« 2008年7月20日 - 2008年7月26日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »

2008.07.30

川の安全

読売新聞より「国交省、河川の親水公園など安全対策を緊急調査

神戸市灘区の都賀(とが)川で5人が濁流に流されて死亡した事故を受け、国土交通省は30日、全国の河川に設けられた親水公園などの安全対策について緊急調査を実施すると発表した。

現場に上流の集中豪雨を知らせる警報装置などが設置されていなかったことから、再発防止には安全対策の実態把握が不可欠と判断した。同省は調査結果を踏まえ、安全確保に向けた対応方針をまとめたいとしている。

調査は、国の出先機関などが管理する約1万4000の1級河川と、自治体が管理する約7000の2級河川が対象。親水公園や川辺の遊歩道などの「親水空間」や過去に急激に増水したケースの有無、増水への注意を呼びかける看板や警報装置の設置状況などを調べ、8月末をめどに集計する。

同省では昨年6月に作った河川水難事故防止の指針で、河川を管理する出先機関や自治体に、急激な増水への注意喚起を求める看板の設置などを呼びかけていたが、「緊急調査の結果、先進的な対策の事例があれば、広く紹介したい」(河川局)としている。

そういうことなのか?
都賀(とが)川とはここ 恐るべき一直線の川で、しかも上流の六甲川はもっと一直線。

さらに映像で見る通り護岸をコンクリート化して要するにダムの排水路のようなものにしているわけでしょう。
そこに鉄砲水的に水量が急激に増加するのは、正にそのために作った川ではないのか?

むしろ、そういうところに親水公園とか遊歩道を造ったことの方が問題じゃないですかねぇ?
いくら警報システムを整えても、鉄砲水状態に変わりはないでしょう。

鉄砲水になるようなところ人の立入を促進するようなヘンなことをしているところが問題だと思うのです。

7月 30, 2008 at 10:33 午後 事故と社会 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.07.28

教科書を厚くしよう

日経新聞より「教科書のページ倍増、教育再生懇が改革案

政府の教育再生懇談会(座長、安西祐一郎慶応義塾長)は28日、教科書の質や量を充実させる改革案をまとめた。

教室での使用を前提とした現行の教科書を、自学自習にも使える内容にするためのページ数の倍増と教科書の内容改善に向けた研究に関する体制整備などが柱。今秋にも福田康夫首相に提出する第2 次報告に盛り込む方針だ。

教科書は、1人で読んでも理解できるような練習問題や原典からの引用量を増やす。
学習指導要領以外の内容を教える発展学習などに充てる分量の上限の撤廃や、大学レベルの内容などの高校教科書への柔軟な記述も提言した。
こうした拡充には国語、理科、英語では現在の2倍のページ数が必要と試算した。

実際に高校の教科書をみてみると「絵本ではないのか?」と思うほどカラフルでかつ薄いのですが、書いてある内容は本質的には昔と同じ内容なので一行に複数の注意点があるなど、読むのに疲れてしまうようなものになっています。
厚くするとか、上限の撤廃などは当たり前でしょう。

なんでここまで、がんじがらめにしているのかさっぱり分かりません。
その意味では、わたしが基本的に反対する教育再生懇談会での議論としては良い意見だと思います。

7月 28, 2008 at 06:00 午後 教育問題各種 | | コメント (1) | トラックバック (0)