« パトカーが無人で発進したというが | トップページ | 平成電電事件・関係会社社長などに懲役刑 »

2009.02.23

SFCG(旧商工ファンド)破たん

日経新聞より「商工ローン大手のSFCG、民事再生法を申請 負債総額3000億円

東証1部上場の商工ローン大手、SFCG(旧商工ファンド)は23日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。

負債総額は約3000億円とみられる。

1978年に創業し中小企業向け融資を手掛けたが、強引な債権回収方法が社会問題となり信用力が低下。
融資先企業の経営悪化や金融危機の影響による資金調達難で経営が行き詰まった。

同社は1978年に創業。中小企業向けの小口融資で業績を伸ばしたが、債務者への強引な取り立てに批判が集まり、大島健伸社長(当時)が国会から参考人招致されるなど社会問題化した。

2002年に社名をSFCGに変更して信頼回復を目指したが、その後も利息制限法の上限を超える「過払い金」の返還や返済を巡るトラブルが相次いでいた。 (07:14)

ロイターより「商工ローンのSFCGが民事再生法を申請、負債総額3380億円

[東京 23日 ロイター]
SFCG(8597.T: 株価, ニュース, レポート)は23日、民事再生手続き開始の申し立てを東京地裁に行い、受理されたと発表した。

負債総額は3380億4000万円。

同社は、中小企業などに対する保証付き貸付(商工ローン)を中心に業務を展開してきたが、過払金返還請求の増加に伴い引当金の計上などがかさんだ。2006年に貸金業法が改正され経営環境が悪化した後は、不動産担保貸付業務を拡大したが、米国のサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題を発端として金融危機が深刻化し、金融機関からの資金調達が著しく困難になったと説明している。

なかでも不動産担保貸付業務については、不動産市況の悪化で新規貸付が減ったほか、既存貸付が返済不能になるケースが発生。SFCGの債務の返済に充てる資金がひっ迫した。

今後についてSFCGは、東京地裁の監督委員の監督の下でスポンサー選定を行い、決定次第、支援を得て事業再建を図るとしている。

SCFGの20日の終値は、前営業日比300円安の1292円だった。

(ロイターニュース 江本 恵美記者)

これ、再生できるものなのでしょうか?
もちろん、業務の内容次第ではあるのですが、元々が「企業向けだ」として実質は個人向けの高利貸しをやっていた、という業態であってそれが問題になったのが国会への参考人招致になったわけです。

その時点で、普通の金融会社になったのかと思っていたら、最近の金融危機に合わせてまたあまり普通ではないニュースが出てきていました。
とうとう、破たんというわけですが、なんとかなるものなのでしょうか?

2月 23, 2009 at 08:47 午前 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/44149702

この記事へのトラックバック一覧です: SFCG(旧商工ファンド)破たん:

» 商工ファンド Wiki トラックバック わくわくしたい
[経済]SFCG(旧商工ファンド)は再建をあきらめたそうです【概要】 ・民事再生手続き中の商工ローン大手、SFCG(旧商工ファンド)が清算手続きに入る方向で調整していることがわかった ・2月に民事再生法の適用を申請した後、債権の二重譲渡などの問題が次々に発覚。(続きを読む) SFCG破産手続きへ、地裁が民事再生手続き廃止決定先月、民事再生法の適用を申請し倒産した商工ローン最大手の「SFCG」(旧商工ファンド)が再建を断念し会社を清算する方向であることが明らかになりました。 東京地裁は民事再生手続... 続きを読む

受信: 2009/03/25 23:15:31

コメント

この件、サイトのIR情報とかをみれば分かるのですが、この破綻の前に役員報酬を倍増する決議を行っていたり、、、、他にも

http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/index.php?date=20090223

経営者責任の追及だけでは済まないでしょう。


投稿: わくたま | 2009/02/23 22:33:04

起き上がりこぼしみたいな会社だから、またもや「再生」して気がついたら又商売していた、になりそう。いいかげん「破産」「解散」に持って行ってもらいたい。

投稿: 昭ちゃん | 2009/02/26 22:21:51

コメントを書く