« 世界の明日 | トップページ | アメリカの明日 »

2008.11.18

続・世界の明日

世界の明日の続編です。

東京新聞より「封じ込めたか 金融危機 『その後』描けぬ欧州

「これは歴史的な集まりだ」-。英国のブラウン首相は十五日、日米欧と新興経済国の二十カ国・地域(G20)による緊急首脳会合(金融サミット)を終えると、カメラの放列の前で顔を紅潮させた。ふだんはカリスマ性に乏しい首相に注目が集まったのは、第二次大戦後に米国のドルを基軸通貨とする国際金融体制をつくった「ブレトンウッズ体制」の見直しをぶち上げていたからだった。

だが、自信たっぷりだった当初の意思表明は次第にトーンダウン。三週間にわたり議論した一九四四年七月の歴史的な会議に比べ、今回はわずか五時間。「これでは戦後体制を見直せない」(英エコノミスト誌)のも当然だった。

首脳会合の呼び掛け人である欧州連合(EU)議長国フランスのサルコジ大統領は「ドルはもはや唯一の基軸通貨ではない」と言い続け、「市場が常に正しいという米国流の考えはおかしい」と批判しワシントンに乗り込んだ。

首脳宣言はEUが主張した「すべての金融機関、金融商品」の規制・監督を盛り込む一方で、米国の意をくんで「競争や技術革新を阻む過剰な規制は避ける」ことも求めた。対立する意見のバランスを取った結果、来春までの具体策作りが難航するのは必至だ。

英仏首脳らが金融危機対応で主導権を握ろうとしたのは、今が暴走する米国流の金融資本主義を抑える千載一遇の好機と映ったからだ。市民の間にも行き過ぎた市場主義には不安が高まる。

マルクスが著した『資本論』がドイツで再び売れだした-。AFP通信は十月半ば、金融危機で多くの人が資本主義の行く末を案じていると伝えた。フランスでは、株主本位の企業統治に疑問を投げかけた三年前のベストセラー『世界を壊す金融資本主義』が息長く売れ続ける。

とはいえ、米国一極支配からの転換後にどんな将来像を描けるのか。まだ欧州側も金融産業の青写真を決められない。首脳宣言では国際通貨基金(IMF)や世界銀行などブレトンウッズ体制で生まれた国際機関の存続を前提に、規制改革を促すにとどまった。

資金が瞬時に国境を越える銀行、証券など金融産業の危機は、地球規模で広がる経済問題が一つの国や、主要国だけでは食い止められないとの共通認識を強めている。

G20首脳会合の当日、フランスのクシュネル外相は「今後も首脳会合はG8でなく、少なくとも中国、インドなどを加えたG14まで広げるべきだ」と新たな考えを示した。

国内総生産(GDP)ではG20だけで世界の約85%を占める。首脳会合も、二十カ国が景気刺激策で協調すれば、今回の世界的な不況を最小に抑えるとの姿勢を打ち出した。ブレトンウッズ体制の見直しは先送りしたものの、二十カ国の利害が絡み合う場に広がった首脳会合の動きは、米国主導の経済体制を変える歴史的な節目になる可能性を生んだ。 (ロンドン・松井学)

基軸通貨をどこかの国の通貨とした場合、その国の金融政策・財政政策はもちろん経済運営の考え方すらも世界経済に影響してしまうことは、冷静に考えれば当然ではあるのですが、基軸であるがゆえに忘れてしまう事でもあるのでしょう。

各国の通貨の価値は相対的に決まるものだ、とする変動相場制であっても基軸通貨の信頼度が高いのは当然で、アメリカ経済がヘンなことをすると世界中が迷惑だ、というのが欧州連合(EU)の主張でありましょう。

しかし、ドルを基軸通貨ではないとすることは無理がありますから、基軸通貨を複数にするしか無いわけです。しかしそんな事ができるのでしょうか?と考えますと、世界に一つだから基軸なのであって、もし基軸通貨が複数ある場合には、全部の通貨がイコールの完全変動相場で構わないことになりますから、現実的には意味がないように思います。

そうなりますと、アメリカの経済政策を国内向けではなく世界経済向けに運営しろ、ということになる、のかもしれません。しかしアメリカはもともと国内政策重視の国なのですから、無理があります。

こう考えますと、今回のG20は対策が出なかった会議、と考える方が正しいのでしょう。
実際に、市場は特には反応していませんね。

それにしても、アメリカの主張の根源が「市場に任せなさい」であるのなら、市場を作ってしまう方向を目指した、ハゲタカファンドなどはアメリカから見ても「場外乱闘」であるはずですが、市場秩序を維持しないで市場に任せる、とはどんな事になるのでしょうか?。
結局のところ、アメリカは「暴走しても完全自由経済であるべきだ」と言っているのでしょうか?。
それは、戦争も含む、となると思うのですが・・・・・・

11月 18, 2008 at 08:40 午前 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/43150939

この記事へのトラックバック一覧です: 続・世界の明日:

コメント

コメントを書く