« 丹波ナチュラルスクール・もう一つの事件 | トップページ | シンドラーエレベータ事故・メーカの担当者を立件 »

2009.03.30

GMワゴナー会長辞任ではあるが

日経新聞より米GMワゴナー会長、辞任へ 米メディア報道

【ニューヨーク=小高航】
経営危機に陥っている米ゼネラル・モーターズ(GM)のリチャード・ワゴナー会長兼最高経営責任者(CEO=56)が辞任する見通しとなった。

複数の米メディアが29日、報じた。30日に米政府が追加支援策を打ち出すのに合わせ、経営責任を明確にするもよう。

後任は未定。
ワゴナー氏は2000年6月にGMのCEOに就任。

しかし大型車への傾斜が裏目に出て、08年までの4年間で計820億ドル(約8兆円)もの最終赤字を計上。
昨秋の金融危機で資金繰りが悪化し、巨額の政府支援を受け経営再建を目指していた。 (06:44)

ロイターより「米GMのワゴナーCEO、政府の要請で辞任へ=ホワイトハウス当局者

[ニューヨーク 29日 ロイター]
米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N: 株価, 企業情報, レポート)のワゴナー最高経営責任者(CEO)は、オバマ政権の要請を受け、辞任することに合意した。
ホワイトハウス当局者が29日明らかにした。

オバマ大統領は30日に経営再建中のGMとクライスラー[CBS.UL]に対する追加支援計画を発表するとみられている。

NEW YORK TIMES より「G.M. Chief Is Said to Be Resigning in Deal With U.S

DETROIT ―
The chairman and chief executive of General Motors, Rick Wagoner, resigned Sunday as part of a broad agreement with the Obama administration to funnel more government aid to the ailing auto giant, according to people close to the decision.

Mr. Wagoner, who has served as G.M.’s top executive since 2000, agreed to step down after it was requested by the president’s auto task force.

G.M. had no immediate comment on the stunning development, which happened on the eve of Mr. Obama’s announcement on Monday detailing his rescue plans for G.M., Chrysler, and the larger American auto industry.

But people in the company said G.M. would issue a statement on Mr. Wagoner after the president unveils his plan in Washington.

“The bigger surprise is not that he resigned. That was going to happen sooner or later,” said Michael Useem, professor of management at the Wharton School at the University of Pennsylvania. “But the moment seems inexplicable.”

The president’s task force is expected to recommend more short-term aid for G.M. and Chrysler, but with tight strings on the money and a deadline on getting concessions from union workers and creditors.

A person with direct involvement in the auto bailout discussions said the administration would set a new deadline of April 30 for the automakers to come to terms with the bondholders and the union.

“Thirty days from now, there will either be a bankruptcy or the naming of a chief restructuring officer who will have government authority to ‘knock heads together,’ ” this person said. In addition, the government must come up with a backup guarantee on loan for G.M. to operate during bankruptcy because the banks will not do it.

G.M. and Chrysler have almost exhausted the $17.4 billion in federal aid the two companies have received since December. G.M. has asked for up to an additional $16.6 billion, and Chrysler has requested another $5 billion.

According to people close to the talks, the task force will be treating G.M. and Chrysler differently with respect to their restructuring plans and aid requests.

Chrysler has submitted a stand-alone revival plan, but has also proposed entering a global alliance with the Italian automaker Fiat.

People with knowledge of the task force’s deliberations said that members so far are looking favorably on the deal, which would give Fiat a 35-percent stake in Chrysler in exchange for providing small cars and engines to the American company.

Like Chrysler, G.M. submitted a restructuring plan in February for the government that called for cutting 47,000 jobs worldwide and drastically shrinking the company’s models, brands and dealers.

But people close to the auto task force said some of its members considered the plan inadequate to transform G.M. into a profitable enterprise.

Mr. Obama, in comments in a televised interview on Sunday, said neither G.M. not Chrysler had yet to meet the conditions of their existing loans.

“That’s going to mean a set of sacrifices from all parties involved ― management, labor, shareholders, creditors, suppliers, dealers. Everybody’s going to have to come to the table and say it’s important for us to take serious restructuring steps now in order to preserve a brighter future down the road,” Mr. Obama said in a taped interview on the CBS news program “Face the Nation.”

While President Obama did not specify a need to replace Mr. Wagoner at G.M., the president has repeatedly cited mistakes made by management as a contributing factor to the industry’s troubles.

