« 陪審員がメモじゃなくてパズルを | トップページ | 給食費の残額を繰り越し? »

2008.06.13

ネット犯罪予告に対応可能なのか?

読売新聞より「ネットの犯罪予告情報、警視庁に事件後100件超

東京・秋葉原の無差別殺傷事件以降、警察に「インターネット上に犯罪予告が書き込まれている」という情報が次々と寄せられている。

事件翌日の9日から12日までに警視庁に寄せられた情報は100件超で、事件前4日間の約10倍に上った。
同庁では掲示板に同様の犯行をほのめかす書き込みをした男を山形県警に通報、同県警は12日、同県天童市中里、団体職員(29)を威力業務妨害の容疑で逮捕した。

発表によると、団体職員は8日午後10時過ぎ、自宅のパソコンから掲示板サイト「2ちゃんねる」に、山形市内の楽器店の名前を挙げて「トラックで突っ込んでやる!」などと書き込み、同店の業務を妨害した疑い。
「秋葉原の事件のニュースを見て、まねをして書き込んだ」などと供述している。

警視庁によると、同庁のホームページにメールで届けられたり、110番通報されたりした「犯罪予告」情報は事件前は1日2~3件だったが、秋葉原大量殺傷事件で、携帯電話サイトに犯行予告をしていたことが明らかになった9日から急増。
「原宿で連続殺人をする」「13日に渋谷で人を殺す」などの繁華街を狙ったもののほか、「秋葉原で、より多い10人殺す」といった書き込みもあったという。

同庁幹部は「事件を模倣したいたずらが増えるとともに、事件の影響でネットの書き込みに敏感になって通報が増えた」と分析。摘発に向け、書き込みをした人物の特定を進める。

これには、同じく読売新聞より「ネット上の犯罪予告は110番通報を、業者に総務省要請

総務省は東京・秋葉原の無差別殺傷事件を受け、全国約1万4000のインターネット接続業者やサーバー管理会社などに対し、ネット上で殺人などの犯罪予告を確認した場合、速やかに110番通報するよう文書で要請を始めた。

13日中に通知を終える予定だ。

要請は、電気通信事業者として総務省に届け出たすべての業者が対象。

ネット上で犯行予告を見つけたり、利用者から情報を提供されたりした場合、速やかな通報を求めている。

なのだから、当然でもあるのだが、続けていくことが出来るのだろうか?
ネット上の刑事事件捜査は、広域捜査になってしまうことが多く、通報が警視庁にあって、山形県警が逮捕したという記事になっています。

これだけで、通報者、警視庁、山形県警が事件捜査に関わったことになります。
2ちゃんねるの書き込みで、これだけの手間が掛かるのですから大変だ。

100件の通報だそうですが、普通に考えても「タチの悪いいたずら」がほとんどでしょう。
この手の問題は、ネット利用者の増加に対しては加速度的に増えるもののように思います。
それを「悪化」というのかもしれませんが、だからと言って簡単に対策できるものではありません。
大変にコストが掛かるようになります。

警察が動くというのは限界が低いと思わざるを得ないのですが、他に有効な手立てもないですね。

6月 13, 2008 at 09:23 午前 ネットワーク一般論 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/41516916

この記事へのトラックバック一覧です: ネット犯罪予告に対応可能なのか?:

» 秋葉原通り魔事件・加藤容疑者の犯行に至るまでの書き込み内容まとめ トラックバック 秋葉原通り魔事件・加藤容疑者の犯行に至るまでの書き込み内容まとめ
秋葉原で無差別殺人通り魔事件が起きた。その現場の写真や携帯に収めたムービーをまとめました。加藤容疑者が奇声をあげながら、ナイフを振りかざしているのが写っています。 続きを読む

受信: 2008/06/13 10:50:39

コメント

警察は情報が足りなくて困っているのではなく、多すぎて困っているような気がするんですけどね。
通報したのに、動いていくれなかったというのは、よく聞く警察への批判です。
足りないのは警官じゃないかと。

投稿: zorori | 2008/06/13 13:13:27

架空債権でも、同様に、通報しても放置ということが、ありましたね。

警察官を増やすにしても限度がありますし。

IT等を活用して効率化を考える必要があるのでは。

投稿: 多分役立たず(HNです) | 2008/06/14 10:02:00

コメントを書く