« ホームオブハート裁判・控訴審証人尋問の感想 | トップページ | 続・ホームオブハート裁判・控訴審証人尋問の感想 »

2008.12.16

教育再生懇談会も携帯電話を禁止に

読売新聞より「教育再生懇、小・中学校での携帯電話「原則禁止」提言へ

政府の教育再生懇談会(安西祐一郎座長)がまとめた子供の携帯電話利用に関する提言の素案が15日、明らかになった。

小中学校への持ち込みの原則禁止などの方向性を示したことが特徴で、来月、麻生首相に提出する予定だ。
大阪府の橋下徹知事が、政令市を除く府内の公立小中高校で携帯電話の持ち込みや校内での使用を禁じる方針を示して波紋を呼んだばかりだけに、政府の今後の対応が焦点となる。

素案では、子供の携帯電話利用の弊害に関し、「わいせつ情報や暴力、いじめを誘発する有害情報が悪影響を与える」と指摘、保護者が「家庭内ルール」を作ることや、小中学校が「持ち込みの原則禁止」を打ち出すなど、利用方針の明確化が必要だとした。

子供が携帯電話を持つことそのものの是非については、家庭との緊急連絡などのために必要との主張に配慮し、「通話先限定や、GPS(全地球測位システム)機能のみの携帯電話や、これらの機能に緊急連絡用のメール機能を付加した携帯電話は有効」とした。

その上で、PTAや教育委員会が連携して、機能限定機種の「推奨制度」の確立を提案している。電話会社にも、学校などに子供が使いやすい公衆電話を確保するなどの協力を求めた。

また、保護者の判断で有害サイトに接続できないようにする「フィルタリング機能」の利用状況や、有害情報の影響について、国が3年後に検証し、改めて対策を講じるとした。

教育再生懇談会はどっちに向いて何を言っているのか分からないところがありますが、今回の「提言」も例にもれないですね。

小中学校が持ち込み禁止を打ち出すべし、と言いつつ、機能制限をした携帯電話を推奨する、フィルタリング機能をチェックする。
これでは「持ち込み禁止」というのは何を指すのか分からない、さらに機能限定もフィルタリングもすでに実現しているのであって、その実態に問題があるというのなら分かるが、この記事の範囲では実態を検証した形跡もない。

小寺信良氏が「ケータイ持たせない論 に見る大人教育の困難」という面白い記事を書いています。
大変に長いので、目に付いたところだけ紹介します。

「学校への携帯持ち込み禁止」が話題となったが、禁止か許可かだけの議論は意味を持たない。見当違いの議論をする前に、やらなければならないことは山積している。

 個人的にはこれまでどおり、規制よりも先に教育があるべきという考え方に揺らぎはないが、実際に教育へ着手してみると、いろいろなことが分かってきた。MIAUとして学校教材としてのリテラシー読本「”ネット”と上手く付き合うために」を作成したが(リンク先PDF)、これは当初、親に向けた内容になるはずだった。しかし学校で子供たちの実態をヒアリングしていく課程で、学校での教育がまず先に困っているという現状が分かった。

 学校教育に関しては、制度やシステムで対応できる。しかし親に対しての啓発で、このような手法は通用しない。大人を教育するということは、次元の違う話であることを実感させられる動向が目に付くようになってきている。

確かに携帯にはおもちゃ的な要素もあるが、おもちゃだとしても与えない方がいいのか、昔ながらにブランコや縄跳びで遊んでいる方がいいのか、というところが気になる。物心ついた頃からすでに手元に情報機器があって、その経験が人の繋がり方や発想、能力、可能性を広げていくということも考えられるわけだが、不所持規制は、子供たちにそっちの未来への選択権を与えないことになりはしないのか。そこが心配である。

 もう1つは、それをいつまで続けるのか、終わりが見えないことである。いつまでというのは「高校生まで」ということではなく、その地域の小中学生は2030年とかになっても携帯なしなんですか、ということである。

 しかし携帯電話は、急速に普及したから問題を生んでいるわけであり、今大学生ぐらいの人たちが小中学生だった頃とは事情が違う。だが年齢的には数年しか違わないため、子どもがそれほど違うはずがない、という前提に基づいた判断をする。この普遍的な自信は、子育てを終えた親には共通に見られる傾向だ。

 人としての子供は変わらないが、子供社会が変わってしまったのである。多くの大人は、そこが受け入れられない。

 筆者の個人的な感想を言わせていただければ、そんなことしても何も変わらないし、見当違いなことに大騒ぎしてもしょうがないと思っている。理由を説明していこう。

1. 制限するのはそこじゃない

 今回の携帯持ち込み禁止の方針を打ち出した背景は、大阪府教育委員会の「携帯・ネット上のいじめなど課題対策検討会議」が出した「とりまとめと提言」に基づいたものである。ここの「提言1」として、「小中学校は、学校への児童生徒の携帯電話の持ち込みについては原則禁止、府立学校は、校内において、原則使用禁止」とある。

 とりまとめでは、「携帯依存が進行しており、学習時間が減っている」という調査結果を出しているが、そもそも学習時間が減っているというのは家庭内のことであり、学校でのことではない。そもそも学校では、携帯電話をいじくる時間は休み時間の10分間に頑張るか、昼休みの30分ぐらいのことである。学校生活は、それほどヒマではないのだ。

