« 舞鶴の高校一年生殺害事件で逮捕・その2 | トップページ | 舞鶴の高校一年生殺害事件で逮捕・その3 »

2009.04.08

盧武鉉前大統領が謝罪

韓国聯合ニュースより「盧前大統領が謝罪、本人捜査は避けられない見通し

【ソウル7日聯合ニュース】
盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が7日、自身のホームページに謝罪文を掲載し、権良淑(クォン・ヤンスク)夫人が鄭相文(チョン・サンムン)元青瓦台(大統領府)総務秘書官を通じ、朴淵次(パク・ヨンチャ)泰光実業会長から金を受け取ったと認めた。
盧前大統領に直接の捜査が及ぶことは避けられない見通しだ。

盧前大統領は、謝罪文を通じ「嫌疑は鄭元秘書官のものではなく、わたしたちのものだ。わたしの家(夫人)がお願いし、その金を受け取り使用した」と述べた。

大検察庁(最高検察庁に相当)の洪満杓(ホン・マンピョ)捜査企画官は「盧前大統領の謝罪文を捜査の参考にする。文章の内容を捜査するかは、鄭元秘書官の調べが終わった後に決定する」と、慎重な立場を示している。

しかし、盧前大統領の姪(めい)婿が昨年2月中旬に朴会長から受け取った500万ドルは事実上、盧前大統領の資金だったのではとする疑惑が生じたのに続き、今回、権良淑夫人が朴会長から金を受け取った事実が明るみになったことで、近く盧前大統領を出頭させ調べることになるというのが、検察内外の観測だ。盧前大統領も「詳しい話は検察の調査に応じて陳述する」と、検察の捜査を既成事実として受け入れている。

権良淑夫人が朴会長から金を受け取った事実を、盧前大統領が在任中に知っていた場合、検察がそれを立証すれば、盧前大統領に包括的賄賂(わいろ)罪を適用することができる。

在任中に知らなかったのであれば、権良淑夫人と鄭元秘書官をあっせん収賄容疑容疑で処罰できる。大検察庁中央捜査部は同日午前、総務秘書官在職中に朴会長から数億ウォンを受け取った疑いで鄭元秘書官を逮捕し、調べを進めており、あっせん収賄または賄賂の疑いを適用することを検討している。

一方、盧前大統領の謝罪文の内容とは異なり、鄭元秘書官が朴会長から受け取ったとされる数億ウォンは、鄭元秘書官本人のものであり、権良淑夫人に朴会長から渡った金とは別個のものだと伝えられた。

鄭元秘書官は2007年12月、盧前大統領の姪婿の依頼で朴会長に電話し面会を求めている。
また、同年8月には、朴会長、姜錦遠(カン・グムウォン)チャンシン繊維会長と3人で会い、盧前大統領の退任後の活動資金準備に向けた財団設立などを話し合ったという疑惑もある。

中央捜査部は、鄭元秘書官の各種疑惑を調べ、大田地検が同日に横領などの疑いで事前拘束令状を請求した姜会長の身柄を確保すれば、姜会長が株式会社烽下に投資した70億ウォンの性格と、「3者会合」について捜査する考えだ。
また、前日には泰光実業の香港現地法人・APCの口座関連資料を香港司法当局から受け取っている。
これを分析し、500万ドルが姪婿にわたったかどうか確認できれば、娘婿も改めて出頭させる方針だと伝えられた。

韓国の大統領は退任すると、投獄されてしまうことが続いてきましたが、今回もまた同じようことになるのでしょうか?

それにしても、一方でワイロ疑惑があり、片方で「大統領の生家を国の予算で整備」というのはどういう事なのでしょうか?
韓国の問題点として、企業活動では中小企業が弱体で、大企業への過度の集中を指摘する声が続いていますが、行政についても過度の権力の集中と見ざるを得ないところが、何事も中央政府の意向次第、といったところを感じます。

過敏に過ぎる、といったことかと感じます。

4月 8, 2009 at 08:04 午前 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/44602641

この記事へのトラックバック一覧です: 盧武鉉前大統領が謝罪:

コメント

コメントを書く