« ウナギ偽装事件は解明されるのか? | トップページ | 学校はもっとうまく社会に向き合って欲しい »

2008.07.05

ひどい図書館行政

毎日新聞より「文集:個人情報? 茨城・土浦市教委が図書館から回収

茨城県土浦市教育委員会が、市立図書館が所蔵する児童生徒の文集を回収していることが分かった。「文集は個人情報に当たる」が理由。図書館は既に閲覧を差し止め、回収に応じる方針。他人に見られる前提で書かれた文集が個人情報に当たるのか。また行政が図書館の資料を撤去できるのか。専門家から市教委の対応を疑問視する声が出ている。

文集「つちうら」は教員でつくる「市教育研究会」が66年ごろから毎年発行。市内の児童生徒が書いたさまざまなテーマの作文の中から優秀作を選び、校名、学年、氏名も掲載している。00年発行の33集では、日々の生活で感じたことや家族とのふれあい、部活動の思い出などがつづられている。

作品の掲載は原則保護者の同意を取り、希望者には販売もしている。教員らが「お手本にしてほしい」と、図書館に寄贈することもあり、現在計10冊が蔵書となっている。

毎日新聞が4月、取材のため、図書館が所蔵していない年の文集の開示を市教委に求めたところ、市教委は「個人情報に当たる」として拒否した。その後、市教委は図書館に所蔵文集の撤去を求めた。

市教委の指導課長は「文集は不特定多数に公開しているわけではない。内容は思想信条に値し、図書館に置くべきではなかった」と説明した。市立図書館の高野秀男館長は「市教委の意向に従った」と話している。

◇「過剰保護では」

個人情報に詳しい国立情報学研究所の岡村久道弁護士は「文集は他人に見られるものであり、敏感な個人情報は載せない前提で作られているはず。個人情報の名を借りて情報を隠す『過剰保護』と言われても仕方がない」と指摘。そのうえで「市教委は(文集が取材に使われることで)問題になったらどうしようと考えたのではないか」と話した。

一方、司書らでつくる日本図書館協会は、図書館の資料収集や提供の自由、不当な検閲に反対することを定めた「図書館の自由に関する宣言」(54年採択、79年改訂)を決議している。同協会事務局長は「図書館は独立して資料の選定にあたる責務がある。行政が図書館の所蔵に立ち入って判断するのはおかしい」と述べた。【山本将克、原田啓之】

岡村先生は、個人情報保護法の解釈として「他人に見られることを前提とする文章」という表現をしていますが、編集して販売もしている「書籍」と同じですから、検閲の禁止に抵触するでしょう。

市教委の指導課長は「文集は不特定多数に公開しているわけではない。
内容は思想信条に値し、図書館に置くべきではなかった」と説明した。
市立図書館の館長は「市教委の意向に従った」と話している。

「置くべきではない」事の理由が「思想信条に価するから」というのはどういう意味なのだ?
こんなことをやったら、図書館には随筆は一つも置けないぞ。

いくら図書館長は教育委員会の下部組織の人間であるにしても、「市教委にしたがった」ではダメでしょうが。
図書館の歴史には、時の権力に反抗して記録を保存したという話はいくらでも出てくるのであって、この館長の言い分は、図書館の歴史を貶めるものと言われても仕方ないと考えます。

7月 5, 2008 at 03:39 午後 個人情報保護法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/41742333

この記事へのトラックバック一覧です: ひどい図書館行政:

コメント

回収となったのは開示要求の理由が理由だったから(先の土浦の通り魔殺人容疑者に絡んでの話)と聞きましたが…真偽はどうなんでしょう?たとえばこれが、ノーベル賞を取った人の子供時代の作文を新聞に載せたいという理由だったら、同じ措置が取られたかどうか。難しいところだと思います。

投稿: こんにちは | 2008/07/06 4:35:23

特定の本の内容が公開すると問題、だというのならそういう扱いをすればよいことで、ワイセツ問題についてはそのように扱われています。

要するに問題に正面から対応するということですね。

それに対して、今回は「文集だから」だし「思想信条だから」なので、これが問答無用の最悪です。

戦前の治安維持法では共産主義を非合法化しようとして、「社会」をキーワードにしたから社会問題の研究本が消えてしまったという話があります。

自分の責任を回避するために、より多くの人に迷惑を掛けてしまえばよい、という考え方になっているわけで、早い話が「無責任極まりない」としか言いようがないですよ。

投稿: 酔うぞ | 2008/07/06 8:39:14

コメントを書く