« 数百億円を詐取? | トップページ | 数百億円を詐取事件の続報 »

2008.03.29

横浜市大騒動は拡大か?

東京新聞神奈川版より「横浜市大・学部長の医局員ら 『内部通報者の追及を』 異例の申し入れ書提出

横浜市立大学(金沢区)の嶋田紘医学部長(64)による金銭授受問題で、嶋田学部長が率いる医局の医局員が連名で、一連の問題を大学側に内部通報した医局関係者の厳しい責任追及を求める申し入れ書を大学に提出していたことが二十八日、分かった。

通報者の保護を定めた同大の規程に反する異例の内容で、医局内部と世間の常識の大きなズレが、またも露呈した。(中山高志、小川慎一)

本紙が入手した資料などによると、申し入れ書は二月十二日付で大学理事長、学長あてに提出された。嶋田学部長が教える大学院医学研究科教室の准教授をはじめ、医局員計十一人が署名している。

申し入れ書は「医局は、経験したことのない危機に直面している」との表現で始まり、博士号取得をめぐる謝礼金の授受問題などを指摘した内部通報について「医局内の出来事を、悪意により歪曲(わいきょく)しなければ作れない」と批判している。

さらに、既に数人の医局員が警察から任意の事情聴取を受けたことを明かし、「事情聴取は過酷を極め、時に医師としてのプライドを大きく傷つけるものであり、今後の診療を不能にする可能性がある」と不快感を強調。

内部通報者について「仲間を犯罪者に引きずり降ろそうとする人間と、今後も職場をともにすることに、恐怖感とともに強い嫌悪を抱く」などと、かなり感情的な文言で非難している。

大学側に対しても、「誤った情報を元に警察が捜査を開始した現状を放置することは、医局を混乱に陥れる者に加担することと同じであり、大学の自治と自浄能力を否定することにつながる」と批判。その上で「事件の発端となった人間の厳しい責任の追及をお願いしたい」と、通報者の糾弾を要請している。

しかし、同大コンプライアンス(法令順守)推進規程は、内部通報者について「いかなる不利益な取り扱いも被ることがないよう、必要な措置を講じる」ことを定めている。

医局員の一人は文書を提出したことを認め「通報者の責任追及の部分は反省している。通報内容が事実と異なる部分が多く、若い医局員を守るために、事実を明らかにしてほしいという趣旨で作成した」と話している。

一方、同大総務・財務課は、申し入れ書について「通報者制度の趣旨にそぐわない内容で、取り上げるに値せず、特に対応はしなかった。コンプライアンス制度に対する理解が、浸透していなかった面があったのかもしれない」としている。

大学側調査に市議会から批判噴出

横浜市大の嶋田医学部長による金銭授受問題で、市は二十八日の市議会常任委員会で、同大コンプライアンス推進委員会がまとめた調査報告書について説明した。委員からは、報告書のあいまいな内容や、調査の遅れを問題視する声が続出した。

報告書は、嶋田学部長が博士号取得の謝礼として、医局員から現金を受け取った事実そのものを認定しただけで、金額や期間などについては、全く明らかにしていない。

委員の一人は「報告書はあまりにも内容に踏み込んでおらず、市民にも理解されないのでは」と痛烈に批判。市側は「市民の理解を得にくいのは分かる。ご意見は重く受け止めたい」と答えるのが精いっぱいだった。

別の委員は、昨年十一月の通報から報告書公表まで四カ月もかかった点について、時間がかかりすぎていると指摘した。

これに対し市側は、昨年十二月の時点で実質的調査が、ほぼ終了していたことを明かし「その後、コンプライアンス推進委員を代える作業でズルズル遅れた。手をこまねいていたわけではない」と釈明した。

このほか、市側は質疑の中で「類似のことが、かなり多くの先生についてあるのでは、という疑いが生じており、全体を調査しないと適切な処置が取れない」と答弁。医学部内の他の多くの教員にも、嶋田学部長と同様に現金を受け取った疑いがあるという認識を示した。

(中山高志)

東京新聞の記事だけを読むと新聞社が情報入手しただけのように読み取れますが、読売新聞神奈川版の記事「横浜市大問題、通報者に不利益処遇」では

横浜市立大の学位取得を巡る現金授受問題で、同大コンプライアンス(法令順守)推進委員会への内部通報者について「処分を求める嘆願書が出されている」など不利益な処遇がなされているとの指摘が28日、市議会委員会で出された。

同大の規定は、倫理や法令に違反する行為に関する通報者保護を義務付けており、通報を理由に通報者が不利益を受けることを禁じている。

都市経営・行政運営調整委員会で、委員が「通報者の処分を求める嘆願書が、理事長や学長あてに出ている」などと指摘した。

大学を管轄する市都市経営局の鈴木隆局長は「通報者が誰か全く知らない。(嘆願書は)聞いていない」と述べた。

鈴木局長は昨年12月、宝田良一理事長から内部通報の概要について一報を受けたのに、市コンプライアンス推進室に連絡していなかった。
推進室が問題を把握したのは、読売新聞の報道があった今月12日だった。

理事長から「(同推進委員会で)調査しているが、(委員に)利害関係者が入っており、改善したい」と言われ、「デリケートな部分もあるので十分注意して下さい」と話したという。

