« 神奈川県教育委員会の努力はもう一歩 | トップページ | ちょっと大変ではないかな? »

2008.11.30

舞鶴事件の捜査

サンケイ関西より「舞鶴・高1殺害 異例の捜索 裁判員制度にらむ?

京都府舞鶴市の高1女子殺害事件で、窃盗罪で起訴された男(60)の自宅を殺人などの容疑で捜索した京都府警の「捜査手法」に注目が集まっている。

関与を示す物証や供述がない中での捜索が批判され、弁護人立ち会いという異例の展開となったが、背景には「裁判員制度がある」と識者や関係者は語る。

自白を前提にするよりも、まず物証を押さえるやり方は制度を見据え、より強まる“流れ”という見方だが、「制度をにらむならば、より捜索は慎重であるべきだった」という声もある。

「弁護人の反発は想定内だった」。ある府警幹部は、捜索予定日に弁護人が準抗告し、いったん捜索が延期された異例の事態にも強気の姿勢を崩さなかった。

府警は捜索にあたり、警察庁や検察当局とも協議を重ねており、強引ともいえる捜査手法への批判も、弁護士立ち会いも「織り込みずみだった」と言う。

背景にあるのは捜査の行き詰まりとともに「物証」へのこだわり。
弁護人が立ち会うことにより、証拠がみつかった場合は信用性も高まる。

一連の捜査で府警は被害者の所持品だけでなく、今回の捜索の決め手となった防犯カメラの映像も公開してきた。

それ以降も捜査を進める上で不利になりかねない情報を積極的に報道機関に流している。
府警の捜査幹部は「重要事件の報道対応としては異例の展開だろう」と振り返るが、公開性を高める裁判員制度をにらんだ対応とみられる。

府警は今月15日に窃盗容疑で男を逮捕して以降も、「(窃盗)容疑と無関係な証拠品の押収や検証はしていない」と強調し、10日間の勾留(こうりゅう)中に殺人事件には「一切触れなかった」としている。

これらの捜査手法について

元最高検検事の土本武司・白鴎大法科大学院長(刑事法)は

「自白を強いるのではなく、まず物証を押さえる。そのやり方は裁判員制度をにらんだ厳密な手順といえる」と評価。

井戸田侃(あきら)・立命館大名誉教授(刑事法)も

「自白を強いるより、まず物証を押さえるやり方は本筋で常道といえる」と理解を示す。

ただ、土本さんは

「捜索で物証が見つからなかった場合、どう捜査を続けていくのかが問題になる」と指摘。

また、ジャーナリストの大谷昭宏さんは

「なんとしても検挙したいという熱意は分かる。だが、こんな捜索は違法ギリギリ。やっちゃいけない。裁判所も裁判員制度をにらんで安易に捜索令状を出すのは慎むべきだ。しかし制度が始まれば、今回のようなケースが再び出る可能性もある」と話す。

裁判員制度では捜査の違法性が問われれば、裁判員の心証が悪くなる恐れもあり、京都府警の幹部は「だからこそ捜索までには相当の時間を要した」と話す。
と同時に、この幹部は「(裁判員制度をにらみ)事件を世間に印象づけておきたいという思惑が(捜索の背景に)あったのではないか」とも語っている。

ナンか京都府警の思惑がかなり高級なところを狙っているかのような記事になっていますが、そうでしょうかねぇ?
京都府警はインターネット犯罪について、かなり先進的に著作権侵害事件の立件を行っていますが、よくよく聞くとかなり強引ではないのか?といったところがあります。

大石英司の代替空港より

※ 現場近くの60歳男宅を捜索 舞鶴・高1殺害事件で府警

http://www.asahi.com/national/update/1128/OSK200811280003.html

 何かの窃盗事件ですでに家宅捜索は一回行われているんですよね。そこで何か仕込まれて、二度目で発見される可能性は大いにある。弁護士はそれを恐れた様子ですが。

 私はこの人が真犯人か否かに関しては、いかなる予断も持ちませんが、進行していることは、昭和中期の数多の冤罪事件の鉄板パターンです。

多くの人はこのように見ますから、ニュースの価値もあるのでしょうがそれが裁判員制度に適合するために・・・というのは、ちょっと苦しすぎる見解ではないでしょうか?

もちろん、弁護士立ち会いの下で物証を確保できれば、円滑な裁判が期待できるのは裁判員裁判に限らないわけで、注目が集まる方がおかしいことです。

さらに、証拠が出てこなかった場合にどうするのだ?という問題は大きいでしょう。 自白と証拠はセットであるべきで、自白が無くて証拠があると強弁すると証拠ねつ造が出てくるでしょうし、自白はあるが証拠はない、ではえん罪事件に一直線とも言えます。

どうもこの舞鶴事件では、自白がないから証拠を再度探しに行ったわけで、過去には「無かったことが確認されている証拠が出てきた」というえん罪事件が複数報告されています。 その意味で弁護士が立ち会ったのはかなり安全サイドに寄ったとは思いますが、今度は「証拠が出なかったら」という問題に直面することになります。

そもそも「捜査を進める上で不利になりかねない情報を積極的に報道機関に流している」こと自体が、捜査が行き詰まっている証明ではないのでしょうか?

全体としては、きわどいことをやっているな、という印象から離れないですね。

11月 30, 2008 at 12:25 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/43272886

この記事へのトラックバック一覧です: 舞鶴事件の捜査:

コメント

コメントを書く