« 平和神軍裁判判決記事のまとめ | トップページ | 野村精機倒産とその影響 »

2008.03.02

湘南モノレール・ブレーキディスクが割れていた

朝日新聞より「事故3両の全ディスクブレーキが破損 湘南モノレール

神奈川県鎌倉市で湘南モノレールの下り電車(3両編成)が単線でブレーキが利かず対向電車の直前で停止した事故で、同社は1日、

車両すべてのブレーキディスク
計24枚が破損していた

、と発表した。車両は昨年12月に運転を始めた最新型で、同社は破損した原因を調べている。

同社によると、ディスクは内径195ミリ、外径410ミリ、厚さ16ミリ、重さ11.2キロで砂型鋳物製。各ディスクは3~1本の破断やひびが入っていた、という。

1車両に二つの台車があり、各台車には4輪の駆動タイヤが装着。それぞれにディスクがつき、空気の圧力でブレーキをかける仕組み。ディスクをはさむブレーキパッドには異常はなかった。モーターの抵抗を利用したブレーキは作動していたという。

同社は6日に1回検査をしており、この車両は事故発生5日前の2月19日に検査していた。ディスクはタイヤの裏にあるため詳細な点検は難しかったが、目視では異常は見つからなかったという。

事故は2月24日午前、西鎌倉駅を約40メートルオーバーランして、対向車両の19メートル手前で止まった。オーバーランした車両には22人、対向車両には16人の乗客がいた。国土交通省航空・鉄道事故調査委員会も調査を進めている。

同社によると、車両は三菱重工、三菱電機による共同企業体が納入。原因が究明されるまで同系車両を含めた運行をやめており、間引き運転をしている。

ブレーキが利かなくなったとのことだったので制御システムのエラーだと思っていたのですが、ブレーキディスクが割れていたというのは驚きです。

3両編成の全てのディスク24枚とのことですから、一両あたり8枚、ボギー台車のような構造で左右2個ずつの車輪4つで一つの台車を構成しているのでしょう。

12月に営業運転を始めたばかりとのことですから、2月24日には全てのディスクプレー気が割れていたというのは品質の安定という意味ではすごいですから、設計の問題ですね。

湘南モノレールはすごいアップダウンなので、ブレーキの負荷はかなりのものだろうと思いますが、ディスクブレーキ自体は特に新しい技術とは言えず実績も沢山あるわけで、今ごろディスクが割れるといったことが起きるとは本当に予想外です。
ましてモノレール(鉄道)なのですから極端な軽量化など技術的な冒険を犯す理由も見あたりません。
なんでこんな事が起きたのでしょうか?

ブレーキ装置自体が壊れると、全てが信用できなくなってしまいます。
シンドラー社のエレベータ問題でもメンテナンスの問題なのか設計の問題なのかという原因解明以前に「信用できない」となってしまいました。

ブレーキが働くから無事に止まることが出来る、というのは最終的な信頼そのもので、ブレーキが機構的に機能しないとなると、全ての信用が失われてしまいます。

全てを公開しながら原因の解明を進めないと、原因は解明できたが信用は取り戻せない、ということもあり得るでしょう。

3月 2, 2008 at 01:21 午前 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/40332248

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南モノレール・ブレーキディスクが割れていた:

コメント

全部のディスクに亀裂が入ったという内容を読みました。
おそらく自動車用と大差ない鋳鉄製のディスクに、耐久性や負荷の大きさを考慮して熱処理を施したものだと想像していますが、その熱処理工程に異常があったと考えるのが妥当かと思いますがどうでしょう。

最近の電車はVVVF制御が主流で、減速時にはほとんど電気制動を使用し、摩擦ブレーキへの依存が以前とは比較にならない程少ないのですが、そのせいで緊急ブレーキが無くなったんでしょうかね?
最後の一踏ん張りは必ず摩擦ブレーキなので、今回の様なことがあると、電車の全輪ディスクは信頼性に欠けるなんて論議が出るんではないかと...
(普通の電車の多くは構造上、電動台車は制輪子で車輪を直接制動するからモーターの無い台車だけディスクですが)

自動車と違い、電車は少量生産なのでディスクも単ロットで一気に作ったと思われます。
きちんと検査されてなかったのは如何なものでしょう。
少量生産だからこそ、検査は重要なんだが...

投稿: wader | 2008/03/03 22:08:56

熱処理も含めて加工ミスで致命的な破損をするようでは、陸上交通用の車両の設計としては失格だと思います。

これは、三菱ふそうのハブ破損事件つについても言えることです。

飛行機では重量軽減の問題がありますから、限度を超えると壊れることを承知の設計をするべきでしょうが、陸上交通ではまずいでしょう。

そういう観点からは設計に問題あるのだろうとは思いますが、ディスクブレーキだからどうもホイールの中に入り込んでいるようです。

これから考えられるのは、冷却が利かなかったのではないのか?ですね。

湘南モノレールのブレーキはほとんど休む間がないのではないでしょうか?すごいアップダウンですからね。

他の車輌もディスクブレーキで、今まで壊れことがないそうですから、どこが違うのかを調べれば割と簡単に原因が見つかるのではないかと思います。

投稿: 酔うぞ | 2008/03/03 22:23:21

コメントを書く