« 「親権」の重さを示す例。 | トップページ | 裁判員制度・いよいよ本番 »

2009.03.16

高速バス・エンジンから出火全焼

朝日新聞より「走行中の高速バスから出火 78人避難 静岡・東名高速

16日午前4時15分ごろ、静岡県牧之原市の東名高速上り線で、走行中のジェイアールバス関東(本社・東京都)の大阪発東京行きの高速バスから出火。バスは近くの牧之原サービスエリアに緊急停車したが、全焼した。
乗客77人と男性運転手(43)は避難してけがはなかった。

牧之原署によると、走行中に運転手がサイドミラーでバス後部から火が出ているのを見つけたという。エンジンルームから出火したと見られる。

バスは、ドイツのバス車体メーカー「ネオプラン」社製の2階建てバス。
08年5月には、西日本ジェイアールバスの同社製バスが大津市の名神高速道路上り線を走行中、エンジン付近から出火して全焼している。

バスは15日午後10時40分にJR大阪駅を出発、16日午前8時9分にJR東京駅に着く予定だった。
ジェイアールバス関東によると、乗客はJR静岡駅まで別のバスで移動後、新幹線に乗り換えたという。

写真で見ると、サービスエリアの駐車区画に正常に駐車した後に燃え上がったようですから、比較的安全ではあったようです。

トラックも含めて、大型自動車が燃え上がると、荷物の焼失など相応の被害が発生しますが、一方で大型車ディーゼルエンジンが多いので出荷しても比較的ゆっくりと燃え上がります。
出火の初期段階で、消火に成功すれば荷物の焼失などには至らないでしょうし、自動車も修理可能な損害で済むかもしれません。

消火装置をエンジン周りに付けておくのは保険として有効なのではないでしょうかねぇ?
この種の事故を見るたびに思います。

3月 16, 2009 at 12:04 午後 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/44365609

この記事へのトラックバック一覧です: 高速バス・エンジンから出火全焼:

» ネオプラン社製 トラックバック できるビジネスマンのチェックリスト
23000円→18400円チョロQ日本製A-11 VW ネオプラン・バス 二次製品 オレンジ商品価格:19,320円レビュー平均:0.0 東京駅~筑波大学のつくば号高速バスにドリーム大阪号の三菱ふそうエアロキング&.... 東京駅~筑波大学のつくば号高速バスにドリーム大阪号の三菱ふそうエアロキング&ネオプランスカイライナーが運行日の昼間の便につくば号として運行されてるんですか?(続きを読む) 沖縄旅行 プラン 沖縄旅行 プラン3月29日から三泊四日で初めて沖縄旅行に行きます。 大人2人... 続きを読む

受信: 2009/03/18 21:19:19

» ネオプラン 全焼 トラックバック 仰天最新ニュース
モノトーン系お洒落なデザイン:ネオプランツ・ブラックココヤシ玄関マット!商品価格:2,625円レビュー平均:5.0 バス全焼?同社は、火災の起きたドイツのネオプラン社製バスを2002年に1台、03年に3台購入。うち2台を06年、西日本ジェイアールバスに売却した。 西日本ジェイアールバスの火災は昨年5月29日、大津市の名神高速上り線を走行していた大阪発東京行き ...(続きを読む) ネオプランネオプランは、ドイツ本社のバス車体メーカーです。 今回の東名高速で同社製のバスが出火しました。 被害者が出な... 続きを読む

受信: 2009/03/19 17:57:05

コメント

このメガライナーと言うバス、日本に4台あります。
記事にもあるとおり、08年5月29日未明にも名神高速走行中の西日本JRバス所有の大阪駅発東京駅行き「青春メガドリーム大阪2号」1台が焼失し、今度はJRバス関東所有の車両で大阪駅発東京駅行き「青春メガドリーム2号」の焼失です。
なんで再び、同じ東京行「青春メガドリーム2号」でエンジン付近から出火したのですかねー。所有者は異なります。エンジン・車体に欠陥があるのか、はたまた西(の方角)の方の整備が悪いのか。

投稿: 昭ちゃん | 2009/03/16 15:08:27

途中でうっかり送信ボタンを押してしまったので、続きです。

出火原因もさることながら、走行中の火災ではほぼ毎回のように「全焼」。エンジン廻りに消火装置は必要ですね。特に、夜行バスだと熟睡中に火災発生では、落ち着いて避難だとしても、あの狭いバスの中はパニック状態でしょう。

たまに2階建て夜行バスに乗りますが、さあ停車したから車外避難、と言われても、出口のドアは広くはないし、通路は折れ曲がっていて通りにくいです。2階から外に出るって出口いくつあったかなー。バス会社のHP内でも出口表示見たこと無いですね。

高速バスに限らず走行時火災の避難対策はもちろん、消火対策は法令変えてでも実施してもらいたいです。

投稿: 昭ちゃん | 2009/03/17 2:49:16

ニュースの事故写真見ましたが丸焼けですね。ちょっと避難が遅れたら犠牲者が出たであろう怖いことでした(飛行機事故並みだ)。ハイパワーのエンジン自体に問題は無いんでしょうがエンジン回りの車体、客室との遮熱構造に余裕がないか?なんでしょう。もちろん試作段階でフィールドテストも相当やってるんでしょうけど何らかの条件が重なったとき局部的に温度上昇が発火点超えてしまうような部分があるのではと推測します。

投稿: テスラ | 2009/03/18 0:43:40

実は今回火災を起こした車、去年東京行ったとき乗ったんですわ……。

投稿: 雪兎 | 2009/03/23 20:42:00

MD11が着陸時にすっころんでひっくり返るのも、今回が初めてじゃ無かった一度あることは二度ある。二度あることは三度、三度あ・・・。ある一機種、一車種に事故・故障が集中すると言うのは歴然と存在するんですね。

投稿: 昭ちゃん | 2009/03/24 23:03:28

MD11については「書けよ」と言われましたが(^_^;)
あまりにネタありすぎで書けない。

DC10まで含めると、異様に変な事故に関わってますよ。

やはりここはお祓いをするのが良いのではないのか?と思ってしまいます。

ただ、飛行機が変な事故を起こすケースを良く見てみると、ちょっと世の中をなめている、といった印象の設計が多いように感じます。

民間機では死亡事故が目立ちますが、軍用機ではコスト問題で使用されなくなる例が多いようです。
まあ、何事もその時点の理想を追求しても、時代が移り変わると「役立たず」とされるのが世の常でしょう。

投稿: 酔うぞ | 2009/03/24 23:22:46

コメントを書く