« 邦銀・生保にアメリカ財務省が公的資金導入で「説明」 | トップページ | ドル危機 »

2008.09.13

15万再生はダテじゃない・曽根崎心中

これはビックリ「曽根崎心中」

近松門左衛門の名作「曽根崎心中」をボーカロイドが歌っていた。

初音ミク+鏡音リンの百合ジナル曲4 曾根崎心中 -Full ver.-

もちろん、ニコニコ動画に公開されたのものですが、YouTube にあったのでリンクします。

「これはすごい」とは思ったのですが、ちょっと調べたらウィキペディアに

他ジャンルでの展開
  • 映画『曽根崎心中』(1978年、日本、監督:増村保造)
  • お初:梶芽衣子、徳兵衛:宇崎竜童、九平次:橋本功
  • ROCK+文楽『曽根崎心中 PART2』(1980年)
  • 作詞・構成:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、演奏:ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンド1980年、東京渋谷ジャンジャンにて初公演。のちに大阪、沖縄でも公演が行われた。
  • SUPER ROCK BUNRAKU 曽根崎心中(2002年)
  • 作詞・構成:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、演奏:新☆竜童組2002年に赤坂草月ホールで初公演。2003年に文楽の地元・大阪国立文楽劇場、2005年には東京の国立劇場で再演。2006年には第13回読売演劇大賞を受賞した。
  • フラメンコ『FLAMENCO 曽根崎心中』
  • プロデュース・作詞:阿木燿子、作曲・音楽監修:宇崎竜童、振付:鍵田真由美・佐藤浩希 2001年に日本で初公演、文化庁芸術祭優秀賞を受賞。のち公演を重ね、2004年にはフラメンコの聖地ともいえるスペインでのフェスティバル・デ・ヘレスにも参加、高い評価を得た。FLAMENCO 曽根崎心中・公式サイト
  • 室内オペラ『曽根崎心中』(1979年、入野義朗作曲)
  • 舞台『曽根崎心中~久馬版~』(2006年)
  • 脚本:久馬歩、演出:鈴木つかさ、出演:ザ・プラン9、五十嵐サキ、伊賀研二 お初:五十嵐サキ、徳兵衛:ヤナギブソン、九平次:鈴木つかさ、お玉:なだぎ武、近松門左衛門:浅越ゴエ
  • 漫画『曾根崎心中!』(2008年、河下水希)
  • 設定・展開の改変、時代考証の意図的な無視など、あくまで「原作を元にしたラブコメ作品」として志向されている。

と出ていて、色々な現代作品になっているのですね。
その一つがボーカロイドというのは、21世紀だなあ~。

ニコニコ動画のコメントに名作は世代を継いで残るといったものがありましたが、江戸時代の文学いくつかは非常に素晴らしいものがありますね。こういう形でも引き継がれていくのは素晴らしい。

9月 13, 2008 at 10:52 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/42460490

この記事へのトラックバック一覧です: 15万再生はダテじゃない・曽根崎心中:

コメント

コメントを書く