« 平和神軍事件・無罪判決 | トップページ | 平和神軍裁判判決記事2 »

2008.03.01

平和神軍裁判判決記事3

日本テレニュースより「ネット上の名誉棄損で無罪判決~東京地裁

ラーメンチェーン店を運営する会社がカルト集団と関係があるかのような文章をインターネット上に掲載し、会社の名誉を傷つけたとして、名誉棄損の罪に問われた会社員・橋爪研吾被告(36)の裁判で、東京地裁は29日、無罪を言い渡した。

判決で、東京地裁は「個人によるインターネット上の表現については、マスコミと異なり、真実でないことを知りながら発信した場合か、インターネットの個人利用者に求められる真実かどうかの調査を行わずに発信した場合に限って、名誉棄損罪にあたる」との判断を示した。その上で「橋爪被告は、インターネットの個人利用者として要求される水準の調査を行っていた」として、無罪を言い渡した。

判決後に会見した橋爪被告は「従来のメディアの基準と個人の基準が異なることが判例として示されたのは、大きな一歩だ」と話している。一方、東京地検・渡辺恵一次席検事は「判決内容を検討し、適切に対応したい」とコメントしている。

日経新聞より「ラーメン店中傷書き込みに無罪、「ネット名誉棄損」新判断

インターネットのホームページ(HP)にラーメンチェーン店を中傷する記載をしたとして、名誉棄損罪に問われた会社員、橋爪研吾被告(36)の判決公判で、東京地裁の波床昌則裁判長は29日、「記載内容は真実とはいえないが、インターネットの個人利用者が求められる水準の調査は行っていた」と指摘し、同被告を無罪(求刑罰金30万円)とした。

波床裁判長は個人がHPやブログなどに意見や批判を書く場合、「マスコミなどと同じ基準で名誉棄損罪に問うのは相当でない」と判断。「故意に事実でないことを発信したり、真実かどうか確かめないで発信した場合に初めて名誉棄損罪に問うべき」との新たな考え方を示した。

判決はネットの特性について言及し、(1)誰でも簡単にアクセスできる(2)意見や批判に容易に反論できる(3)個人が発信する情報の信頼性は低いと受け止められている――ことなどを例示。発信者と受信者の立場が固定されるマスコミでの要件をそのまま適用するのが難しいとの判断を示した。(29日  23:01)

FNNニュースより「ネット名誉棄損で男性に無罪判決 東京地裁、従来とは異なる基準示す

ラーメンチェーン店の経営会社が、宗教団体と関係しているかのような文章をインターネット上に掲載して、名誉棄損の罪に問われた男性に対して、東京地方裁判所は、無罪を言い渡した。

36歳の会社員の男性は6年前、自分のウェブサイトに、ラーメンチェーン店の経営会社が宗教団体と関係しているかのような文章を掲載し、名誉棄損の罪に問われている。 判決で東京地裁は、まず文章の内容について「真実とは認められず、会社の社会的評価を低下させている」と指摘した。

一方で、ネット上の個人の表現行為が、名誉棄損の罪にあたるかどうかを判断する基準について、「個人ができる程度の情報収集などをせず、真実かどうか確かめないで、書き込みなどをした場合は罪に問われる」と述べ、従来とは異なる基準を示した。

そのうえで、「被告の行為は名誉棄損罪に問えない」として無罪を言い渡した。

3月 1, 2008 at 10:21 午前 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/40322309

この記事へのトラックバック一覧です: 平和神軍裁判判決記事3:

コメント

コメントを書く