Mr. Wagoner was not available for comment, according to people at G.M. As recently as March 18 he said in an interview that he did not consider his job at stake in his discussions with the president’s auto task force. “They so far haven’t commented on that,” he said.

Administration officials stopped short of saying that Mr. Wagoner was forced out, only that he was asked to leave and agreed, according to people with knowledge of the decision.

A person close to discussions said that G.M.’s president, Frederick A. Henderson, or possibly a board member, would serve as chief executive on an interim basis, but that the task force planned to recruit an outside restructuring specialist to run the company.

Mr. Wagoner’s departure at G.M. marks an end to a corporate hierarchy that spanned generations. The only previous G.M. chairman to leave under duress was Robert C. Stempel, who was force to resign in 1992.

Mr. Wagoner, a graduate of Duke University and the Harvard Business School, vaulted into Detroit’s consciousness in 1992, when he was named G.M.’s chief financial officer at the age of 38. He was a prote'ge' of G.M.’s former chief executive, John F. Smith Jr., who ran the company after Robert C. Stempel resigned in October 1992.

Mr. Wagoner stepped in when G.M.’s purchasing chief, Ignacio Lopez de Arriortua, left for Volkswagen in 1993. A year later, Mr. Wagoner was named president of G.M.’s North American operations, and was elevated to president of the company and its chief operating officer in 1998. He succeeded Mr. Smith as chief executive in 2000, and became G.M.’s chairman in 2003.

Mr. Wagoner followed Mr. Smith in expanding G.M.’s operations outside the United States. In 2007, G.M. sold more vehicles outside North American than it did in its core market, thanks in part to Mr. Wagoner’s aggressive pursuit of sales in China, Latin America and eastern Europe.

But G.M.’s share of its most important market, the United States, declined steadily under Mr. Wagoner. In 1994, when he took charge of North America, G.M. held 33.2 percent of the American market. Last month, G.M. held only 18.8 percent of American auto sales, according to statistics from Motorintelligence.com, which specializes in industry data. Auto sales in February were the worst for the industry since 1981.

Shortly after taking the chief executive’s job, Mr. Wagoner predicted that G.M. could earn as much as $10 a share by the middle of the decade, due to efforts the company expected to take to cut its costs, transform its operations and grow its business.

Last year, Mr. Wagoner led the celebration for G.M.’s 100th birthday, promising to steer the automaker into its next century with new technology and a renewed vigor. But G.M. collapsed last fall when new-vehicle sales in the United States plummeted to their lowest level in 25 years. G.M. lost more than $30 billion in 2008, and has been subsisting on government loans since the beginning of the year.

As G.M.’s biggest defender over the years, Mr. Wagoner has long been the target of critics including shareholders.

“He’s a victim of problems that his predecessors did not solve, but he’s also responsible for where G.M. is today,” Mr. Useem said.

Bill Vlasic reported from Detroit and Sheryl Gay Stolberg from Washington. Micheline Maynard contributed reporting from Detroit.

Google による機械翻訳

デトロイト-
ゼネラルモーターズ、リックワゴナー会長兼最高経営責任は、オバマ政権との広範な合意には、経営難の大手自動車メーカーへの政府援助目標到達プロセスの一環として、人々は近くの決定によると日辞任した。

ワゴナー氏は、 GM社の最高経営責任者として2000年から提供しており、後には、大統領の自動タスクを強制的に要求されたステップダウンすることで合意した。

G.M.素晴らしい開発には、オバマ氏の発表日の前夜にGMは、クライスラーは、米国の自動車業界向けの大型の救助の計画の詳細が起こったのでコメントした。

しかし、会社の人々とG.M.後は大統領ワシントンの彼の計画を発表ワゴナー氏の声明を発表するだろう。

"辞任は大きな驚きではない。は、遅かれ早かれが起きようとしていた"とマイケルユシーム、ペンシルベニア大学ウォートンスクールで経営の教授は述べた。 "しかし今のところ不可解なようだ。 "

大統領の作業部会をもっとGMの短期的な援助をすることをお勧めする予定だとクライスラーが、資金がタイトな文字列や労組員、債権者から譲歩を得る上で締め切り。

自動救済議論に直接的な関与を持つ人は、政権は、自動車メーカーのための社債権者との連合を受け入れることが4月30日の新たな期限を設けると発表した。

今から" 30日間は、いずれかの政府当局者は、 '一緒に頭をノックする必要がありますが倒産やリストラ長は役員の命名され、 "この人だ。また、政府は遺伝子組み換えでバックアップのためのローン保証を打ち出す必要がありますこれは、銀行が倒産時に動作するようにするのは無理だ。

