« 国内の不祥事 | トップページ | 不気味な事件・点滴に汚染水 »

2008.12.22

世の中は難しい

世の中は難しいモノだと感じたニュースを集めました。

「少女救出詐欺」

最初の事件ですが、この記事を読むと容疑者はトンでもないヤツだと、感じますが何千万円も長期間に渡って詐取された被害者家族もヘンなのじゃないか?と感じざるを得ません。
もちろん、娘が行方不明と言うだけで、充分にパニックになるとは思いますが、それで何年間も欺され続けるというのは、被害者には気の毒ですが「何かヘンではないのか?」と感じてしまいます。

こうなると、この卑劣にして図々しい容疑者と欺され続けた被害者が居たというところに難しいモノだ、感じます。

「オバマ大統領宣誓式」

オバマ次期大統領がは選挙活動を始めた頃には、現在の国際経済情勢を予測していたとは思えません。
レーガノミックス以来の規制緩和は結果として、アメリカ経済を消費だけで回すようことに拍車を掛けました。
これについて「閉塞経済―金融資本主義のゆくえ」金子勝著 (ちくま新書) に「バブルとその崩壊の繰り返しだ」と説明しています。

考えてみると、アメリカ国内から何かを輸出できるのか?というと農産物しか無く、工業製品はビッグスリーの状況に代表されるように、現時点では競争力がありません。
世界中から借金をしまくっていたのがアメリカ、ということでしょうが、全く信用がないところにお金はいかないわけで、アメリカの今後は実態に見合った経済運営にして下さい、というのが世界の共通の判断でしょう。

つまりは、ブッシュ政権までのやり方に反対向きにならざるを得ないのですが、ブッシュ共和党=財界より、オバマ民主党=消費者よりという図式で語れるのか?となると、共和党=保守、民主党=革新、のようなとらえ方をしていると違うのではないのか?
経済社会がアメリカに要求するのは、地道な労働といったところであって、これは見かけ上は保守主義でしょう。あるいは、国内重視主義でしょうか?

これを「左派切り捨て」というのであれば、間違えなくその通りなのでしょうが、今までの保守対革新的な価値観から離れざるを得ない時代になってきたことの現れでしょう。

「ドバイにも金融危機の影」

さすがに、バブルでありバブルの崩壊としか見えませんね。
サムスンについて韓国朝鮮日報より「サムスン電子、ドバイに超大型の展示場オープン

サムスン電子は16日、アラブ首長国連邦(UAE)の首都ドバイにあるドバイモールに、850平方メートル(約257坪)規模の超大型展示場(ブランドショップ)をオープンした。
ドバイモールは面積がサッカー場70個分に相当する54万8762平方メートルの広さを誇る、世界最大級のショッピングモールだ。

売り場では商品の展示と販売はもちろん、携帯電話やノートパソコン、携帯型音楽プレーヤー、ビデオカメラなどを客が直接手にして体験できるようになっている。
サムスン電子の関係者は「ドバイ市民だけでなく、世界各国の観光客向けに効果的な宣伝を行うという効果も期待している」と説明した。

ペク・スンジェ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

確かにドバイの人口は100万人程度ですから、いくら金持ちと言ってもショッピングセンターは観光客相手に企画するしかないですが、この経済情勢でドバイに観光客がどれほど集まるのか、という根本問題がありますね。

Google Earth で見たドバイ

Up

少女救出詐欺の容疑者 豪遊のため。悪いと思わなかった

大阪府熊取町で2003年5月に行方不明になった少女(14)の救出をかたった詐欺事件で、容疑者(39)(逮捕)が府警の調べに対し、詐取を続けた4年以上の間、「(少女の家族に)申し訳ないとは思わなかった」と供述していることがわかった。

事件を起こすまでは路上で暮らすなどしていたが、だまし取った金で高級ホテルに長期滞在したり、ギャンブルを繰り返したりしており、「豪遊を続けるため、詐欺を繰り返した」とも供述。事件の卑劣さが改めて明らかになった。

捜査関係者によると、容疑者は逮捕容疑となった04年7月の10万円以降、今秋まで少女の父親(48)から約470回にわたり、計6800万円以上をだまし取った、とされる。
容疑者は前妻との間に子供もいるが、娘の無事を願う親の心情につけ込んだ犯行について、調べには罪悪感はなかったとし、現在まで謝罪の言葉もないという。

容疑者は、共犯の女性(38)(同)とともに04年7月頃まで路上生活をしていたが、同月、少女の発見につながる情報提供者に、父親が「謝礼金200万円を出す」と発表。
これを報道で知った容疑者が、共犯の女性に計画を持ちかけ、父親から金をだまし取っていったという。

2人は、同月から約2年間、府内の高級ホテルに滞在。パチンコ店や競艇場に頻繁に出かけていたこともわかっているが、容疑者は「生活費もままならない、苦しい生活には絶対に戻りたくなかった。だから、だまし続けた」と供述している。