 携帯依存の問題を気にするのであれば、家庭内での時間制限などを行なわなければ、意味がないのである。

2. いじめの解決にもなってない

 対策検討会議の名称が物語るとおり、そもそもは「ネットいじめ」に対する実態調査と対策が課題である。しかしネットいじめと携帯を学校に持っていくことには、ほとんど関係がない。なぜならば、根本的に「リアルいじめ」の延長で「ネットいじめ」があるわけで、それぞれが独立して存在しているわけではないからである。

 これは個人的な体験からも断言できるが、ネットいじめが深刻なのは、いじめが学校だけで終わらないことである。携帯電話がない世代にもいじめはあったが、家にまで押しかけていじめるというケースはなかった。家庭は安住の地であり、親と一緒にいることで心の平穏が保たれ、家族愛の中で子供は自分の価値を知る。しかし携帯電話によるネットいじめは、家庭にいる時間にまで執拗に訪れるから、問題なわけである。

 学校に携帯を持ち込まないことは、この問題解決にほとんど影響を与えない。まあ強いてあげれば、お互いのメールアドレスの交換が多少不自由になるぐらいのことである。

3. そもそもは、文科省が言い出したことである

 小中学校の携帯電話持ち込み禁止の方針は、今年7月に文部科学省から出された「児童生徒が利用する携帯電話等をめぐる問題への取組の徹底について」という通知で、「指針例」として明言されている。例として書いてはいるが、「以下の指針例を参考とし、~児童生徒への指導を徹底すること。」という表現である。どう見ても、指針例に従えと読める。

 要するに今、マスコミも含めてなんかオオゴトになってきているのは、そもそも青少年ネットリテラシなんか全然興味のない人たちが大量に押し寄せて来て、本来切り分けなければならない問題をぜんぶ1つの鍋にぶちこんで闇鍋状態にしてしまい、それを食って「ケータイはマズい」と大騒ぎしているからである。

 それらの論でもっとも不毛なのは、「携帯を持たせるのは銃を持たせるのと一緒」とか、「携帯を持たせないのは服を着せずに外に出すのと一緒」といった、物理物のシチュエーションに置き換える論争だ。もともとは程度問題、つまりコントロールの問題なのに、モノに置き換えてしまうと、とたんにマルかバツかイデオロギーの問題にすり替わってしまう。こうなってくると、ヒステリックな活動を得意とする人がワラワラと集まってくることになる。

 本当に必要なことは何で、それを冷静に話して分かる大人がどれぐらいいるのか。結局のところ、そういう人捜しから始めなければならないから、親の教育は大変なのである。

教育再生懇談会の「提言」と小寺信良氏の「分析」を比べてみますと、どちらが説得力があるのかは明らかです。

だいたい、文科省と総務省の綱引きにされているのが子どもの携帯電話問題だと思います。
文科省の怖いところは「学校での子どものあり方」しか見ないのに、それを子どもの生活(成長)全体に拡大しているところです。
だから「学校では携帯電話は必要ありません」 → 「子どもに携帯電話は不要」となっています。

これは携帯電話の否定だと受け取った総務省が「フィルタリングが必要」などと言い出しました。
こんな問題は学校が「子供用の携帯電話しか認めない」とすれば、親は従うしブラウザーが無い携帯電話、メールアドレス限定の携帯電話といったものを使うようになるでしょう。
しかし、文科省は「携帯電話は子どもに不要ですから、文科省はノータッチ」としているのでしょう。その結果、子供用の携帯電話は普及せず、親の意識改革を図るしかないとなりました。

小寺信良氏が冒頭で「小中学生は2030年とかになっても携帯なしなんですか、ということである。」と書いているのには、ドキッとしました。
学校に頻繁に行くようになって数年になりますが、この数年間で高校生の携帯電話の使い方がずいぶんと変わったと感じます。
考えれば当たり前のことで、数年前の高校生は携帯電話を利用し始めたのが高校になってから、といったところだったのでしょう。時間がたつにつれて、同じ高校生でも携帯電話の利用経験がまるで違っています。

こういった「時間経過」を考えて、「将来の子どもの携帯電話利用はどうあるべきか?」という視点が、教育再生懇談会や大阪府の見解に見られるのか?と眺めてみると「現状が大変です。だから昔に戻します」としか言っていないように見えます。

「子どもの将来にとって携帯電話はどうあるべきか」などと言い出すと、大人が「われわれが子どもの時には携帯電話なんか無くてもちゃんとやっていた」と返事するわけです。
この部分こそが、小寺信良氏が「人としての子供は変わらないが、子供社会が変わってしまったのである。多くの大人は、そこが受け入れられない。」と指摘しているところです。

就職のために企業と接触するのもインターネット限定ですし、大学での出欠やリポート提出などもネット限定という時代です。「われわれが若いときにはインターネットなんて無くてもやっていられた」などと言っても、今では大学で脱落確実です。

子どもの携帯電話問題が常に「後ろ向き視線」であるところこそが、大問題だと思います。

12月 16, 2008 at 10:05 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/43435472

この記事へのトラックバック一覧です: 教育再生懇談会も携帯電話を禁止に:

» 教育再生懇 トラックバック ルル日記
教育再生懇、小・中学校での携帯電話「原則禁止」提言へ 続きを読む

受信: 2008/12/16 12:28:44

» "総務省" に関する話題 トラックバック 人気の話題に注目する日記
"総務省" について書かれたエントリを検索してみました。 消防白書を単純に読む - 新小児科医のつぶやき消防白書は平成11年度からWebで確認できます。昨日の記事比較検証でどうも総務省消防庁の補足説明で、 現場到着から収容までの時間は1... 続きを読む

受信: 2008/12/18 19:31:33

コメント

コメントを書く