G.M.とクライスラーの2006年12月以来、ほぼ2社を受けている連邦政府の援助で、 17400000000ドル枯渇している。 G.M.最大16600000000ドルの追加を要求しており、クライスラーの50億ドルを要求している。

交渉に近い筋の人々によると、 GMはこのタスクフォースは治療されるとクライスラーのリストラ計画や援助を求めたが、異なる点です。

クライスラーは、スタンドアロンの再生計画案を提出しているイタリアの自動車メーカー、フィアットは、世界的な同盟関係を入力すると提案している。

このタスクフォースの審議の知識を持つ人々は、メンバーがこれまでのところ好意的に対処するには、フィアットは35 %の株式を保有すると、クライスラーに小型車や米国の会社にエンジンを提供と引き換えに、探していると述べた。

クライスラー、 G.M.同様2007年2月に政府は、世界の47000の仕事は、同社のモデルを大幅に削減、ブランド、販売店の縮小を求めるためのリストラ計画を提出した。

だが、人々は近くの自動タスクを強制的に一部のメンバーとGMの計画を変えるには不十分な考え企業の利益に。

オバマ氏は、日曜日にテレビのインタビューで、コメント欄では、ともGMのクライスラーは、まだ、既存の融資の条件を満たす必要があった。

"それはすべての関係者-管理、労働者、株主、債権者、サプライヤー、販売店からの犠牲のセットを意味するだろう。みんながテーブルに来ているだろうし、我々にとっては深刻なリストラ対策を講じるためには、道路下の明るい未来を維持することが重要だと言う、 "オバマ氏は、 CBSのニュース番組の録画インタビューをしている"フェイスザネーション"

オバマ氏は大統領が必要でGMのワゴナー氏の代わりに指定していないが、大統領の過ちを繰り返して管理して、業界の問題に貢献した要因として挙げている。

ワゴナー氏のコメントは、人々によるとGMのでは利用できませんでしたつい3月18日のインタビューで彼は彼が大統領の自動タスクフォースとの議論にかかって自分の仕事を考慮していない。その上でコメントしていない"彼らは今のところがある"と述べた。

ワゴナー氏によると、政権を余儀なくされた、彼だけを残すように頼まれたと合意したとまでは言わずに、その決定の知識を持つ人々に応じて停止した。

議論に近い人は、 GM社の社長は、 1つの。フレデリックヘンダーソン、または可能性のボードメンバーになると、最高経営責任者として、暫定的にはなるが、タスクを実行する力は、企業のリストラは、外部の専門家を採用する計画を明らかにした。

ワゴナー氏はG.M.で出発その世代のスパンは、企業の階層に終止符をマーク。唯一の前G.M.委員長に脅迫されて残すロバートCステンペルは、 1992年に辞任を強制されました。

ワゴナー氏は、デューク大学を卒業し、ハーバード大学ビジネススクール、 1992年にデトロイトの意識吹き抜けには、彼がGMの最高財務責任者38歳で指名された。彼はprote'ge '者ロバートCステンペル1992年10月に辞任した後、同社はGMの元最高経営責任者、ジョンFスミスジュニアのだった。

ワゴナー氏は、 GMの購買部長が、イグナシオロペスデArriortua 、 1993年にフォルクスワーゲンの左側にある。その1年後には、ワゴナー氏は、 GMの北米部門の社長は、命名され、会社の社長と最高執行責任者に、 1998年に昇格した。彼は2000年に最高経営責任者として、成功したとスミスさんは2003年にGM社の会長に就任。

GMのワゴナー氏は、米国外の事業拡大にスミスさん続いた。 2007年には、 G.M.中国、中南米、東ヨーロッパでの売上高のワゴナー氏は積極的に追求する部分で、北米以外の販売よりもさらに車の中核市場では、感謝します。

しかし、その最も重要な市場のGMのシェアは、アメリカ合衆国、ワゴナー氏の下で着実に減少した。 1994年には、彼が北米は、 GMを担当した米国市場の33.2パーセントを開催した。先月、 G.M.アメリカの自動車販売は18.8 % 、 Motorintelligence.comは、業界に特化データの統計によると開催した。 2007年2月の自動車販売は、業界にとって1981年以来、最悪だった。

