« 非弁行為で公判 | トップページ | またも潜水艦?当て逃げ? »

2008.07.21

大分県の教員採用試験・その2

毎日新聞より「大分教員採用汚職:審議監、執拗に水増し指示

大分県の小学校教員採用汚職事件で、県教委の教育審議監(60)が、08年度の試験で最下位グループにいた受験者4人を合格させるよう、採点の集計担当だった元県教委参事(52)=収賄容疑で再逮捕=に執拗(しつよう)に指示していたことが分かった。元参事はうち2人を、100点以上水増しして合格させていた。県警は審議監が教員の不正採用にも深くかかわっていたなどとみて、20日までに任意で事情聴取した。

審議監は、部下の元県教委義務教育課参事(52)が大分県佐伯市の離島の校長から抜てきされた際、佐伯市の離島の校長から20万円分の商品券を受け取った収賄容疑が浮上している。県警は4人を合格させようとした経緯についても詳しく聴いたとみられる。

これまでの調べでは、審議監は08年度の試験で、元参事に対し、約20人を合格させるよう指示。うち5人は合格圏にいたが、残る約15人は不合格ゾーンにおり、審議監が合格させるよう強く求めた4人は最下位グループだった。

元参事は、点数の改ざんを繰り返す“合否調整役”をしていたが、本来合格すべき受験者が不合格となるケースをあまり増やしたくないと考えていた。このため「試験の順位が250番以下の受験生は不正合格させない」という“独自ルール”を作っており、4人について「試験の成績が悪すぎるので、合格させるのはどうか」と審議監に進言したという。

しかし、審議監は「何とかならないか」などと語り、不合格にすることを認めなかった。元参事との折衝で、最終的に1次と2次で1000点満点の試験で計100点以上水増しして2人を合格させ、残る2人は不合格にした。この合否調整のために、ボーダーライン上にいた受験生2人が不合格になったという。

08年度の小学校教員試験は472人が受験し、1次合格者は117人だった。2次で、元小学校長(52)=贈賄罪で起訴、懲戒免職=の長男、長女を含む41人が合格し、採用された。倍率は11.5倍だった。不正合格したとみられる2人は長男、長女とは別人という。

県警は17日、前任審議監(61)の07年度試験を巡る収賄容疑の関連先として、審議監の自宅を家宅捜索している。

問題の試験の性質がどういうものなのか分かっていませんので、試験の結果に合否があることは分かっても、それが即座に採用・不採用になるのか分かりません。

しかし、ペーパーテストで不合格になった受験者が面接などで合格になってしまっては、ペーパーテストを実施する意味がないわけですから「117人合格の試験で、250番以下」というのは100人以上抜きですよね。

競争率11.5倍で合格者が117人ですから、1345人が受験したのですから一人しか合格しないのであれば「1345倍の競争率に勝ち抜いた」となりますが、二人合格ならその半分の567倍でしょう。
こんな計算をしますと、117番目の合格者は本来9.7倍の競争率を勝ち抜いた人でした。
そこに250番目では、4.5倍だとなります。

これはいくら何でもひどすぎるでしょう。
だから、直接の担当者であった元県教委参事は「250番以下は対象としない」としていたわけですが、これよりもさらに低い成績の受験生四人を合格させた、ということですね。

仮に、300番なら3.7倍、350番なら3.2倍、400番だと2.8倍となります。
どこが、競争率11.5倍なのでしょうか?

これではすでに買官というべきでしょう。

問題の試験は一次試験ですから、二次試験が当然あると思うのですがそこで一次試験の成績は検討されなかったのでしょうか?
ここまで派手に試験成績を改竄すれば、二次試験の時に「ヘンじゃないのか?」と疑問が出てきそうに思うのですが、それを無視して成績を改竄することに意味があるとは、どういう仕組みになっていたのでしょうか?

7月 21, 2008 at 09:15 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/41921286

この記事へのトラックバック一覧です: 大分県の教員採用試験・その2:

コメント

 教員採用試験で「コネ」という噂が絶えないのは、大体どの自治体でも二次試験に何らかの「面接試験」を採用しているからでは無いかと思います。教員が人間と対峙する仕事である以上、この形式を変えることは難しいと思います。
 通常の自治体にはアドミッションオフィスは存在しないと聞きますので、試験のために選抜委員会が組織され、面接担当が管理職(もしくは相当の役職)となるのは、ある意味仕方のないところではないかと思います。
 結論として、この方法では、(不正があろうがなかろうが)どうしてもある種の噂が絶えない状況にはなるだろうというのが私の感想です。
 ただし、これと今回の大分の事例は若干違う気がします。なにしろ、一次試験の得点を変えてしまうわけですから、いやしくも教壇たつ(たった)者がこんな事やっちゃうのか……私のようないい加減教員から見ても、異常な状況と云わざるを得ません。
 
 こういう状況が出てしまった以上、各自治体は速やかに職員採用のためのアドミッションオフィスを作って権限を独立させないと、納税者の皆さんの信頼を得ることは難しいのではないかと私は考えます。
 もちろん(他の発言のコメントにも書きましたが)悪意があればどんな方法でも不正は起こるわけですが、できるだけ起こりにくい仕組みが必要でしょう。

投稿: miya.h | 2008/07/24 23:24:23

コメントを書く