« 子供用の携帯電話を強く推進するべきだ | トップページ | 振り込め詐欺が止まらない »

2008.10.18

学校裏サイトの監視・東京都

毎日新聞より「学校裏サイト:都教委が2200校監視 削除要請・通報も

いじめを誘発するとされるインターネットや携帯電話の「学校裏サイト」について、東京都教育委員会は来年度から、民間の専門業者と連携して監視を始める方針を決めた。監視対象は都内の全公立校約2200校に上り、都教委の担当者は「これだけ大掛かりな自治体の対策は全国初では」と話している。

都教委が委託した業者が学校裏サイトなどを監視し「死ね」「殺す」などの悪質な書き込みを見つけたら各校に連絡。必要に応じてプロバイダーに削除を要請する。
危険性が高いと判断すれば警察にも通報する。各校に関係するサイトの情報を分析した資料も定期的にまとめ、指導の参考にしてもらう。

都教委が7月にネットと携帯電話の利用状況を調査したところ、小学生の11.9%、中学生の23.4%、高校生の29.2%がトラブルを経験していた。一方、教員の約4分の3は学校裏サイトについて「見たことがない」「よく知らない」と答えていた。【木村健二】

とうとうこんな事を始めましたか、というのが正直な感想ですな。
いくらで委託するのか知りませんが、パソコン通信時代の管理費よりはコスト高になるでしょうね。

さらに、元もと隠れてやる側面は否定できないから、規制するともっと隠れる、隠語に変わっていくといったことになる決まってます。

誹謗中傷の自由はない、宣言しても発言行為そのものが止まるわけではないから、取締ではない何かの方法も模索するべきなのですが、そういった様子はないですね。

10月 18, 2008 at 09:23 午前 ネットワーク一般論 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/42824201

この記事へのトラックバック一覧です: 学校裏サイトの監視・東京都:

コメント

コメントを書く