« 続・ホームオブハート裁判・控訴審証人尋問の感想 | トップページ | 2008年12月は記憶するべき時だろう »

2008.12.18

小中学校の携帯電話持ち込み禁止議論

大阪日日新聞より「携帯電話の持ち込み禁止 市町村に指導要請

小中学校に児童・生徒が携帯電話を持ち込むことを原則禁止する方針を決めた大阪府教育委員会は十七日、府庁新別館で府内市町村教委の生徒指導担当課長らを対象とした会議を開き、学校で指導を徹底するよう要請した。

会議には、政令指定都市の大阪、堺両市を除く市町村教委から約七十人が出席。

府教委の担当者が過度の携帯電話依存が小中学生に広がり、依存傾向が強い子どもほど家庭での学習時間が短いなどとする調査結果を説明し、「携帯電話を禁止している学校は多いが、生徒・児童が持って来ているのが現状。ルールを見直し、しっかりと指導する契機にしてほしい」と呼び掛けた。

出席者の一人は「各校で携帯電話のトラブルがあり、府の通知で現場は指導しやすくなる」と話していた。

携帯電話の使い方が問題になっているのは分かるのですが、何をどうするのが「改善」なのか分かりません。
確かにネットいじめとかトラブルといったものは無い方が良いに決まってはいますが、それは携帯電話の使い方の問題であって、学校に持ちこまないと言っても学校外での携帯電話使用が野放しなら、学校に相談できなくなる分だけかえって事件が隠れるかもしれません。

では、家庭での学習時間が短くなる、という問題はどうなのでしょうか?。今回の騒動の元ととなった大阪府が作った「平成20年携帯・ネット上のいじめ等課題対策検討会議」のPDFに、家庭での学習時間についての報告があります。

家庭(塾を含む)での学習時間の割合(単位%)
家庭での学習時間小学4年生小学6年生中学1年生中学3年生高校1年生高校3年生
0~30分19.715.925.41854.551.3
30分~1時間31.629.620.915.318.513.4
1時間~1時間30分19.320.21818.510.27.5
1時間30分~2時間10.913.115.619.15.96.5
2時間以上12.918.317.3275.418.7
無回答・無効5.52.92.92.12.52.6

Up

早い話が、高校に進学すると学校外では勉強しなくなるというデータです。
これでは、小中学校に携帯電話の持ち込みを禁止したとして、家庭での学習時間が増える結果が期待できるとは思えません。
ところがこんな記事が出ています。毎日新聞 2008年12月3日の記事携帯電話:小・中学校への持ち込みを原則禁止 大阪府教委

大阪府教委は、小・中学校の児童生徒が学校に携帯電話を持ち込むことを原則禁止とする方針を決めた。

高校では生徒が校内で使用することを原則禁止とする。府教委が調査したところ、児童生徒が携帯電話に過度に依存する傾向が強まっていることが分かり、規制が必要と判断した。

ただ小・中学校でも子供の安全目的で保護者が求めるという場合は、学校の判断で登下校時に持たせることを認める。

文部科学省は7月、都道府県教委などに携帯電話の取り扱いに関する方針を明確化するよう通知。同省によると、市や町で携帯電話を持たせない取り組みをしているところはあるが、都道府県レベルで学校への持ち込みや使用制限を設けるケースは異例だ。
府教委は今後、小・中学校の設置主体の市町村教委に対し、各校への指導を要請。来年度にも「原則禁止」を実現する意向だ。

府教委の検討会議は今年7月、小、中、高校の児童生徒と保護者、学校を対象に携帯電話の使用実態について抽出調査を実施。携帯電話を持っている児童生徒のうち、中学1年生の15.6%、高校1年生の32.6%は1日の使用時間が3時間以上▽中学1年生の10.6%、高校1年生の15.9%は1日のメールの送信回数が51回以上--などの結果となった。

また、携帯電話の使用時間やメールの頻度を「依存傾向」として数値化し、学習時間との関係を分析。
1日の学習時間を「0~30分」と答えたのは、依存傾向の低い児童生徒では29.6%、中くらいの児童生徒では41.7%だったのに対し、依存傾向の高い児童生徒では50.3%を占めた。
すでに小学校の88.1%、中学校の94.2%が持ち込みを禁止。一方、高校では95.2%が持ち込みを禁止しておらず、うち96.8%が校内での使用を認めていることも分かった。

 橋下徹知事は3日の記者会見で「大人になれば、いやでも携帯電話から離れられなくなる。子供のうちは携帯電話から離れて、ゆっくり自分の時間を使ってほしい。まずは家庭の責任で、親が制限をかけてください」と呼び掛けた。【鮎川耕史】

直感的に、高校生の方が携帯電話をより多く使うはずだと分かるので、同じ資料から「1日の携帯電話使用時間」を見てみると

一日の携帯電話操作時間
携帯電話使用時間小学4年生小学6年生中学1年生中学3年生高校1年生高校3年生
0分~5分43.522.49.66.34.34.8
5分~30分32.538.528.820.315.617.3
30分~1時間11.82226.524.72022.5
1時間~3時間3.410.718.827.426.928.6
3時間以上5.75.515.620.332.626.3
無回答・無効30.90.710.70.5

Up1

これで携帯電話の使用時間で家庭学習の時間が減っていると言えるのでしょうか?。むしろ、高校に進学すると家庭学習をしなくなる(親が教えられなくなる)、といったことを示しているだけではないのでしょうか?
少なくとも、携帯電話使用時間が少ない子どもが高校生では激減することは分かりますが、著しく増加するという傾向は見て取れませんし、その一方で高校では家庭学習の時間が激減している事は事実です。
関係ないものをくっつけたように見えてなりません。どうも、データの関連性を明示しないまま「携帯電話を使うと学習時間が減る」と記事にしたように感じます。

12月 18, 2008 at 01:22 午後 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/43455482

この記事へのトラックバック一覧です: 小中学校の携帯電話持ち込み禁止議論:

» 中高生の携帯サイト事情、学校裏サイト、ネットいじめ トラックバック ぱふぅ家のホームページ
学校裏サイトなどにおける「ネットいじめ」が問題になっています。また、携帯電話依存が問題となり、大阪府府知事は学校への携帯電話持ち込み禁止の徹底などを児童・生徒らに呼び掛けました。≫携帯電話の学校持込に関する情報を追加しました。... 続きを読む

受信: 2008/12/27 15:54:23

コメント

コメントを書く