« L&G(円天)広告塔役を提訴 | トップページ | ボンバルディア機の製造ミス »

2008.05.17

ミャンマーのサイクロン被害の規模

AFP BB より「ミャンマー、サイクロンの死者・行方不明者13万人超える

【5月17日 AFP】

ミャンマー国営テレビは16日、大型サイクロン「ナルギス(Nargis)」による死者が7万7738人、行方不明者は5万5917人になったと発表した。

ナルギスは2日から3日にかけ同国各地を直撃し、洪水でいくつもの村が完全に流失したほか、多くの土地が冠水するなど大きな被害が出た。(c)AFP

死者が7万7738人、行方不明者は5万5917人ですから、合計すると133,655人。ミャンマーの人口は53,220,000人ですから、日本に当てはめると320,872人の死者・行方不明者という計算です。

32万人というと、宮崎市、中野区、青森市、港北区、那覇市、越谷市、前橋市、北区、秋田市、高知市、川越市、所沢市、高松市、郡山市、品川区、高槻市、吹田市、いわき市、岡崎市、旭川市などが31万人から35万人規模の自治体ですから、どれか一つが無くなったというほどの規模だとなります。

日経新聞より「ミャンマー、外交団がサイクロン被災地視察・日本など60人

【バンコク=野間潔】ミャンマー軍事政権は17日、在ミャンマーの外交団を対象に、今月初旬のサイクロンで甚大な被害を受けた同国南西部の視察を実施した。

外交団の被災地視察は初めて。日本や中国など最大都市ヤンゴンに大使館などを持つ外交官ら約60人が参加したが、行動は制限されていたもよう。

ヤンゴンには同日、タイからの医療救援の本隊30人が到着。約2週間の予定で活動する。

外交団の視察はミャンマー南西部のイラワジ川河口地帯の3カ所をヘリコプターで半日かけて回った。

軍事政権は自身で救援物資の輸送や医療活動を実施している姿を見せることで、「海外からの支援活動を拒み、救援活動が遅れている」との国際社会からの批判をかわす狙いがあるとみられる。

サイクロンによる死者は軍事政権の公式発表でも7万7000人を突破。
国連などは被災者は250万人に上ると指摘している。

イラワジ川河口流域は最も被害の大きい地域で救援活動が急がれるほか、有数のコメ生産地帯でもあることから、今後は海水をかぶった田園地帯の脱塩など回復措置も必要になるとみられている。 (20:42)

ミャンマーの軍事政権には、中国が深く関わっていますが中国も四川省大地震に見舞われてミャンマー支援どころではないでしょう。
ミャンマーはどうなっていくのでしょうか?

5月 17, 2008 at 11:49 午後 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/41239525

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーのサイクロン被害の規模:

コメント

コメントを書く