« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »

2008.07.18

非弁行為で公判

読売新聞神奈川版より「無資格で破産手続き 地裁川崎支部初公判

弁護士資格がないのに自己破産申し立てなどを行って報酬を受けたとして、横浜地検川崎支部が、元相談事務所経営者を、弁護士法違反(非弁行為)の罪で横浜地裁川崎支部に起訴していたことがわかった。起訴されたのは埼玉県熊谷市、無職田中喜代司被告(56)で6月3日付。17日に開かれた初公判で、田中被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。

起訴状によると、田中被告は東京都文京区で多重債務者の相談事務所「七転び八起きの会」を設立し、2004年6月~07年1月ごろ、弁護士資格がないのに、債務者に自己破産申し立て手続きを教えて書類を作成し、地裁川崎支部に提出させるなどの法律業務を行ったとされる。

17日の初公判の冒頭陳述で、検察側は、田中被告が多重債務者の破産手続きなどを行って、1人当たり50万円程度の報酬を受け取っていたとし、3年間で少なくとも172件の相談を受けて、23件の自己破産手続きを行ったとした。

この後、弁護側証人として、同会の経理をしていた田中被告の妻が証言。田中被告について「損得なしで困った人を助ける性格」と述べたが、加登屋健治裁判官が「もし本当に困っている人を助けるとしたら、何十万円も取らない。社会常識としても、言い逃れにしか聞こえない」と指摘する場面もあった。

このところ、わたしはブログでは個人名を消した記事をエントリーしていますが今回はそれは出来ません。

「七転び八起きの会」の田中被告。
となっていますが、わたしには「八起会」と誤解させる意図があったように思います。 「八起会」は倒産の経験者が集まっている組織で、昭和53年(1978年)設立ですから30年の実績があります。

「八起会」の野口社長自身はなかなか精力的に活動しています。だからこれほど長期に続きますし、多くの方が集まったのだろうと想像しますが、「七転び八起きの会」が「八起会」の名声を全く考慮しなかったとはちょっと思えないのです。

田中被告の妻が証言。田中被告について「損得なしで困った人を助ける性格」と述べましたが、加登屋健治裁判官が「もし本当に困っている人を助けるとしたら、何十万円も取らない。社会常識としても、言い逃れにしか聞こえない」と指摘する場面もあった。

この部分は、初公判で裁判長が指摘するというのもすごいですが、なんで「ボランティア」を正面に出したのか?と感じます。
むしろ、知らなかったと主張した方がリアリティがあると思うくらいです。 いわば天網恢々疎にして漏らさず、といったところでしょうか?

7月 18, 2008 at 08:44 午前 事件と裁判 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.07.13

子供用のネット利用不可の携帯電話

読売新聞より「KDDI、ネット不可携帯を発売へ…有害サイトから子ども保護

KDDIは、インターネットに接続できず、機能を通話などに限定した子ども向け携帯電話機を今年度中に発売する。未成年者が携帯電話で出会い系などの有害サイトに接続し、犯罪に巻き込まれるケースが社会問題化していることに配慮した。

携帯電話のネット接続サービスが始まった1999年以降、一部の高齢者向け機種を除き、ネット接続機能を外した機種が発売されるのは業界で初めて。

KDDIは新機種の機能を、通話や全地球測位システム(GPS)を使った位置情報確認などに限定する。メール送受信機能を加えるかどうかは検討中。端末価格は3万円前後を想定している模様だ。

同社は、子ども向け機種として、ネット接続などの機能を制限できる「ジュニアケータイ」を2006年から販売し、未成年者が有害サイトに接続できなくする「フィルタリング(選別)サービス」も提供している。ただ、いずれも制限するかどうかは利用者の判断に委ねられており、犯罪防止を徹底するため当初からネット機能を外すことにした。

わたしはこれには基本的に賛成ですが、携帯電話会社一社だけがやってもダメだ。
携帯電話会社全社が揃って「新・子供用携帯電話」を発売して、さらに文部科学省(総務省ではない)が学校側を支援するために「子供用携帯電話の推進」と表明するべきです。

一番の問題は、文科省が携帯電話について学校に対して指導どころか助言もしていないことでしょう。

考えてみますと、バイク禁止の「3ない運動」が横行したときにも、文科省はなにもしませんでしたね。 だから各地でかなりの大混乱になりました。

文科省には調整能力というのがないのでしょうか?

7月 13, 2008 at 11:03 午前 教育問題各種 | | コメント (0) | トラックバック (0)

富士通がカラー電子ペーパー端末を発売

日経新聞より「電車で本や新聞、カラー表示の電子ペーパー 富士通がA4端末

外光を反射させることで文字などを表示する電子ペーパーを内蔵した情報端末を富士通が今秋発売する。
大きさはA4サイズ、カラー画面で、電子書籍や新聞情報を通勤電車などで読むことができる。
液晶パネルに比べ消費電力を大幅に減らせるため一度の充電で連続50時間の使用が可能。
カラー対応の電子ペーパーを消費者向けに販売するのは初めて。

富士通子会社の富士通フロンテックが開発・製造・販売する。

厚さは約1センチメートルで、携帯電話やパソコンから無線通信やSDカードを使って情報を端末にダウンロードする仕組み。新聞1年分の情報を蓄積できる。

以前から電子本には興味があるのですが、現実には電子ブックリーダーを買っていません。
その一方で、パソコンで読めるコンテンツの契約は複数の会社と行いましたが、どうにも続きません。

そうこうしているうちに、学校で喋る機会が増えてきて資料の持ち歩きと兼用で電子ブックリーダーが使えないものかな?と考え付きました。

アマゾンがアメリカで発売した電子ブックリーダーは、コンテンツの配付も含めてひとまとめになったビジネスで成功しているようですが、日本の電子本ビジネスはコンテンツ側がうまく行っていません。

電子本のコンテンツは元々の紙の出版社が提供しないとどうにもならないわけですが、出版社がまったく積極的ではありません。
わたしには、絶版になってしまった文庫のシリーズ物などは最適ではないかと思うのですが、そうなると「○○シリーズ全16巻」とか「著者○○作品集」といったように「揃うことの価値」は非常に大きいはずなのですが、それが出来ていません。

その上、電子ブックリーダーがそれぞれに独自のセキュリティーを掛けていますから、下手するとダウンロードに失敗したりします。
これではビジネスとして隆盛するわけがありません。

このような状況で6月になって、パナソニックとソニーの二社(事実上日本の電子ブックリーダメーカのすべて)が「電子本からの撤退」を表明してしまいました。

先に書いたような事情で、現在わたしは

電子ブックと言うよりも電子ノートが欲しい
のであって、最近出てきている数万円台の小型PCも考えているところなのですが、液晶では誰がなんと言おうと電池寿命の問題がつきまとうから電池寿命の点からは電子ペーパーに期待するところが大きいです。

富士通は割と(しょっちゅうか?)ゲテモノ(?)を発売するので、そういう点ではちょっと期待してしまいます。(^_^;)

7月 13, 2008 at 10:48 午前 新商品やお買い物 | | コメント (0) | トラックバック (0)