近く最高経営責任者の仕事を受けた後、氏は、 GMのワゴナー予測この10年間の半ばまでに、同社はコスト削減の努力を期待するために、その操作を変換し、ビジネスを成長により1株当たり10ドルとして獲得する可能性がある。

昨年は、ワゴナー氏は、新しい技術と気合を入れて、その次の世紀への舵取りをする有望な自動車メーカー、 GMの100歳の誕生日のお祝いを主導した。しかし、 G.M.最後に、米国で新車販売25年ぶりの低水準に急落した秋崩れ落ちた。 G.M.し、 300億ドル以上を失った2008年に政府の融資で、今年の初めからsubsistingされています。

年間ではGMの最大の擁護者としては、ワゴナー氏は、株主などの批判の標的にされています。

問題の"被害者は自分の前任He'sa解決しなかったが、彼にも責任があるのは、 GMの本日、 "ミスターユシームいる。

法案Vlasicデトロイトとシェリルシュトルベルク同性ワシントンから報じた。 Michelineメイナードデトロイトからのレポートです。

どうも素直に巨大企業が業績不振の責任を取ったとは読めないですね。

考えてみると、GMのまずかったところは、過度にアメリカ国内向けに傾斜した車種開発であったために、海外では全く販売が出来ず、同時に省燃費車も開発できなかった、といったところであって、販売不振そのものは米国国内の極端な景気悪化の問題でしょう。

多分それを理由にして、自ら辞任することはないという立場であったのでしょうが、オバマ政権は許さなかった。
国が救済資金を出しているし、さらなる資金投入が必要とされる状態では「前経営者が辞任しないと話が進まない」というシナリオなのでしょう。

しかし、GMについてだけ考えても、全米自動車労組の合意が無くては、資金需要の縮小も出来ません。さらに、米国国内での経営責任を考えると、複数の金融機関の経営者の行動が問題になっているわけで、米国全体としてはうまく解決できないのではないか?と感じます。

元もと、1945年に第二次大戦が終結した段階では、米国だけが生産力が無傷な先進国でした。
その後、先進国ではほとんど戦争がなかったから、各国の経済競争力は上がり本質的にはアメリカは経済的競争で徐々に圧倒的リードから普通の国なるはずだったところが、結局は為替操作で、自国が有利になるように立ち回っていた、ということなのでしょう。

だからこそ、為替レートが問題になるわけですが、経済力そのものの競争ではないから、いわば競争ルールの方を変更し続けて来たわけで、限界に達してしまったらどうするのか?という問題に直面しているだと思います。

オバマ政権が、意外なほど表面的というか帳尻合わせのような選択をしているように見えます。
間違えなく世界経済危機ですが、オバマ政権が短期で収束させるのではないか思っていたところが、予想に反して長期に渡って世界不況が続くのではないか?さらには、資源戦争に発展するのではないか?という不安を感じます。

3月 30, 2009 at 09:59 午前 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/44510160

この記事へのトラックバック一覧です: GMワゴナー会長辞任ではあるが:

» ワゴナー氏辞任 トラックバック ぼちぼち、いんぐりっしゅ
http://www.reuters.com/article/topNews/idUSTRE52S1VV20090330?sp=true ↑ロイター通信のHPから GM CEO forced out as U.S. readies more auto aid GMのCEO、アメリカ政府の更なる自動車産業救済受け辞任 Sun Mar 29, 2009 9:56pm EDT←投稿時間 By John Crawley and Kevin Krolicki 記者の名前 === 先ほど「辞任へ」..... 続きを読む

受信: 2009/03/30 12:01:46

» 経営難に陥っている米自動車大手企業の行方 トラックバック 経済常識の情報ブログ
米国の基幹産業である自動車業界は世界規模での自動車販売不振という苦境にある状態のようです。アメリカのみならず日本でも自動車産業の不振が大きく取り上げられています。自動車業界は各社共にしのぎを削って生産台数の増加と、新技術の開発に取り組んできました。... 続きを読む

受信: 2009/03/30 21:35:59

» GMのワゴナー会長が辞任 「最後のカード」は切ったが再生できるのか トラックバック ハズレ社会人
オツカレです。 AIGと同様な話であるが経営陣というのはいつ辞めても過去の法外な報酬で生活は安泰となるのだ。しかしこれをアメリカンドリームといって良いのか。 [30日 日経]ワゴナー会長辞任、GM再建「最後のカード」  米ゼネラル・モーター... 続きを読む

受信: 2009/03/31 9:32:17

コメント

コメントを書く