« 舞鶴事件・6日間の家宅捜索終了 | トップページ | 情報ネットワーク法学会・研究大会 »

2008.12.05

ビッグスリーの危機

東京新聞より「ビッグ3救済へ道筋見えず 公聴会で厳しい意見相次ぐ

【ワシントン4日共同】

経営危機に陥った米ビッグスリー(自動車大手3社)の首脳は4日、上院銀行住宅都市委員会の公聴会で証言し、最大で総額340億ドル(約3兆1400億円)の公的資金による救済を要請した。

ゼネラル・モーターズ(GM)のワゴナー会長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれは過ちを犯した」と一定の経営責任を認めたが、議員からは厳しい意見が相次ぎ、破たん回避への道筋は依然見通せない状況だ。

水面下では救済法案をめぐる議員間の折衝も本格化し、米製造業の基幹と呼ばれてきた3社は生き残りをかけた重要局面を迎えた。

公聴会でフォードのムラリー会長兼CEOは、かつては「造れば売れる」との思想があったと反省の弁を述べ、抜本的な経営改革を約束。
GMのワゴナー会長は「過ちからわれわれは学んでいる」と述べ、公的資金の投入に理解を求めた。

クライスラーのナルデリCEOは「巨額の公的資金であることは認識しているが、これが最もコストのかからない選択肢だと思う」と訴えた。

しかし同委員会の共和党トップ、シェルビー議員は公的資金が有効に使われる確信が持てないとして「3社の救済には反対だ」と明言。
民主党のカーパー議員らは、破たん処理も依然選択肢の1つとの考えを示した。

なんとも厳しい状況ですね。
政権移行期だから、政府が政治的決断下して議会を説得するという状況ではないようで、議会が合意できれば公的資金の投入が実現する、という状況かと思います。
つまり事情はどうあれ議会で議論が続く間は、公的資金投入に至らない可能性があります。

ブッシュ現政権にはすでに指導力は無く、オバマ政権の与党になる民主党はこの問題を避けるために現政権中に決断を下すべきだとして現状にはノータッチ。
これでは、行政は現在も次期政権も決断を放置していて、議会に放り投げていると言うべきなのですが、その議会での議論が混乱しているようですから、決まるかどうか分からないですね。

GM倒産はあり得るのでしょうか?

12月 5, 2008 at 10:02 午前 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/43325158

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグスリーの危機:

コメント

まさか救済法案成立絶望的って、通すもんだとばっかり思っていたのがえらいことになるよこれは。自動車は関係する業界が多岐にわたるから彼らだけにとどまらないし、地球の向こうっ側の地震は津波となって日本に届くのは時間の問題だ!

投稿: テスラ | 2008/12/12 14:35:42

アメリカが咳しただけで日本がインフルエンザに罹っても良い程、アメリカ追従だからね。そろそろ他国に頼らない政治と生活に転換しないとダメじゃ。

投稿: 昭ちゃん | 2008/12/12 22:15:43

まさか議会が否決するとは思わなかったです。
さらに、民主党の中からも反対意見が出ているようですね。

本気でGMが破綻しても良いと考えている層があるということでしょう。

韓国についてもですが、外国の考えていることは良く分からないですね。

投稿: 酔うぞ | 2008/12/12 23:06:06

ビッグ3も日本のメーカーも経営陣が報酬・賞与で責任をとるのが経営危機になって以降の分だけ。これはおかしい。彼らは世界経済の落ち込みを理由にしているが、経営陣に先を読む能力が無く、まわりに合わせてイケイケドンドンした結果こうなったというのが真実。

経営にタッチした時点に遡って、報酬・賞与を減額・返却するのが本来だ。

投稿: 昭ちゃん | 2008/12/20 16:53:27

えらいことになるよと前にコメントしたが、GMがどうも末期ガンの様相。やはり昨年暮れの急場の支援は予想通り一時しのぎに過ぎなかったか・・・

投稿: テスラ | 2009/02/17 14:34:36

コメントを書く