« 派遣法の見直し | トップページ | このパトカー何を考えていたのか? »

2008.08.17

出版業界

サンケイ新聞より「本の返品4割 ムダ減らせ 小学館、同一書籍で併用制 販売方法は店が選択

「委託」の弊害

小学館や集英社などの書籍物流を手がける昭和図書の推計によると、昨年の書籍、コミック、ムックを合わせた返品率は38.1%に達した。30%前後で推移していた30年ほど前に比べ増加が目立つ。返品本の約4分の1は廃棄処分されるとされ、損失は毎年約1700億円にも上るという。

高い返品率の要因と指摘されるのが、現在主流となっている委託販売制だ。書店側が、売れ残った本を出版社に自由に返品できる制度で、仕入れの負担が少なく書籍の普及に貢献してきたが、出版点数が膨大になった現在では「大量仕入れ、大量返品」という弊害が目立ってきた。

書店が一定部数を買い取る責任販売制にすれば返品は確実に減るが、出版社にとっては販売部数の伸びが鈍るデメリットもある。小学館は平成11年以降『21世紀こども百科』など計6点で責任販売制を実施した。96・3%という高い平均実売率を記録したものの、返品時のペナルティーを恐れた書店が追加注文を渋ったため販売部数はいまひとつだった。似たような制度を行っているのは、返品を仕入れの5%までに制限する「ハリー・ポッター」シリーズなど一部の人気作品に限られている。

RFタグ装着

そこで、小学館が編み出したのが、両制度の利点を生かした委託販売・責任販売の併用制だ。第1弾として11月18日に発売予定の『ホームメディカ 新版・家庭医学大事典』(6300円)に、取引条件を識別できるRFタグを装着して販売する。委託販売を選択した場合、書店のマージンは約2割程度だが、責任販売ではその約1.5倍。仕入れのリスクを負った書店は利益を上積みできる。また、責任販売の場合、事前に発注すれば確実に配本される利点もあるという。

「好調な出足が期待できる初回分は責任販売で発注して利益を確保し、2回目以降は委託販売に切り替える…といった柔軟な仕入れが可能。返品というムダを減らし、読者にほしい本が確実に届く仕組み作りにつなげたい」と、制度を提唱した昭和図書の大竹靖夫社長は話す。

書店には好評で、当初は責任販売で5万部の出荷を見込んでいたが、すでに8万部を上回る注文が寄せられている。小学館は併用制のノウハウを広く公開し、他社にも参加を呼びかけていくという。

当面の課題はタグのコスト抑制だ。本体と装着費用を合わせたコストは現在約50円で、利益を考えると装着できるのは高額な書籍に限られている。

小学館マーケティング局の市川洋一ゼネラルマネージャーは「近いうちにタグのコストは下がって、定価が2000円程度の本にも装着できるようになる。書店がリスクを負う制度が浸透すれば書店員の仕入れ能力もより向上し、店舗の立地に合わせた品ぞろえも増えてくるのでは」と話している。

現在でも書店は営業努力しています。
立地条件に合わせて、置く本の種類を調節しています。大手のチェーン店ではネットで注文して手近の書店で受け取ることも出来るようになりました。

それでも返本が多いというのは、最初から売れない本を作っている、需要を無視した供給者の論理を押し通しているところがあるからでしょう。

そういう点から見ると、今回の企画も出版社側から出ているのだから、どこまで効果が期待できるでしょうか?

出版企画そのものが結構いい加減なところがあって、こんな本が売れるモノか?というのを時折見かけますが、おそらくは資金繰りのために「なんでも良いから出版しろ」という圧力があるからなのでしょう。

元々本は再販指定商品で販売側が価格をコントロールすることが出来ません。
その上取次店制度という金融制度があるために、出版社の経営状態などが良く分からないことになっています。

もちろん、善意に解釈すれば「冒険的出版が成功した場合には大きなリターンがあるから文化の拡大に寄与する」とは言えますが、なんとかブームにぶら下がって資金繰りを確保しようとすることも出来るわけです。

返本率が高いと言っても、何が返本されているのかをキチンと分析しないと意味がない情報だと思いますが、そんなことをするよりも市場に任せた方が簡単じゃないでしょうか?
例えば、コンビニでは週刊誌を抱き合わせ販売して、値引きするといったことがあっても良いでしょう。
通販(アマゾンですな)ではメーカー直送だから値引きするでも良いでしょう。一体出版業界はどうしたいのか?よく分からないことをやっていますね。

8月 17, 2008 at 02:00 午後 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/42191897

この記事へのトラックバック一覧です: 出版業界:

コメント

うまくいくのかなぁ。ずいぶん前に関わったが、なかなかコストなどを含め実現しなかった。出版側は効果が見込めるかもしれないが、実際、店舗に棚への据え置きアンテナやゲートを設置しなければならないはずだが。実験的な面白さで8万部かと。この方式で書店側の理解がもし得られなかった場合、「使えない」とのレッテルが貼られ、また導入は長引くか、それとも書店そのものが危機的な状況にならなければよいが。万引き防止にしても、いろいろ電波を遮断する方法はありそうだしなぁ。

投稿: しげ | 2008/08/18 21:13:33

そもそも、その書店に応じた配本が必要なはずですが、そのことは実現できているのでしょうかね?

IT革命で実現可能になったと思うのですが。

昔は、流通側の担当者がその書店に応じた配本を行っていたそうですが、電算化で、各書店一律配本に変わったそうで...

投稿: 多分役立たず(HNです) | 2008/08/19 1:12:09

コメントを書く