一方、共犯の女性は、「(容疑者が少女の父親から)金を受け取っていたのは知っているが、どう使っていたのかは知らない」と、逮捕当初から否認の姿勢を変えていない。府警は、共犯の女性がどのように関与していたかなどを詳しく調べている。
(2008年12月22日03時02分 読売新聞)

戻る

オバマ大統領宣誓式、右派牧師を起用へ…リベラル派猛反発

【ワシントン=黒瀬悦成】 オバマ次期米大統領は、来年1月20日の就任宣誓式で祈りをささげる牧師に、同性婚反対論者のキリスト教福音派のリック・ウォーレン牧師(54)を起用し、リベラル系団体などから激しい反発を浴びている。

オバマ氏自身は、宗教右派の同師を起用することで米国の「融和」を演出する狙いだが、閣僚の起用などで現実路線を鮮明にしたオバマ氏による、「左派切り捨て」を象徴する人選との見方も出ている。

米国の宗教界で現在、最も影響力のある牧師とされるウォーレン師は、アフリカのエイズ問題や貧困対策に熱心な一方で、先月カリフォルニア州の住民投票で決まった同性婚禁止を支持するなど、保守的な社会的価値観を前面に押し出している。

オバマ氏は、同師の起用を発表した18日の記者会見で、「同性愛者の米国民の権利を支持する」と述べた上で、「特定の社会問題で意見が違っても、米国民として結束することが大切だ」と強調。
だが、選挙戦でオバマ氏を支持した同性愛者団体などからは「裏切られた」との声も強く、就任式に合わせワシントンなどで抗議デモが起きる可能性もある。
(2008年12月22日07時33分 読売新聞)

戻る

ドバイにも金融危機の影…止まったクレーン・解雇の波

世界一高いビル、世界一豪華なホテルなど「世界一」を冠する建築物を次々に登場させ、21世紀に入って猛烈な勢いで発展を続けてきたドバイ。中東の物流・金融センターとして、200に及ぶ国籍の労働者や投資家を引きつけてきたこのペルシャ湾岸の小さな首長国にも、金融危機の影は忍び寄っていた。その現場を歩いた。

ドバイ北東部にあるアラブ首長国連邦(UAE)労働省。「カスタマーサービス局」待合室に、沈んだ表情の外国人労働者が目立つようになった。解雇通知を受け、苦情を申し立てに来た人々だ。

ドバイの中堅建設会社で工事現場監督を務めてきたインド人のV・ヒレマタさん(45)は今月12日、1枚の紙を手渡された。「あなたが提供するサービスは必要なくなりました。滞在許可も1か月後に失効します」

クレーンを操縦していた同郷のスンニル・Bさん(40)も解雇された。ドバイには世界のクレーンの3割が集まっていると言われてきたが、「今は多くが止まっている。再び職を得るチャンスはまずない」と、帰国の覚悟を決めたようだった。

ドバイ居住者の8割を占める外国人労働者の滞在許可証は、仕事や労働許可証と不可分に結びついている。職を失えば、雇用主が労働局への解雇届け出を遅らせるなど特別な措置を講じない限り、1か月以内に出国しなければならない。「ドバイには失業者がいない」と言われるゆえんだ。

ドバイの海岸には、上空から3本のヤシの木に見える群島が沖合に延びる。埋め立てでつくったリゾート・居住用地だ。100万人の住空間ができあがると言われる最大の木「パーム・デイラ」では、クレーンの多くが動きを止めていた。

ドバイを代表する政府系デベロッパーで、「3本のヤシ」のプロジェクトを推進する「ナヒール」社は11月30日、総従業員の15%にあたる500人を削減する方針を明らかにした。

同社で工期やコストを管理する仕事を担当してきたスリランカ人のSさんはこの日、上司に、1月31日付での解雇を言い渡された。資金繰り悪化によるプロジェクト停止が理由と説明された。「オフプラン(設計図段階)の事業の大半が停止された」とSさん。「年明けには、さらに人員削減されるのは間違いない」

ナヒール社だけではない。民間最大のデベロッパー「DAMAC」も11月、200人の解雇を発表、解雇の波は確実に広がっている。(ドバイで 宮明敬、加藤賢治)
(2008年12月21日23時52分 読売新聞)

戻る

12月 22, 2008 at 11:35 午前 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/43493712

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中は難しい:

コメント

>アメリカ国内から何かを輸出できるのか?というと農産物しか無く

色々あるんじゃね? PCのCPUなんてのはインテルかAMDでほぼ独占、携帯電話のチップセットなんてTIとQualcom(こいつはファブレスだが)で世界の60%以上、通信基地局用やハイエンド通信装置用のLSIだって殆どIBMとTI。FPGAだってザイリンクスとアルテラ(製造そのものは外国であることが多いが)。ソフトウェアだってWindowsやofficeを筆頭に、設計用や業務用のデファクトもアメリカ製多いし。計測関係もHPにTektronix。

探せばまだまだ出てきそう。

投稿: alpha2 | 2008/12/24 0:03:24

コメントを書く