« 野菜を食べてヤギが死んだのだそうで | トップページ | 精神鑑定書流出事件 »

2008.03.15

チベットの暴動について

AFP BB より「チベットの抗議活動、暴動に発展

【3月14日 AFP】(一部更新、写真追加)中国のチベット自治区の中心都市ラサで数日間続いている中国のチベット統治に対する抗議活動は14日、激しさを増し、中国の国営新華社通信や旅行者の情報などによると、店舗に放火するなどの暴力的な事態に発展しているという。放火で焼けたり、休業したりする店舗も出ているもようだ。

新華社は、少なくとも数十人の負傷者が病院に運ばれたとも伝えている。また現地に滞在する米国人が米大使館に寄せた情報では、銃声も聞かれたという。

暴動が発生しているのは、ラサ中心部にあるチベット仏教で最も聖なる寺院とされるジョカン寺院の近辺。

米ワシントンD.C.を拠点とするチベット支援団体「チベットのための国際キャンペーン」が得た現地情報によると、同寺院の参道沿いに店を並べる露店が放火されたという。また、警察車両が放火されたとの情報もあり、一般市民も抗議活動に参加している様子だという。

ラサを旅行中の複数の外国人がAFP記者に語ったところによると、市内全域で僧侶と市民が一体となって抗議活動を展開しており、旅行者たちはジョカン寺院付近に近付かないよう忠告されたという。

暴動はチベット以外にも広がっており、チベット仏教の最も重要な場所の1つ、甘粛省夏河では、300人の僧侶が抗議活動の先頭に立った。(c)AFP

2006年1月にこんな記事を書いています。「近未来の出来事」

2006年9月自民党総裁選
2007年7月参議院選挙
2008年2月韓国大統領選挙
2008年8月北京オリンピック
2008年ロシア大統領選挙
2008年11月アメリカ大統領選挙
2009年5月裁判員制度>"
2010年NTT光回線を過半数に、メタル-光の切り替え開始
2011年7月アナログ停波

北京オリンピックについては、

北京オリンピックで現在の東アジアの安定は北京オリンピックが近づいているから納まりがついているという面はあるわけで、それなりに激しく変化する時代に入るでしょう。

と「オリンピック終了までは中国政府はなんとか社会を安定させるだろう」と考えました。
それがラサで暴動ですから驚いた。

CNN.co.jpチベットで商店放火などの「暴動」、僧侶らの反中デモも
CNN.comTibet in turmoil as riots grip capital
BBC NEWSDeaths reported in Tibet protests

と大騒ぎです。読売新聞には「チベット自治区ラサで大規模暴動…商店に放火、2人死亡か

【北京=杉山祐之】中国チベット自治区の区都ラサの中心部で14日、大規模な民衆暴動が発生、放火や暴行などで多数の市民が負傷した模様だ。

米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は、警官の発砲で少なくとも2人が死亡したと報じた。民族・宗教問題で対立を抱え、中国当局が反政府行動を厳しく取り締まっている同自治区での大規模暴動発生は、ラサに戒厳令が敷かれた1989年以来とみられる。

今回の暴動は、8月の北京五輪開催に向け、民族融和をアピールしていた中国政府に大きな打撃となった。

中国国営新華社通信が報じた目撃証言によると、14日午後2時(日本時間同3時)ごろ放火が始まり、ラサを代表するチベット仏教の名刹(めいさつ)・ジョカン寺(大昭寺)前の広場から多数の人が出ていった。複数の負傷者が出ており、病院に運ばれた人もいる。商店が焼かれ、車両も放火されているという。北京発のAFP通信はラサの救急センター当局の話として、暴動により数人が死亡したと伝えた。在北京日本大使館によると、14日夜現在、日本人負傷者が出たとの情報はない。

ラサ市内のホテル従業員は14日、本紙の電話取材に、「火の手はあちこちで次々に上がった。大部分の店が扉を閉め、街には警察、(武力で治安を維持する)武装警察官が出ている」と語った。ロイター通信によると、この日、市内で住民、僧侶ら300~400人がデモを行い、10人以上の僧侶が逮捕された。

