« 個人情報保護・国が敗訴して損害賠償 | トップページ | 麹町でクレーン転倒・その2 »

2009.04.14

麹町でクレーン転倒

読売新聞より「クレーン転倒、歩行者1人が重体…東京・千代田区

14日午前11時10分頃、東京都千代田区麹町4のマンション建設工事現場で移動式の大型クレーンが横転。工事現場に面した国道20号で信号待ちしていたトラックがクレーンのアームの下敷きになった。

東京消防庁と警視庁麹町署によると、この事故で、歩行者2人が巻き込まれ、うち1人が重体となっている。

アームは新宿方面に向かう下り線の3車線をふさぐようにして倒れており、警視庁などによると、下敷きになった2トントラック内に男性運転手(29)など3人、クレーン内にオペレーターの男性(38)の計4人が一時、閉じこめられた。午後0時10分現在、4人はいずれも救出されたが容体は不明。また、事故に巻き込まれた歩行者のうち、40歳代の女性が病院に搬送されたが意識不明の重体、男性(33)が軽傷の模様。

現場の国道20号はJR四ツ谷駅から皇居に向かう主要道路(新宿通り)で、周囲には上智大学などの学校や各国大使館のほか、オフィスビルやマンションなどが立ち並ぶ人通りの多い地域。

現場では、クレーン車が工事の囲いをなぎ倒し、歩道と通りの片側3車線をまたぐ形で倒れていた。中央分離帯に近い追い越し車線では、トラックが下敷きになり、運転席が押しつぶされた状態になっていた。

歩道には通行人らしい男性が頭を押さえてぼうぜんとした様子で立っていた。

現場向かいの会社内で勤務中だった会社員男性(47)は、「交通事故のようなガシャンという音がして外に出たら、工事現場のクレーンがトラックの運転席付近に倒れているのが見えた。トラックの運転席にいた男性は、足を挟まれているようで運転席から出られないようだったが、上半身は動いていた」と驚いた様子で話した。 (2009年4月14日12時58分 読売新聞)

このあたりは、法律事務所がたくさんあるところで、わたしの知っている弁護さんの事務所が複数ありますし、大勢の知人がいる地区でもあるので、誰かが何らかの被害に遭っていないかとちょっと心配しました。

報道には現時点では出ていませんが、新宿通のこの地区(麹町)の古いビルは再開発中です。
新宿に向かって左側のビル群が建て替えになります。

今回事故を起こした工事現場も正に立て替えのための取り壊しをしていたビルで、何年もウロウロしている地域ですから、写真を見ただけで分かってしまいました。
昨日は、幼稚園の送迎バスが民家に突っ込むという事故が大田区矢口でありましたが、ここは大学まで住んでいたところですから、裏道も含めてよく知っているところでした。

立て続けに知っているところで事故というのは、イヤなものですね。

4月 14, 2009 at 01:33 午後 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/44667455

この記事へのトラックバック一覧です: 麹町でクレーン転倒:

コメント

場所はどこなのか教えてもらえますか?

投稿: nana | 2009/04/14 14:25:58

ここですね
取り壊していたのが「第7麹町ビル」、向かい側が東京トヨペットです。

http://maps.google.co.jp/maps?near=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%BA%E9%BA%B9%E7%94%BA%EF%BC%94%E4%B8%81%E7%9B%AE&geocode=&q=%E7%AC%AC%EF%BC%97%E9%BA%B9%E7%94%BA%E3%83%93%E3%83%AB&f=l&sll=35.684135,139.736524&sspn=0.00117,0.001518&ie=UTF8&ll=35.683784,139.7364&spn=0.00234,0.003036&z=18

投稿: 酔うぞ | 2009/04/14 14:37:38

大変ご丁寧に、どうもありがとうございます。

投稿: nana | 2009/04/14 16:10:26

矢口あたりで事故だから、昔ネコバス走らせてた(幼)かと思ったら、駅2つ離れた鵜の木(幼)のバスなんですね。
オイラの時代はよかったなーー。当時は地元小学校区だけで定員オーバーが当たり前で園庭に歓声がこだましていたけど、少子化で地域だけじゃ経営が成り立たず、遠くの小学校区まで行って園生集めてるんですね。

投稿: 昭ちゃん | 2009/04/14 19:27:56

連投御免。

あーあ、又もですか。当たり前の注意を忘れたんですね。
クレーンがひっくり返るのは、たいてい地面が不安定なのに鉄板敷かなかったか、吊った物が重すぎた、ただ重心外した、アウトリガー延ばし忘れ、でほぼ100%。同じ失敗をしちゃったんでしょう。
過負荷はブザー鳴るけどそれ以外は鳴らないから、なんて屁理屈聞いたこともあったなー。でもこれは理由になりません。現場が急がせたから、なんてーのも理由にはならない。
でも結局、クレーンオペレーターが泣いて終わりかも。

投稿: 昭ちゃん | 2009/04/14 19:35:50

写真見る限り、アウトリガー出してないような。
ニュースに出てた解説者で、アウトリガーに言及してた人いなかったな。

鉄板の下の地盤がゆるんで、とか何とか言ってた奴がいたけど、鉄板敷いてアウトリガーいっぱいに張り出したら、鉄板の下の地盤のゆるみなんて、無視できるって。
それでも転倒するようなら、地盤が広い範囲で陥没ってレベルだろ。

投稿: クロ猿 | 2009/04/16 13:53:59

勘違いしてた。
あのクレーン、クローラー式だから、
アウトリガーついてないや。

投稿: クロ猿 | 2009/04/16 14:17:36

大体の原因は分かってきたようですが、いつものパターンです。ルール無視ということです。ずいぶん昔にくい打ちの立会に行ったことがあるのですが、先輩がくい打ち機の横ではなくて前後に居ろと言っていたのを思い出します。要するに重機の転倒事故はよくある事故だということです。

建設工事はひとつ一つが条件の違う屋外現場作業なので難しい面があるのですが、人間がルール無視を行うというフールプルーフの考えがもう少し導入できないかといつも思います。つまり、ルール無視をすればロックして倒れないクレーンの開発です。無理かなあ。

建設現場では「安全意識の向上」が念仏のように唱えられていますが、事故を減らしてきたのはそんな精神論よりも安全設備の開発ではなかったかと思います。

投稿: zorori | 2009/04/18 8:19:09

コメントを書く