しになった」と話しているという。

が真実だとすると、カウンターウエイト不足だったのかもしれない、と感じます。
写真を良く見ると、問題の基礎工事は敷地の境界線に沿って行っていたようで、地面に空けた穴が境界線ギリギリところに空いています。
ところが、鉄板の敷板が敷地の中央だけにあるようで、ひょっとすると転倒したクレーンを敷地の真ん中に置いて、アームを伸ばして工事を進めていたのではないか?とも想像できます。

テレビニュースでは、目撃者は「強い風が吹いていると思ったらゆっくりと倒れてきた」といったような表現をしていましたから、

  1. アームの伸ばしすぎで、カウンターウエイト不足の状況であった
  2. 後部が持ち上がって不安定になってしまったが、前方に転倒するほどではなかった
  3. 横方向から強風が吹いて横倒しになった。

といったところではないかと想像します。

4月 15, 2009 at 08:47 午前 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/44675171

この記事へのトラックバック一覧です: 麹町でクレーン転倒・その2:

コメント

    ところが、鉄板の敷板が敷地の中央だけにあるようで、
    ひょっとすると転倒したクレーンを敷地の真ん中に置いて、
    アームを伸ばして工事を進めていたのではないか?とも想像できます。

NHKニュースにほぼ同じような内容の記事が出ました。

十分移動せず つり上げ作業か
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015416911000.html

    東京都心の工事現場から大型クレーンが国道に倒れ、歩行者など6人が
    重軽傷を負った事故で、クレーンが別の作業を行っていた地点から
    十分移動しないまま、鉄製の資材をつり上げる作業を始めた疑いがあることが、
    警視庁の調べでわかりました。
    
    警視庁は、資材と離れすぎた状態になったため、想定以上の荷重がかかって
    倒れた疑いがあるとみて、詳しい状況を調べています。
    
    当時、現場ではビルの基礎部分のくいを作る工事中で、
    クレーンは掘った穴にはめ込まれていた「ケーシング」と呼ばれる
    重さ10.5トンの鉄製の筒をつり上げようとした際に
    バランスを崩して倒れたということです。
    
    東亜建設工業によりますと、クレーンは筒との距離が
    およそ10メートル以内であれば、安全につり上げることができる
    ということですが、クレーンは直前まで地面に別の穴を掘る作業をしたあと、
    筒の方に十分移動しないまま、つり上げ作業を始めた疑いがあることが
    警視庁の調べでわかりました。警視庁は、その結果、
    クレーンが筒と離れすぎた状態になり、想定以上の荷重がかかって倒れた
    疑いがあるとみて、さらに詳しい状況を調べています。

投稿: 酔うぞ | 2009/04/15 19:05:06

 ゼネコンOBである叔父の説によると・・・。

 ケーシングを引き上げる際、ケーシングと地面の間に大きなフリクションが発生するので、吊り上げ初期に被吊り上げ物の重量以上の負荷が瞬間的に掛かるのは当たり前とか。
 フリクションによる荷重は、動き始めると激減するので、オペレータの技量で、少しずつ揺さぶるように抜いて行くのがセオリー。
 事故が発生した原因は、ケーシングを一気に引き抜こうとしたため、フリクションが抜けた瞬間、被吊り上げ物が跳ね上がり、いきなり荷重が激減したクレーンが反り返るように捻じれて重心を外れ、倒れたのでは無いか?
 概ね、こんな内容の事を言っていました。

 事故を起こしたタイプの重機では、定番の事故パターンらしいです。
 今回はたまたま道路上に転倒し、怪我人まで出ているのでニュースになったけど、ニュースにならなかったような同様の事故や、事故寸前の状況は過去にも発生しているようです。

投稿: craftsman | 2009/04/15 21:32:04

事故の検証がいろいろなされていますが、事故当時の空撮ではっきりしています。横倒しになったクレーンを起こした位置を想像すれば子供でも解るはず。規定範囲以上から過重量の引き上げで自爆ですよ。
「フリクションが抜けた瞬間、被吊り上げ物が跳ね上がり、いきなり荷重が激減したクレーンが反り返るように捻じれて重心を外れ、倒れた〜」とは(笑)魚釣りじゃあるまいし。
建設会社・オペレータが業務上過失致死にとわれなければ、またなんらかの操作が行われたと判断されます。

投稿: SO WHAT | 2009/04/18 12:53:06

特に詳細に見なくても、穴を空けている場所に対して、鉄板を敷いた重機の動く範囲が異様に小さいとは誰もが思うところでしょう。

素人判断が招いた事故、という印象が強いですね。

投稿: 酔うぞ | 2009/04/18 18:14:07

建設業というのは、素人みたいな人が結構たくさん紛れ込んでいるという業界構造を直視する必要があると思います。

後から考えれば、なんでこんなバカなことをするんだという事故報告ばっかり聞いてきました。たまにある程度なら、費用対効果の点で「ちゃんとやれバカ者」という注意喚起が妥当だと思うのですが、こうも毎度毎度ですと、馬鹿前提の対策の方が安上がりだと思うのですが。

投稿: zorori | 2009/04/19 8:47:28

>・・・魚釣りじゃあるまいし。

 いや、魚釣りと同じですよ。(^^;
 獲物が水から上がった瞬間、竿が後ろに反り返って、後ろに魚が飛んで行くあれです。
 原理的にあれと同じ現象が起きるんですよ。
 クレーンのブームは鉄でできてますし、ワイヤーも鉄です。
 鉄ってのは、よく伸びたりしなったりする素材であり、それゆえ破断しにくい訳で。
 関節部の遊びもあるでしょうしね。
 それが今回の事故の原因かどうかはわかりませんが、オペレータにはブームのしなりやワイヤーの伸びを考慮してオペレーションを行う技量が求められているのは、事実のようです。

投稿: craftsman | 2009/04/21 21:13:42

craftsmonさんが言われるように、ケーシングを抜くときに、フリクションが切れて、あおってしまった可能性は高いと思います。理由は2点。
1、バックストッパーが異常に曲がっている。(転倒時に曲がったとすると、一旦正面に倒れてから横倒しにならなければならないが、中央分離帯や仮囲いの損傷状況をみても、倒れながら旋回したのは明白で、単に転倒しただけではバックストッパーが曲がる理由がない。)
2、吊ワイヤー、起伏ワイヤーともに切断されていない。
(フリクションが切れて、あおってしまったが、吊ワイヤーが切断されなかったため、後ろに倒れずに、バックストッパーを損傷したにとどまり、切断しなかったワイヤーにより後方への力が張力になり、前方に引っ張り込まれた。)

この場合、不思議なのが、ケーシングが一旦フリクションが切れ、クレーン側に引っ張られたはずなのに、設置されてた位置まで復元している事。フリクションがかかる位だから、そんなに大きな穴とは思えないのですけど・・。
しかし、定格荷重無視で作業をしていたのは明白で、あおったか、あおってなかったかは、転倒事故そのものの原因ではないので、白熱した議論をするような問題とは思えません。

同じ建設業に従事するものとして、同様の事故を起こさないことはもちろんですが、無くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

投稿: 通りすがり | 2009/04/28 8:27:37

コメントを書く