« 神世界・統一教会・L&G(円天) | トップページ | 続・ソマリアにP3Cを派遣するべし »

2009.02.12

神奈川県立の中高一貫校が始まる

読売新聞より「公立一貫校サクラサク

県内初の公立中高一貫校の県立平塚中等教育学校、県立相模原中等教育学校で11日、1期生となる今春の入学生の合格発表が行われた。いずれも募集定員と同じ男女各80人が合格、計320人が難関を突破した。

県教委によると、合格倍率は、平塚中等教育学校の男子は5・38倍、女子は7・41倍。相模原中等教育学校の男子は14・49倍、女子は18・04倍だった。全受験者は3625人で、平均倍率は11・33倍の狭き門だった。

相模原市相模大野の相模原中等教育学校では午前10時、合格者の受験番号が掲示されると、少し離れて待っていた受験生やその保護者らは一斉に近寄り、自分の番号を探した。合格した受験生は掲示板前で記念撮影したり、家族や友人に電話連絡したりしていた。

掲示板の自分の受験番号を携帯電話で撮影していた女子生徒は、「まだ実感がわかない。中高一貫だから友達もずっと一緒にいられるし、これからが楽しみ」と笑顔。母親(43)も「私立の伝統校も検討したけど、ここは少人数で勉強できるところがいい。合格して本当によかった」と胸をなで下ろしていた。

わたしが直接この話を聞いたのは、昨年の春でした。平塚中等教育学校、相模原中等教育学校はそれぞれ神奈川県立大原高校神奈川県立相模大野高校に中等学校を作ります。(呼び名が「中等学校」で良いのか「中等教育学校」にするのか分かりません)

公立の中学校が県立というのが、まず珍しいと言えます。

中等学校は、21年度は当然1年生だけで2・3年生が居ませんが、同じ敷地に高校生が1~3年生揃っていることになります。

つまり、同じ敷地に中等学校と高等学校が併設された状態で始まります。

これが、21年度入学の中学生が高校生になる、24年度には高校は新入生の募集を打ち切ります。そして、中等学校の4年生というか高等1年生というかが高校1年生の席に入ります。
その後、24年度の高校2年生が高校としては最後の生徒となり、25年度末で高校が無くなる。というスケジュールになります。

一見して、私立学校が以前からやっていた中高一貫教育とそっくりではないか、と感じますが多くの私立学校が、高校でも新入生が入学するところを中等学校は全くやりません。
その意味では「徹底した6年制度」と言えます。

わたしが参加しているNPOが双方の「高校」で授業を行っている関係で、よく知っているのですが県教育委員会も非常に力を入れて、実力のある先生方を配置しているように感じます。

2月 12, 2009 at 10:53 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/44035726

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県立の中高一貫校が始まる:

コメント

コメントを書く