在北京米国大使館は14日、ホームページを通じ、ラサに滞在する複数の米国人から、「銃声を聞いた」との情報が寄せられたことを明らかにした。

ラサでは、3月10日に僧侶ら数百人規模の反政府デモがあり、当局に制圧されていた。米政府系放送局などによると、僧侶2人が手首を切って重体になったほか、僧侶がハンガーストライキを始めたとされる。
(2008年3月15日06時23分 読売新聞)

サンケイ新聞より「チベット、潜在的不満が爆発 胡錦濤政権に衝撃

【北京=野口東秀】中国チベット自治区での僧侶らによる暴動は、「和諧(調和のとれた)社会」を提唱してきた胡錦濤指導部に大きな衝撃を与えた。北京では全国人民代表大会(全人代)が開催中で、チベット自治区の代表者らが「チベットは目覚ましく発展し安定している」と強調した矢先だった。今回の僧侶らの抗議活動の背景には、「自治」が足踏み状態の中で「中国化」が進む一方という状況に対するチベット人の焦りと不満が横たわっており、五輪開催に向け、チベット問題を国際社会にアピールするねらいがあるとみられる。

チベットでは1980年以降、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の特使団が中国政府と断続的に交渉、同氏の帰国やチベット情勢などを協議してきた。ダライ・ラマも独立をうたわず、中国政府に「高度な自治」を求めてきた。

しかし、中国政府のダライ・ラマ批判は止まず、チベット自治区のトップ、張慶黎・党委書記らは全人代で、北京五輪に向け「最大の不安定要素はダライ・ラマ集団。一日たりとも分裂活動を中止しない(分裂主義者)」と非難していた。

チベットでは、僧侶に対するダライ・ラマ否定の思想教育だけでなく、学校教育や治安面などでも「中国化」を実施してきた。一方で、資金力を背景に老朽化した仏教関連施設の大規模補修事業を実施するなど、チベット民族の心を懐柔し、独立運動を押さえ込もうとする“硬軟両様”の政策を講じてきた。

だが、ラサでは潜在的に反政府感情は強く、きっかけさえあれば反中国感情が一気に吹き出す状態だった。チベットでは昨年も数十人、数百人レベルの民衆と当局が衝突した末、当局は武装警察を動員し、摘発を繰り返したといわれる。全人代の2日目、胡錦濤国家主席がチベット自治区の分科会に出席、「チベットの安全は全国の安全にかかわる」と強調したのも危機感の表れといえる。

胡主席は、チベット自治区党委書記時代の89年、ラサ暴動を鎮圧し、その功績が故トウ小平氏に評価され昇進につながった経緯がある。今後、抗議行動に対して当局が強硬手段をとれば、国際社会から人権批判や五輪ボイコットの声はさらに強まりそうだ。

サンケイ新聞の福島香織さん(中国総局記者)のブログ「北京趣聞博客 (ぺきんこねたぶろぐ)」が盛り上がっております。

チベット民族蜂起49周年の3月10日にラサでおこった僧侶に対する公安、武装警察らの暴力以降、14日、ついに暴動に発展してしまいました。ラサが燃えています。

■11日にセラ寺でおこった抗議デモは催涙弾で制圧されました。このあと、ジョカン、デプン、セラのラサ3大寺院は人民解放軍に包囲されていました。数千人規模のデモ隊と武装警察が衝突、警察の発砲して2人が死亡した、と自由アジア放送が報じました。セラ寺では、僧侶らが抗議のハンストを行って、当局の暴力に抗議しています。2人の僧侶が、抗議の意味で手首を切って重体。

■今、ラサの友人とチャットしています。14日、街は中国系商店などが焼き討ちにあいました。この日の午後7時ごろ、娘熱路と2環路の交差点あたりで、衆人環視の中で3人のチベット族が撲殺されたそうです。誰に殺されたの?「そんな怖いこと聞かないで!私はここで生きていかねばならいの!」。パソコンに浮き出る英語の文章を見て、自分の愚かさを恥じました。恐怖を抑えながら、チャット必死で現地の様子を私に伝えてくれる彼女を、神様仏様、どうかお守りください。。

■友人によると、このほかにもparko (八角?) エリアで男性2人、女性2人が殺されたとか。あちこちで、暴行がおこなわれているもようです。インドからは応援のデモ隊がチベットに向かっているそうです。インド警察が押しとどめようとしていますが、おしとどめらるか。ああ、私の不注意で、怖がらせてしまって、友人はラインオフです。



中国外務省の秦剛報道官は13日の会見で、「少数の僧侶が社会動乱を起こそうと企てた。これはダライ・ラマ派の集団がチベット分裂をたくらみ、チベット人民の正常で調和ある平和な生活を破壊しようとした政治的陰謀。目下、政府と寺院民主管理委員会のおかげで沈静化している」と説明していましたが、ぜんぜん沈静化していない!


