« 後席シートベルト高速では義務化 | トップページ | 渋滞の証明 »

2008.03.08

明石海峡での3隻衝突事故

産経関西より「衝突で貨物荷崩れか バランス失い直後に沈没 明石海峡事故

神戸市沖の明石海峡でタンカーなど3隻が相次いで衝突した海難事故で、沈没した貨物船「ゴールドリーダー」(1466トン、ゴ号)に、タンカー「オーシャンフェニックス」(2948トン、オ号)が衝突した際、衝撃でゴ号の積み荷の鋼材が荷崩れを起こした可能性が高いことが7日、神戸海上保安部の調べでわかった。

ゴ号は衝突から5分前後で沈没しているが、同保安部では荷崩れで船体の重量バランスが崩れて傾きが大きくなり一気に転覆したとみて調べている。

調べでは、5日午後2時55分ごろ、オ号は砂利運搬船「第5栄政丸」(496トン)との衝突後、船首がゴ号の右中央部に衝突。数分後にゴ号は沈没した。

ゴ号の乗組員4人を現場海域で救助した淡路町漁協(兵庫県淡路市)所属の遊漁船の船長(68)は「(ゴ号を)見つけたときにはすでに転覆しており、それから2~3分後の午後3時ごろには、船尾から沈んでいった」と話している。

船舶は船体が傾いても元の姿勢に戻る復元性があり、同保安部では今回のケースの場合、衝突の力だけで転覆する可能性は低いとみている。

ゴ号は事故当時、船倉に1778トンの鋼材を積んでいた。過積載ではないが、同保安部では、荷崩れを起こしたことから、船体の重量バランスが崩れて一気に転覆。さらに浸水で浮力を失い短時間で沈没した可能性が高いとみている。

この事故はいわば追突に近い横からの接触だったのです。
それで沈没で、さらに死者が出たのがまるで理解できなかったのですが、荷崩れで転覆ということならありそうな事故だったのですね。

今回も自動操舵が問題になっていますが、自動操舵+居眠り運転では座礁とか家に突入したとか起こしているのですよね。
難しい問題ですな。

3月 8, 2008 at 11:02 午前 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/40422108

この記事へのトラックバック一覧です: 明石海峡での3隻衝突事故:

» 自動操舵の弊害 トラックバック かきなぐりプレス
平坦な高速道路を運転していると、猛烈な睡魔に襲われることがある。 そんなときはガムを噛んだり、大声を張り上げたり、ほっぺたを叩いたり、窓を全開したりして、睡魔と闘う。 それでもダメならサービスエリアに入って仮眠する。 ハンドルを握っていても居眠りしてしまうぐらいだから、広い大海原を走行する船ともなると居眠りは車の比ではないことは容易に想像がつく。 海難事故の4割は居眠りと見張り不注意が原因のようだ。 居眠りを増長させるのが、漁船にも装備されている自動操舵だ。 GP... 続きを読む

受信: 2008/03/11 23:24:36

コメント

コメントを書く