« ETCゲートを遅くする? | トップページ | 裁判に気づかずに、2億5千万円の賠償が確定 »

2008.03.16

全国学力テストの学校別成績公開問題

日経ネット関西版より「保護者「学校別成績教えて」続々――全国学力テスト、一部拡大の自治体も

文部科学省が昨年4月、小学6年生と中学3年生を対象に43年ぶりに実施した全国学力テストを巡り、保護者らが、学校別の成績などの公開を自治体に求める動きが相次いでいる。

同省は序列化につながるとして詳細な結果は公表しないよう通知しているが、「結果が分かれば学力改善に有効」と、自治体を相手に訴訟を起こしたケースもある。
公表範囲を一部拡大した自治体もあり、対応は割れている。

学力テストは国語と算数・数学で、知識を問うA問題、記述式など活用力をみるB問題で構成。文科省は昨年10月、全国と都道府県ごとの平均正答率だけを公表した。

各地の教育委員会には市区町村や学校ごとの成績を提供したが、「学力を把握し指導に役立てるのが目的で、学校の順位付けが狙いではない」とし、公表しないよう要請。
同省は、来月実施する今回のテストでもこの方法を貫く方針だ。

しかし「地域ごとの具体的な成績が分かれば、生徒や保護者に課題を改善しようとする動きが出るはず」と、公開を求める動きが出てきた。

大阪府枚方市には昨年10月以降、学校別の正答率など3件の情報公開請求があった。
市はいずれも応じなかったが、うち1件の請求者は不服として大阪地裁に提訴。
鳥取、愛知両県や京都府でも住民らが公開を求めた。

一方、同じ目的で実施されてきた自治体独自のテストについては、既に学校ごとの成績を公表しているケースもある。

枚方市では以前行った市独自の学力テストの学校別成績の公開を市民が求めた訴訟で、大阪高裁が「テストの目的を十分周知すれば、開示しても著しい支障はない」と判断。
敗訴した市側は公開に踏み切った。

市の担当者は「独自テストと同じ司法判断が出るとは限らないし、文科省の方針に従わなければ国との協力関係に支障が出る恐れもある」と対応に苦慮する。

宇都宮市は2003年度から行っている市独自のテストについて、国語の「書くこと」「読むこと」など領域別の各校の成績を公表している。
「保護者らに知ってもらうことは学力改善に有効」(学校教育課)と判断したためで、支障は生じていないという。

このため全国学力テストも公表範囲を一部拡大。
市内の全小中学校93校のホームページに、各校の領域別の平均正答率を掲載している。

こんなことが訴訟になっているとは知りませんでした。
確かに、学校別の成績を完全に非公開にする理由はあまり強いものではないでしょうが、学校間の違いという面では成績も含めていわゆる校風言われるところが結構大きく違っていますから、それをどうやって公開するのか?といった方が問題のように思います。

それにしてもそこまでして学校別の成績を知ることが重大なことなのでしょうか?なんか違和感が残ります。

3月 16, 2008 at 12:21 午後 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/40516123

この記事へのトラックバック一覧です: 全国学力テストの学校別成績公開問題:

コメント

盛岡地裁と大阪高裁とで異なる判断が出ています。公開請求の対象になっているのはテスト結果そのものですから,校風の違いは考慮の対象にはならないでしょう。

一方で,独自に学校別の学力テストの結果を公開している品川区の例もあります(あとで非公開にしたそうですが,未確認)。公開に対する要請は強いものがあると思われます。

こういう訴訟になると,学力テストを推進する自治体側が学力テストの結果の公開の弊害を主張しだすという,変な事態になります。

投稿: みのりん | 2008/03/18 15:01:05

みのりんさん、コメントありがとうございます。

>開請求の対象になっているのはテスト結果そのものですから,
>校風の違いは考慮の対象にはならないでしょう。

ですから、学校間の違いの内でテストの成績だけを問題にするほどのことか?それよりも校風まで見れば学校間の違いも成績と言うよりも全体的学力レベルも分かるだろう。

にもかかわらず、裁判してまで開示させる必要があるのか?と言いたいわけです。

別の言い方をすると「裁判しないと判断が出来ないのか?」とも思うわけです。

投稿: 酔うぞ | 2008/03/18 19:21:58

酔うぞさん,ありがとうございます。

それにしてもそこまでして学校別の成績を知ることが重大なことなのでしょうか?なんか違和感が残ります。
ですから、学校間の違いの内でテストの成績だけを問題にするほどのことか?それよりも校風まで見れば学校間の違いも成績と言うよりも全体的学力レベルも分かるだろう。
個人的には同じ考えです。
しかし,世の中にはテストの点数を絶対視したがる方が少なからずいます。校風も含めて統一的に評価したり公開する制度がない以上,どうしても学力テストの結果の公開の問題に収斂されてしまうでしょう。いったん公開されれば,数字が一人歩きする可能性は高く,非公開を主張する側はおそらくそのことを問題としているだろうと思われます。そのことを考えると,出来れば公開したくないという心情はわかります。

投稿: みのりん | 2008/03/23 16:55:24

みのりんさん

全くのたまたまですが、金曜日に知人と話をしていて、「学校を見にいけば良いのに、塾の出す情報だけで○○校は素晴らしい(その逆に全くダメもあり)」と論じる親が少なからず居るそうです。

塾が情報をまとめた時点で現実から遅れてしまうわけで、場合よっては大失敗になったりするのだそうですが、それでも塾の推薦+特訓でその学校に入ることが出来れば、そりゃハッピーなのでしょう。

ここまで来ると、ある種の信じ込みというかマルクスでしたっけ「宗教はアヘンである」というのに近いような気がしてきます。

多くの学校(今年度は15校ぐらい)に行った経験では「行ってみれば分かる」が持論になりつつあります。

成績の良い悪いとは別に違和感のあるなしといったところも大きな要素で、両方を合わせて見ることが大事ですよ。

投稿: 酔うぞ | 2008/03/23 20:09:42

コメントを書く