« 裁判員裁判の難点 | トップページ | 統一教会が巨額賠償に応じた »

2008.04.08

裁判員裁判・来年秋から本格化?

サンケイ新聞より「裁判員制度、来年5月21日に施行 法務省、政令案を公表

法務省は8日、裁判員制度の施行日を来年5月21日とする政令案を与党に公表した。政府は近く閣議決定する。

方針通り5月21日施行となれば、同日以降に殺人や強盗致傷などの罪で起訴された事件については、裁判員裁判として公判が開かれる。

初めての裁判員裁判は、早ければ7月下旬から8月上旬になる見通しだ。

裁判員法では、施行日について公布日(平成16年5月28日)から5年以内と定め、来年5月27日が期限だった。施行日を5月21日としたことについて、法務省は、

  1. 国民への周知、体制整備のためできる限りの期間を確保する必要がある
  2. 5月21日は裁判員法の国会での成立日で丸5年にあたり、施行日としてふさわしい

としている。
最高裁や日弁連も5月中旬以降を希望していた。

裁判員制度の審理対象は施行日以降に起訴された殺人、強盗致傷、危険運転致死罪などの重大事件。

すべての対象事件は、初公判前に争点を整理するための公判前整理手続きがあり、初公判の原則6週間前までに裁判員候補者に呼び出し状を送付する必要があるため、施行後、実際に裁判員裁判が開かれるのは、早くても7月下旬から8月上旬になる見通しという。

法務省はあわせて、裁判員候補者名簿の作成準備を始める期日について、今年7月15日とする政令案を公表。

同日以降、裁判員裁判を実施する各地裁・支部は管内の市町村にどれぐらい有権者がいるかを照会した上で、9月1日までに各市町村に必要な裁判員候補者数を知らせる。
裁判員候補者には今年11月以降に通知が届く予定という。

18年から始まった捜査段階での容疑者の弁護活動に国費を出す「被疑者国選弁護制度」の対象事件を5月21日から拡大するとした政令案もまとまった。現在は、殺人や強盗など一部の事件に限定されているが、拡大後は窃盗や詐欺、恐喝などの事件にも適用される。

自民党は裁判員法制定過程で、施行日の政令について閣議決定前に了承を得るよう求めていた。

与党は8日、裁判員法の施行日を来年5月21日とする政府案を了承した。政府は近く施行日を定めた政令を閣議決定する。

同じくサンケイ新聞より「裁判員制度施行日、「希望通り」と最高裁 日弁連は最大限努力

「希望通り。あとは準備を進めるだけ」。
裁判員制度を来年5月21日から始動させる政府の施行日案が8日示され、最高裁幹部らは安堵(あんど)の表情を見せた。準備の遅れが指摘されている日弁連は「最大限の努力をしていく」としている。

最高裁の小川正持刑事局長は「具体的な日にちが決まり、国民の間に制度への『現実感』が一層高まると思う。気持ちを新たにし、準備する」と述べた。今後、裁判員選任手続きや審理、評議の進め方などについて細部を詰める。

一方、日弁連関係者によると、個人加入の各弁護士会は組織で対応する最高裁や法務省・検察庁に比べ、準備が効率的に進まない。
裁判員裁判の弁護人確保や弁護技術の向上が課題で、今年1月に陪審制度の米国から弁護士を招いた研修会後、弁護技術はレベルアップが図られているという。

2009年5月21日に起きた事件が裁判員裁判になるまでの手順は、逮捕・送検・起訴・公判前整理手続,裁判員呼び出し手続、第一回公判となるのでしょうから、計算上は最短だと7月16日には初めての裁判員裁判が開かれる可能性があります。
新聞記事にある「7月下旬」というのは容疑者逮捕が5月21日であっても検察が起訴するまで時間の掛かるややこしい事件であった場合に7月29日と計算できるので、このことを指しているようです。

現実には、事件直後に逮捕・送検にならずに10日間ぐらい警察の捜査に時間が掛かるようですと、8月は裁判所も夏休みですから、9月になってから裁判員裁判が数多く開かれることになるでしょう。

4月 8, 2008 at 02:34 午後 裁判員裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/40814763

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員裁判・来年秋から本格化?:

» 2009年5月21日、強行させません!! トラックバック 天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳
 本日法務省が2009年5月21日からの裁判員制度強行を発表しました。我々「裁判員制度はいらない!大運動」はこの強行を絶対に阻止すべく運動してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。 法曹三者、権力者、〓..... 続きを読む

受信: 2008/04/08 14:41:35

コメント

国会が混乱する中、TV等でさえ大した特集も組まず人知れず決まってしまう・・地デジに始まり誰も望まぬモノを国民に伺いをたてずに強引に進めるとは(この様な事こそ国民投票が必要なのでは?)、日本はいつから全体主義国家になってしまったのでしょう?
民主党にも賛同者がいるらしいし、今後どちらが政権をとっても『お先真っ暗』ですね。
個人的に心配なのは、参加した際の議事録から今まで把握されていなかった国民一人一人の詳しいデータが作製されそうで嫌です。
※例えば、こいつの性格はこうで、言動から何処寄りの思想を持っていそうだから要注意人物とか・・考え過ぎに思えますか?

投稿: JK | 2008/04/08 19:22:39

コメントを書く