« 横浜市職員が個人情報をネットに晒した・その2 | トップページ | 富士通がカラー電子ペーパー端末を発売 »

2008.07.12

教育関係者は直視せよ・その2

「教育関係者は直視せよ」の続報です。

サンケイ新聞より「女児暴行で教諭起訴 茨城県教委、近く処分へ

■問題放置の市教委なども処分検討

小学5年だった女児=当時(11)=に性的暴行を加えたとして、水戸地検土浦支部は11日、強姦罪で茨城県行方市立北浦中学校教諭(38)=鉾田市札=を水戸地裁土浦支部に起訴した。

県教委は近く被告から直接事情を聴き懲戒処分する方針。
事件をめぐっては、市教委や同校が女児の訴えで具体的情報を早期に把握しながら、


1年以上も放置

していたことが発覚。県教委や市教委は今後、関係者への処分も検討する。

起訴状などによると、被告は平成19年2月17日夜、女児をドライブに誘って神栖市内のホテルに連れ込み、13歳未満であることを知りながら、みだらな行為をした。

行方市教委は先月23日、被告の逮捕を受けて行った記者会見で「事件をうわさとして聞いていた」と虚偽説明

しかし、今月8日になって、問題を長期間放置したことを認め、
前教育長や同中学校の前校長が「結果的に問題を隠蔽(いんぺい)したと思われても致し方ない」と謝罪
した。

県教委によると、暴行直後の19年4月、女児が小学校の担任に「先生と付きあっている。5年生の2月か3月のころ、ラブホテルに行った」とホテルの具体名も挙げて証言。疑惑の概要や女児の訴えは同年5月、県の出先にあたる鹿行教育事務所にも口頭で報告されたが、県教委本庁には報告されていなかった。

被告の起訴を受け、県教委は「事実関係を本人に確認し、厳しく対処する」とコメント。行方市教委は「市内からこのような教員が出たのは断腸の思い。全力で信頼回復を目指す」と話している。

これでは、教育委員会の懲戒権なんてものは返上します、といっているようなものでしょう。

どこが「結果的に隠蔽」なんでしょうかね?調べない報告しない、のでは「強固な意志を持って隠蔽」としか言いようがないでしょう。

警察が起訴しないと、対処しないんだ。
これでどうやって「信頼回復を目指す」になるんでしょうかね?
「信頼されないことを目指した」としか言いようがないでしょう。

本当に信頼回復を図るのであれば、起訴以前に教育委員会が辞任して、後任の教育委員会が事件の内容が明らかになった時点で前任者の責任を追及する、といった姿勢でも示すぐらいしかやりようがないでしょう。

最初に「なんとかごまかせないか」とやった「ボタンの掛け間違え」のようなことが、どうにもならない状況に追い込んでしまったのは明らかなのですから、一旦切り離して新規やり直しぐらいしか対処する方法がないはずですよ。

報道にあるとおり、問題は二つはあって、一つは児童強姦をした教師、もう一つはなんとかごまかそうとした教育関係者。

「起訴されたから・・・」では、まるで教育委員会を初めとする関係者の責任が刑事事件の下部構造であるかのように、受け取れますが全然別の問題です。
それすら分からないほどひどいと言うことなのでしょう。

7月 12, 2008 at 10:49 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/41810332

この記事へのトラックバック一覧です: 教育関係者は直視せよ・その2:

コメント

コメントを書く