■これは中国当局の大失態です。こんな体たらくで、本当に五輪を開催するつもりなのでしょうか。デモくらいやらせてあげればいいのです。報道では、さも五輪反対がお坊さんたちの抗議活動の目的のように伝えられていますが、僧侶の願いは、政治犯として拘束されている僧侶の釈放です。この数年に急激に締め付けが厳しくなった宗教の自由です。ダライ・ラマ14世が求めるのは独立でなくて自治だ、と譲歩を見せているのに、中国側が強硬手段をとるので、ダライ・ラマ猊下のやり方は生ぬるい!と思っている一部若い僧侶が「チベット独立!!」といいうスローガンを唱えてしまうのです。

■独立が現実的に無理なのは、多くのお坊さんも認識しているのです。本当は中国がちょっと譲歩し、自治と宗教の自由、そしてチベット文化への尊重をもてば、話し合いの余地が生まれる関係なんです。実際、昨年はダライ・ラマ14世の密使が、私の聞くかぎりでも2度訪中しているはずです。

■なのに、中国側は僧侶に公然と暴力を振るいました。坊さんに暴力を振るうことが、どれほど信仰深い人々の怒りを買うか、国際社会から軽蔑されるか、わかっていない、まさか?まさか、中国の指導者ってそんなにあほなのか~?本当に五輪を無事開きたいなら、この局面で絶対暴力をふるってはならなかったのです。

胡錦濤国家主席は、すぐダライ・ラマ14世に事態の収拾を助けてもらうよう、丁重に頼むべきです。でないと、血の気の多いチベット族の若い僧侶は抑えられない。宗教に生きる民族を抑えることができるのは宗教指導者だけなのです。万が一でも、解放軍の武力で鎮圧なんてことになったら、五輪はあきらめなければならない。

■15日はポタラ宮近くのRamucheという修道院のリノベーションという特別な日らしい。何かがおこるのか?事態は深刻を極めています。

目の離せない状況になってきたと感じます。

3月 15, 2008 at 11:30 午前 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/40505180

この記事へのトラックバック一覧です: チベットの暴動について:

» チベット蜂起支援・インスタント平和運動 トラックバック 罵愚と話そう「日本からの発言」
 自国民である拉致被害者さえも見捨てた同然の福田内閣に期待はできない。国内に支援団体もないから、報道はほとんど北京経由だ。にもかかわらず、皮膚感覚で真相を感じとって、日本の国民感情は圧倒的に蜂起したチベット人に同情している。  ただ、その表現ができない。組織もなければ、経験もない。既成の平和運動や市民運動は、地下茎で北京とつなっがていそうで、ここでは信用できない。国民感情をすなおに表現した草の根運動を広げようではないか。  Tシャツにチベット国旗をプリントして着るだけでいい。車のリアウ...... 続きを読む

受信: 2008/03/17 6:23:24

» チベット自治区ラサへグーグル地図で行ってみる トラックバック グーグル地図で世界遺産巡り〜衛星からの画像〜
2008年3月16日、中国チベット自治区ラサでチベット仏教僧らによる大規模な暴動が勃発しました。これ以上の武力での制圧がされないよう、願いの意味も込めてグーグル地図でラサへ行ってみました。通りを歩く人影が見え、もっと身近にラサを感じることができます。... 続きを読む

受信: 2008/03/18 17:36:29

コメント

thunderシナ・中共は植民地のチベットから直ちに出てゆけ!青海からも四川からも出てゆけ!ウイグルからも出てゆけ!内モンゴルからも出てゆけ!満洲からも出てゆけ!

投稿: トンビ | 2008/03/17 0:51:45

typhoonthunder尖閣諸島海域のガス泥棒をただちにやめろ!
台湾はお前らの島ではないぞ。南シナ海の島々から手を引け!

投稿: トンビ | 2008/03/17 1:02:46

コメントを書く