« 理不尽は刑罰の対象になりうるか? | トップページ | SFCG(旧商工ファンド)破たん »

2009.02.22

パトカーが無人で発進したというが

サンケイ新聞無人パトカー民家に突っ込む 乗らずにエンジンかけたら急発進」、朝日新聞パトカー民家に衝突 ギア入れたままエンジン始動 秋田日テレニュース24無人のパトカーが急発進、民家に衝突 秋田」と報じられている事件です。

秋田市山王中島町の秋田中央署山王交番で、女性警察官が車に乗り込まないままパトカーのエンジンをかけたところ急発進し、パトカーは無人のまま県道を横断して民家に衝突していたことが22日、分かった。けが人はいなかった。

同署によると、事故は21日午後1時ごろ発生。無人のパトカーは片側3車線の県道の中央分離帯も乗り越え、県道反対側の民家の玄関を壊して止まった。パトカーはマニュアル車で、ギアを入れた状態で駐車していたのに気付かなかったという。

県警は「被害者にはおわびして全額弁償するとともに、女性警察官に厳しく注意するなどして、再発防止に努めたい」としている。

秋田市山王中島町にある秋田中央署山王交番で21日、無人のパトカーが急発進し、県道(山王大通り)を横断、向かいの民家に衝突していたことが、秋田中央署への取材でわかった。民家の玄関の一部が破損したが、けが人はいなかった。

同署によると、21日午後1時ごろ、交通事故が起きた現場に向かおうとした同交番勤務の署員が、パトカーに乗り込まずにドアを開けてエンジンをかけたところ、いきなり発進したという。凍結を防ぐためとしてサイドブレーキをかけておらず、ギアも入れた状態で駐車していたことが原因とみられる。パトカーはマニュアル車だった。

同署は当日、事故を発表していなかった。「軽微な事故なので広報事案にあたらないと判断した」としている。民家の破損部については全額弁償する方針という。

秋田市の交番で21日、パトカーが無人のまま急発進し、民家に衝突した。ケガ人はいなかった。

事故があったのは、秋田市山王中島町の秋田県警秋田中央署山王交番。秋田中央署によると、21日午後1時ごろ、交通事故の現場に出動しようとした警察官が、パトカーに乗り込まずにエンジンをかけたところ、急発進した。パトカーは無人のまま県道を横切り、中央分離帯を乗り越えて県道を挟んだ民家に衝突した。この事故で、民家の玄関のガラスが割れたが、ケガ人はいなかった。

パトカーはマニュアル車で、警察官はギアを入れたままの状態で駐車していたことに気付かなかったという。また、サイドブレーキはかけていなかった。

秋田中央署は「被害者には21日に謝罪した。被害は全額弁償することにしている。再発防止策を講じたい」と話している。

重大事故にならなかったようなので、そこはラッキーであったというべきなのでしょうが、単に乗り込まないままでエンジンを掛けたということなのか?と思うのです。

新聞の論調には「ギアを入れて、サイドブレーキを引かないまま駐車していたこと問題」のようにとれる記事がありますが、凍結対策のためにサイドブレーキを引かないことは珍しくなありません。

一方、運転者が乗り込まないでエンジンをスタートさせることはあることで、マニュアル車ではそのまま動き出す事がありますが、サイドブレーキを掛けていれば普通はその場でエンストします。

つまり、組合せとしてかなり具合が悪い状況だったとなりますが、そもそも運転者が乗り込まないでエンジンを掛けるとはどういう状況が多いのか?と考えると「キーを付けたままの場合」でしょう。

そうなると、パトカーと言っても軽自動車だろうと思うのですが、キーを付け放しで当然ドアをロックせずに駐車していた可能性が出てきます。
もしそういうことであったとすると、そっちの方が問題でしょう。

チョとした駐車でもエンジン切ることを強制するために、ドライバーとキーを繋いでしまってキーを抜かないと降りることが出来ない、という手法もあります。全体として何をやっているのか?は問題にするべきでしょう。

2月 22, 2009 at 06:29 午後 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/44142704

この記事へのトラックバック一覧です: パトカーが無人で発進したというが:

コメント

もう10年以上前から、MT車にはクラッチスタートシステムが搭載されてる筈なんですが...

10年以上もパトカー使い続けてるのならエコで宜しいんでしょうけど、警察が自ら改造してるとしたら違法な不良整備ですな(笑)。

その辺りが突っ込めない報道ってのもかなり情けないというか基礎知識が不足というかか....こっちも論外でしょう

投稿: wader | 2009/02/22 20:27:38

寒冷地ではサイドブレーキの凍結を避けるためサイドを使わずに止まる事もあると昔聞いた事が有るのですが
明らかに不注意ですねこの件は

投稿: プヒ | 2009/02/23 0:58:45

警察官は暖機をする目的で、パトカーに乗り込まずに運転席ドアを開けた状態でエンジンを掛けたのだと思います。で、ギアが入っていることを忘れて(or気づかず)ニュートラルに戻さなかったと。

ですから、
>キーを付け放しで当然ドアをロックせずに駐車していた
とは限らないですね。

投稿: Enzo Romeo | 2009/02/23 16:15:44

なんか、変ですね。

凍結防止でサイドブレーキをかけない場合は、当然ギアをニュートラルにはしません。そんなことすれば、人が押しても、風が吹いても動き出します。

そういう習慣になれていれば、ドアを開けた状態で外からエンジンを掛けるなどするはずがありません。

結局、寒冷地の習慣に慣れていなかったのでは。

投稿: zorori | 2009/02/24 7:12:57

あ、自分の車はオートマ車だったので、その習慣が出たというのはありえますね。

投稿: | 2009/02/24 7:16:16

今時の車は電子制御だからエンジンキーなんて単なる電源スイッチだと思い、ギヤが入っていればフェールセーフでエンジン始動しないと思ってました。免許持ってないから知らなかった・・・。

投稿: 昭ちゃん | 2009/02/26 22:28:41

コメントを書く