同推進委員会は1月に委員を外部有識者に委嘱し、メンバーを入れ替えた。

市コンプライアンス推進室に連絡しなかったことについて、鈴木局長は「認識不足と言えばそれまで」と述べた。

嶋田紘医学部長が昨年12月、同推進委員会の聞き取り調査を受けた際に弁護士を同伴したことや、弁護士が理事長に「ほかの医局でも(現金授受を)やっているのになぜ調べないのか」と苦情を寄せたことも委員から指摘が出た。

さらに、嶋田学部長が立候補した2月の学長選考で、「わなにはめられた」と所信表明で公言したことも明らかにされた。市は「(事実だと)報告を受けた」とした。

同推進委員会が25日にまとめた「現金授受を確認した」とする報告書についても、委員から「通報だけ確認するのが仕事だという考え方はいかがか」「あまりに漠然とした内容で報告書に値しない」と批判が相次いだ。

どうも複雑で今ひとつ分からないのですが、横浜市大医学部内の抗争と、市大の運営者である横浜市役所内のゴタゴタと両方が絡まっているような感じですね。

  • 嶋田紘医学部長による金銭授受問題
  • 医局員が内部通報者の責任追及を大学に申し入れ
  • 大学コンプライアンス推進委員会が市議会常任委員会に報告
  • 市議会常任委員会からは、報告書を問題視する声が続出
  • 市は「大学コンプライアンス推進委員を代える作業でズルズル遅れた」と説明
  • 市都市経営局の鈴木局長は昨年12月、市大の宝田良一理事長から内部通報の概要について一報を受けたのに、市コンプライアンス推進室に連絡していなかった。
  • 鈴木隆局長は「通報者が誰か全く知らない。(嘆願書は)聞いていない」と述べた。
  • 宝田良一理事長から「大学コンプライアンス推進委員会で調査しているが、委員に利害関係者が入っており、改善したい」と話したという。
  • 大学コンプライアンス推進委員会は1月に委員を外部有識者に委嘱し、メンバーを入れ替えた。
  • 鈴木局長は、市コンプライアンス推進室に連絡しなかったことについて、「認識不足と言えばそれまで」と述べた。

もちろんと言うかなんと言うかですが、渦中の嶋田医学部長サイドは「他でもやっている」など主張しています。
簡単にいえば「狙い撃ちにされた」という主張でしょう。

こんな事は社会ではよくあることで、「白い巨塔」では大学医学部を扱い「沈まぬ太陽」では日本航空を下敷きにして山崎豊子が組織内の抗争を描いています。
世の中に完全な公平なんてのはあり得ないのであって「他でもやっている」というのは法律的には意味無いわけですが、それが分かっていないのでしょうか?

法律的というか社会的な約束事について関係者が分かっていないと強く感じさせるのが「通報者を処罰しろ」です。

2006年4月に「公益通報者保護法」が施行されています。
つまり「内部通報者の追求」を求めるとは、公益通報者保護法違反を強要しているも同然だとなります。
法律に抵触しては話にならないわけで、法律は確実に遵守しその上でどうするか?を考えるのが当然で、どうにも関係者の視野の狭さに驚くばかりです。

3月 29, 2008 at 11:33 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/40675023

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市大騒動は拡大か?:

コメント

酔うぞさん、私が思いますに、これは
「私達はこんなに社会常識がないバカですよ」
と言い立てて、世間を刺激しようという、医局をさらに窮地に追い込むための陰謀ではないかと思います。

投稿: Inoue | 2008/03/29 15:15:10

ははははは(爆笑)

>「私達はこんなに社会常識がないバカですよ」
>と言い立てて、世間を刺激しようという、
>医局をさらに窮地に追い込むための陰謀ではないかと思います。

いや、全くです。
もうちょっと何とかならないものでしょうかねぇ?

これが普通の民間企業で、特に許認可事業でなければ潰れてますよ。

潰さないためには、バカなことを言った社員をクビにするでしょう。

立場それぞれだろうと思うけど、発言した人たちはクビを掛けて言ったのか?とは聞きたいですわ。

投稿: 酔うぞ | 2008/03/29 17:51:51

「横浜市」に「大騒動」があったのか?と思ってしまいました。(^^;
いや、騒動なんざ日常茶飯事なんでしょうが。

「横浜市大」と「騒動」の間に、空白なり、記号なり、入れるべきでは?

投稿: Craftsman | 2008/03/29 20:11:51

これは犯罪じゃありませんが、落合ブログ経由の情報だと、横浜市立大学医学部副学部長は長女の医学博士号の主査だったそうです。それも自分から申し出たとか。呆れたなあ。

投稿: Inoue | 2008/03/30 14:08:41

医学部については白い巨塔の頃から変わっていないでしょうから、内輪の事情と言えば内輪の事情なんでしょうけど、市立大学であって公的に監視されているのも確かなのに、Inoue のごしょうかいのきじもあるわけで「誰でも呆れる」ですな。

多分こういうようなことの積み重ねが「公益通報」になってしまったわけですよ。

それに、大学も市も対応できない。
大学なんて、理事がどんどん逃げ出している。
関係者の誰もが、立場に応じた責任を取る気がないのだから、ひどいものです。

投稿: 酔うぞ | 2008/03/30 14:33:43

コメントを書く