« GMとクライスラーに最終通告 | トップページ | GM・CEOが交替したのだが »

2009.03.31

新自由主義はすでに古い!

サンケイ新聞より「ソニー大卒採用半減 平成21年春、業績悪化で

ソニーは31日、平成22年春に入社する大卒の採用者数を前年比48%減の280人とする計画を明らかにした。世界同時不況で業績が大幅に悪化しており「会社を取り巻く環境が変化し、採用を厳選する」と説明している。

日立製作所や東芝、NECなど電機各社も22年春入社の採用数を絞り込んでいる。

採用数の内訳は、技術系が200人、事務系が80人。21年度に300人だった経験者の採用は、当面は凍結するという。

ソニーは薄型テレビなどエレクトロニクス事業が不振に陥り、21年3月期の連結決算で2600億円の営業赤字に陥る見通し。国内外で1万6000人以上の従業員を削減する計画を打ち出している。

今や珍しい事ではないから、この記事をわざわざ取り上げたわけではない。
単なるきっかけです。このページの下には関連ニュース一覧が出ています。

現在の国際通貨危機のような様相になったのは、昨年後半でようやく半年すぎたところといって良いでしょう。
少なくとも昨年の春の段階で今年度の新入社員募集がこのような事になるとはほとんどの人が想像していなかったでしょう。
中に「おいおい大丈夫か?」という企業もありましたが、多くはこれまでに破たんしています。

企業の移り身の速さには驚嘆するところですが、これは物理現象として考えると安定性の欠如そのものでしょう。

レースカーとか戦闘機といった「動くことが目的の機械」では運動性を高めるために、安定性を低くします。
これがやり過ぎたり、適応領域を外れると「発振」して暴走します。

新自由主義が「過去からの脱却」の目標として「とりあえず壊す」ことに注力した結果、安定性が減って、当然のことながら運動能力が高まった。

社会にとって、過度の安定とは中世暗黒時代であり、過度な不安定とは戦国時代とか革命の時期に相当するのでしょう。
考えるまでもなく明らかなのは「適度な安定性が必要」なのであって、これほど急激に新入社員募集を削減するとは、企業全体の不安定がドンドン高くなることに等しいでしょう。

わたしには、明らかに新自由主義が行きすぎであって、すでに間違えている段階であり、総合的に「新自由主義からの脱却」が必要な時代になってきた、と感じるのです。

3月 31, 2009 at 12:13 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/44520458

この記事へのトラックバック一覧です: 新自由主義はすでに古い!:

» 不注意からの就職氷河期 トラックバック 理経済
今日、2月の有効求人倍率が発表されました。これによると、2月は0.59倍と03年 続きを読む

受信: 2009/04/01 2:00:08

コメント

コメントを書く